人生の楽園

テーマ:オープンガーデン

 薔薇のシーズンも終わり、いよいよ本格的な夏です。

身近なところでは 大きなダメージを受けた給食センターが稼働するようになり パンと牛乳の簡単給食だった学校給食も徐々に改善されてきました。今までずっとお弁当(捕食)を持たせていたので親も一安心です。

 

         クローバー       クローバー       クローバー        クローバー    

  

 去年はオープンガーデン若葉マークだったので 他のお庭を拝見する余裕もなく終わってしまいましたが、今年は しっかりお庭見学もしています。(^o^) 

先日はオープンガーデンみやぎの庭クラブのバスツアーに参加させていただきました。

地震以来、平日の遠出は少し迷うところがあります。仙台は 未だに毎日のように小さな余震があります。もし大きな地震があった時は あらかじめ記載された保護者が学校に迎えに行かなければならず、どうしても遠出には慎重になってしまいます。

でも今回は是非拝見したいと思っていたお庭だったので、(家族で緊急時の打ち合わせをして)参加することにしました。

     

  お出かけ先は・・・

 

山形市西蔵王高原の「まんさくの庭」。

数年前に「人生の楽園」でも放送された約3300平方メートルの広大なお庭です。 

 

 

転勤で訪れた山形市を気に入って2000年に東京から移り住み、以来、原野だった自宅の周りを開墾しつつ 手入れしながら暮らしてこられたそうです。

 

   

 

残念ながら伺った日は雨でしたが、アジサイの綺麗な季節になっていました。

       

 

薔薇、宿根草、木、山野草 様々な物たちが共存していて畑も作られていました。

    

      

 

 朝に ゆったりこの庭を歩いたら幸せでしょうね。

「でもお姫様気分で庭の階段が降りれるようになったのは つい最近のことなんですよ。それまではずっとしゃがみこんで下ばかり見ていたの。」 とのことでした。

     

      

     

 植栽だけでなく小道もご自分たちでコツコツと作られたそうです。       

でも何しろ広大なスペースですから・・道を作ることも土を作ることもそれはそれは大変だったことでしょう。

 

   

良く見るといろいろなバリエーションで変化に富んだ小道たち。広いと どうしてもシンプルにザックリ作ってしまいがちですが、それぞれの小道や踊り場は場所によってデザインや素材が違いました。

気の遠くなるような労力と時間をかけてきたことがわかり、妥協のないこだわりを至る所に感じました。

 

広大なお庭なのですが、歩いているとちょうど良い場所に休憩できるベンチが。

        

 庭仕事の後にこのベンチに座って一息・・・そんな感じで使われているのかな。

 

    

 バーバスカムがスッキリと立ち上がり、このお庭にとても良く似合っていました。  

       

       (庭ブロのleonさん。コレね~。)

本当にいろいろな植物が混在しているのですが、もはやコレとコレを組み合わせるという空間ではなくて、一つ一つの大きな景色が繋がっているようなお庭です。

 

庭の奥は園芸種と野生種が入り交じる場所で 庭と山の中間のような不思議な心地よさを感じました。

 

    

ここまでが庭! という感じでもなくて 自然に山になっていくような空間です。

 

   

   家からは素晴らしい景色が一望できました。

 

  

これからの人生をどう生きるか?今までつきつめて考える機会はありませんでした。 

 

ここで新たな人生を と、望まれて移り住んだ山形。

強い思い入れは 汗と共に自然に溶け込み、目に見える形になっていました。

 

   

 

大変なことも 楽しいことも こだわりも含めて 

ここはまさに庭主さんの「人生の楽園」なのだと思いました。

   

   

 

 

※「まんさくの庭」は5月から10月まで曜日や時間を区切って公開されています。

   詳しくは HP  西蔵王から ~まんさく便り~ にてご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

コメント

  1. 2011/07/05 22:56
    人生の楽園に出てくる方々はご夫婦でリタイヤ前後の丁度私たちの様な年代の方がほとんどです。
    夫婦で再出発というかある意味勇気のある方々だと番組を通して思っていました
    広大な土地を二人で維持していくのはどれ程のものか根気と体力、お互いの信頼感が無ければ出来ませんね
    でも、人生の後半を好きな場所で土を触りながら暮らせるのは本当は贅沢なことかもしれません
    10年近く手入れされたお庭はどの写真を見てもため息がでるほどです。
    家から見える景色はパッチワークのようで色がきれいですね

    黄色のお花 バーバスカム ボンビシフェラム♫
    アップして下さってアリガトウです^^
    [Res]Rui
    2011/07/07 21:48
    本当に根気と体力ですね。何とも広大ですから~。

    本当の意味での喜びは苦労したからこそ得られるというか、だから楽しいというか・・・。どう言っていいのかはわかりませんが、手応えがある喜びなのだと思います。

    このバーバスカムは我が家では大きすぎてしかもワイルドだったのでお嫁に出してしまったのですが、このお宅で見たら可愛い植物に見えました~。

  2. 2011/07/05 23:36
    3000m2って これまたすご~いですね~
    お二人で作られたとか 設計図って無いでしょうね~
    頭の中から自然に出るんでしょうか・・・

    本職ながら一番に目に入ったのが アプロ~チ 上手く考えて作られた様子が伺えます
    [Res]Rui
    2011/07/08 10:00
    設計図ですね。そこまでお聞きできなかったんですよね。
    でも人生の設計図はしっかりお持ちでしたよね。移住する決断力と場所のチョイスの良さは凄いです。
    ちょっと山形には詳しいだけに(な~んて言うと地元のに~のさんに怒られそうですが。笑)
    山形のあの辺はとても良ところなんです。道路も広くて整然としていて綺麗ですし、適度な高さがあるので景色も素晴らしかったです。お天気の良い日はもっといいのではないかと思いました。

  3. 2011/07/06 10:53
    山や風景に自然に溶け込んだお庭、素晴らしいですね。
    人生において楽園なんて夢の話ではないか?
    とプリオの「ザ・ビーチ」を見て思ったりしましたが
    本当の楽園というのは、家族で寄り添い、
    自分たちで作り上げるものなんですね。
    夫婦でお庭で汗を流すのっていいなぁ。
    [Res]Rui
    2011/07/08 21:29

    そうなの、私も思ったんです。
    豪華だったり楽なことだけの楽園だったら きっと成就感とか満足感ってないですよね。
    がんばったからこそ手に入れることのできる物ってありますね。
    興味のない他人にとってさほど大事でなくても自分にとっては大切だったりすることもあるしね。

    ただ、残念なのは・・単純に「綺麗だな~」とだけ思って庭が見れなくなってきている自分です。
    どうしても どのくらい手がががってるかが見えて・・・せっかく行ったのに。

  4. 2011/07/06 12:51
    家族の緊急時の打合せ…そうなんですね。
    日常が戻りつつも、まだ非常時の想定が必要な状況なんですね。
    何事もなく、お出かけが出来て良かったですねぇ♪

    色んな素材の小道、手作りの素朴さがありながら
    遊び心もあって、設計図で線を引かないような
    普通の通り道のカーブが何とも素敵ですね♪
    (設計するとどうしても、綺麗過ぎるカーブになっちゃったり
    するんですよねぇ、てへへ)(Y)
    [Res]Rui
    2011/07/08 21:42
    そうなの~。小道や床の模様も楽しいところがいっぱいでした。
    もっと写真を撮ってくれば良かったなぁ。
    ちょうど強い雨が降っていたのでデジイチが濡れるのが心配で・・・傘をさしながらタオルにくるんで撮りました。

  5. 2011/07/06 18:09
    あっ♪「まんま」さんのご主人さんが言ってたとこですねぇ~☆(足の具合で行けないかもって言ってましたが・・・)

    良い種を蒔けば良い花や実となって現れるように大変な労力も素晴らしい結果となって返ってくるんですネ☆

    小さな庭で雑草にうんざりしている場合ではないわっ!!! あははっ~~~(汗)

    [Res]Rui
    2011/07/09 07:48
    まんまさんのご主人(殿)は残念ながら欠席だったんです。
    お会いすると いつもニコニコなんですけどね~。

    小さい庭でも草取りや土作り・・大変ですよね。半端ない広さもそうですが、きっと冬も寒いだろうなぁ。

  6. 2011/07/06 20:17
    素敵ですね~。
    人生の楽園、私も好きでたまに見ます(o^^o)。
    大きいだけに手入れも大変でしょうね。
    [Res]Rui
    2011/07/09 07:54
    確かに 一年のサイクルとしてどんな感じで庭を手入れされているのでしょうね。山なので虫も沢山来るでしょうし。
    でも労働に替えがたい何かがきっとあるのでしょうね。

  7. 2011/07/08 13:02
    庭というより自然の中に溶け込んでいて 素敵です
    私も、定年を迎えたら、海の見える丘の上に、自分の
    好きな庭を作ってみたいですが 夢に終わるかな
    オープンガーデンお疲れ様でした、たくさんの方が
    Ruiさんのお庭に来られたようですね。
    尚ちゃんが、Ruiさんのお庭をみてから、畑に強い
    関心を持ったようで、畑ではありませんが、野菜苗を
    植えて楽しんでいます、トマト・ナスの初収穫
    できました。
    [Res]Rui
    2011/07/09 08:05
    toledoさんのようにお仕事を楽しむ姿勢があれば海でも山でもやっていけそうな気がしますが、それでは足の痛いたかちゃんが大変かも。(笑)
    もちろんたかちゃんを一番に考えていらっしゃると思いますけどね~。(笑)

    仕事をしつつ他の事にも高いアンテナで目を向けて また仕事に反映されているという感じで 今もtoledoさんの「人生の楽園」なのではないでしょうか?


  8. 2011/07/09 13:54
    本当の山をバックに庭が作れたらこんな素敵なことはないですよね。私なんかも森の雰囲気山の雰囲気とか言っても、しょせん無理やり作ったものなので、本物には、かないません。夏だって暑くて、山の木が、ハーハーしているのを感じます。

    よく庭を見にいらした方が、大変ね・・・を繰り返して、おっしゃいますが、私はイイエとは、言いつつ
    そうかなあ? いまも雨続きで、黄色くなった薔薇の葉を、見ながらつぶやく自分がいます。

    やはり、公共の広大な庭を、見るより個人の丹精込めた庭は、参考になるし興味もありますよね。そういった
    ツアーを組んで行けるのはうらやましいです。
    [Res]Rui
    2011/07/10 16:48
    確かに山の木がハ~ハ~言ってますねぇ。暑いですものね。
    今日も朝に庭仕事をしましたが、数分で汗が出て、目的の庭仕事の半分もできませんでした。
    どうして手のかかる庭を作ってしまったんだろう?と思うことがあります。
    でも、基本的には手をかけることが楽しいと言うか好きなんですよね。特にボーダーは手をかけるからこそ綺麗になるし楽しい物なのだと思います。

    でも、どうあがいてもだんだん年はとっていきます。
    その時できる仕事量の庭に少しずつ替えていくこともこれからの自分の庭仕事の一つなのかな・・と思うこの頃です。

    今回のお庭は広くて大変・・それはそうなのかもしれませんが、手入れが楽になるような工夫も沢山ありました。

    庭の話ができる友人たちと一緒だといろいろなことも聞けるのでバスツアーもいいものだな~と、思いました。

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.niwablo.jp/rui/trackback/97708

プロフィール

Rui

庭で過ごす時間が大好き。
小さな畑も作っています。

最近の記事一覧

ブログランキング

カレンダー

<<      2022/05      >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

HTMLページへのリンク