愛するベル・イシス

テーマ:薔薇

  昨日は楽天イーグルスがクライマックスシリーズで勝利し、ジャイアンツとの決戦の切符を手にしました。

我が家でもRui子とスイーツが土曜日に観戦に出かけました。

最近は知り合いとの会話も「楽天勝ったね!」「マー君は凄い!」等で始まり、仙台はイーグルスに楽しさを分けてもらっています。

             

 

 

 さて、庭は気温の低下とともに葉も花も少しずつ色が変わってきました。

アジサイたちは紅葉し始め、秋の色遊びをしているようです。

 

 

紫陽花のアーリーセンセーションもニュアンス色に。

 

 

秋の薔薇は数輪でも美しいものですね。

 

 

リンゴの木の下ではマチルダが次々に咲き、花の少ない庭に淡く優しい色を届けてくれました。

 

 温暖化の影響なのでしょうか。近年テッポウムシの被害がとても多いのです。ジャックカルティエの主幹も被害に・・・。

 

 

これから期待していたシンデレラも おかしいなぁ・・と思っていたら中はこのような被害にあっていました。

 

 

この時期に素敵な香りを運んでくれるラ・ローズド・モリナールも幹がガッチリ食べられてしまいました。

 

 

テッポウムシは日陰で湿気のある後ろ側から入ることが多いので、木くずが出るまで気がつかない場合が多いのです。ほとんど消毒をしない庭なので仕方がないのですが、毎年この時期のテッポウ虫被害にはガクッダウンさせられます。

 

                        

 

 春に庭にお客様がいらっしゃると どの薔薇が一番お好きなんですか?と、聞かれることがあります。どれも好きで庭に迎えたはずなのですが、植えてみたらイメージと少し違っていた・・・という場合もあったりします。

それとは逆で、植えてみて実際の花を見たら予想以上に自分の好みにドンピシャだった!という場合もあります。そんな一つがこの薔薇でした・・。

 

   ベル・イシス

白に近い淡いピンクの中輪のオ-ルドローズ。

ベル・イシスはアーチに絡ませていたのですが、伸びてきたプロスペリティと入り混じって思いがけない景色を創ってくれました。おかげで自分の好きな雰囲気が再確認できて、これから自分がどんな花を迎えたいかのヒントを貰えたような気がしました。

 

 

花の命ははかないので綺麗なうちにと思い何枚も写真を撮ったのですが、これが全然撮れないんです。

理由は。。。白に近いピンク色で しかも細かい花びらなので 色が飛ぶということと、素敵な「ガク」の風情がなかなか撮れない!

 

 

この薔薇は買った時には葉も花も付いていない苗だったのですが、タグにこう書いてありました。

「がくが特徴です。」ハート2

大きいカップ咲きに少々飽きていたこともありますが、私は基本的に「がく」に超弱いのです。4年前にシャポード・ナポレオンのことを書きましたが、これもクラウンのようながくが決め手でガツンとやられました。 

シャポード・ナポレオンのブログ 

大好きなシャポード・ナポレオンはその後テッポウムシの餌食となり、お別れすることとなりました。(泣)そしてこの秋、株が劣化したのか、それともテッポウムシなのか、ベル・イシスからも木くずが・・・・・グスン

さあさあ、立ち直りましょう。

何回もこの経験をして 最近思うんです。

次は何を植えるか…

考えて過ごす冬もなかなかいいじゃない

                      

   雨ニモマケズ・・・

  テッポウムシニモマケズ・・

  老眼ニモマケズ・・・  

  子供の学費ニモマケズ・・・  

  ホットフラッシュニモマケナイ(笑)

  ソウイウモノニワタシハナリタイ (宮沢賢治風)   

                     by Rui パー        

 

 

 

 

 

 

 

庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

これからのチャリティ (石巻市雄勝町 復興の庭)

テーマ:オープンガーデン

 自分の生まれ育った場所が ある日一瞬にしてなくなってしまったら・・・

 愛する家族がいなくなってしまったら・・・

耐え切れそうもないこんな体験をされた方々がみやぎには沢山います。

   

  雄勝町のプレハブ商店街  

                              

でもそんな中で、皆さん踏ん張っている。

私たちがどこまでお手伝いできるかはわからないけれど・・・

どこまで立ち入っていいのかわからないけれど・・・

自分たちにできる範囲の応援をしていきたい。

みんなそういった思いを持っています。

 

  宮城県石巻市雄勝町

 

私たちが今年の早春に石巻市雄勝町に出かけた時、町はまだコンクリート瓦礫の処理ができていない状態でした。言葉もない風景が未だにあるのです。

 

 ここはオープンガーデンみやぎの会員でもある徳水さんが生まれ育った場所でした。

あの日、徳水さんは実家とお母様を失いました。震災後、雄勝町はどんどん人口が減り、徳水さんは何も復興しないままの瓦礫と土しかない故郷を見ることとなりました。

この土だけになった故郷にせめて花を咲かせたい・・・この土地から離れた方も 地域に住む方も 皆が立ち寄ることのできる 集える場所を作りたい・・・

 

 

徳水さんはそう思って花を植え始め、その姿に賛同した人たちが仲間となって庭作りは始まりました。

 

  ローズファクトリーガーデン 2013年4月16日撮影

 

今年、オープンガーデンみやぎでも宮城県石巻市雄勝町の庭「ローズファクトリーガーデン」を応援しています。仙台からはかなり遠いので直接の支援はなかなかできないのですが、庭に募金箱を置いてチャリティとして一部を協力しています。

我が家の庭で株分けした植物たちも雄勝町の庭にお嫁にいきました。

 

 

雄勝町のお庭は広いから きっと日あたりの良い場所でゆったり葉を広げて咲くことができるよ。のびのび育ってね。

 

  

 早春に庭に伺った時は白いフェンスだけだったお庭ですが、全国のボランティアや地域の人たちの力で庭はだんだん出来上がっていき、そういった支援がやっと形になって、10月13日はローズファクトリーガーデンのオープンとなりました。

4月にはこのような風景でしたが・・

 

沢山の支援によって 今回のお庭のオープンでは違った風景のお庭に進化していました。

ガーデンの前には地元のボランティアの交通誘導の方々が。駐車場は車で埋め尽くされていました。

 

そして人々が庭で憩いのひと時を過ごされていました。

 

 

音楽を聴き、お庭で過ごす皆さんはとても楽しそうで、穏やかな時間が流れました。

 

今まで経験したことのない空間がそこにはありました。地域の人が集いボランティアが一緒に生き生きと活動する様子に驚き、地元の思いや 人と人との繋がりに胸が熱くなってしまいました。

 

 

 そして一つの団体の一度限りの支援ではなく、沢山の支援団体の輪によってできていることもこのチャリティの特徴でした。徳水さんの「思い」に心揺り動かされた人たちが沢山いたのですね。その一部をご紹介します。

 

 千葉大園芸学部の皆さんと花と緑のプロジェクトの皆さん。

 

とんかつの和幸さんと花プロのクッキーやドーナツの差し入れの様子。

 

ガーデン誌BISESの八木編集長。  カメラマンの桜野さんの撮影風景。

脚立を支えてくださっているのはオープンガーデン北海道の内倉さんです。

 

東京駅に見立てたガーデンハウスの屋根材は、東京駅と同じ硯の材料である天然スレートが使われました。左から 徳水ご夫妻、地元の屋根材を作り提供してくださった佐々木氏、庭をデザインされ、復興プロジェクトを作られた泉緑化の鎌田氏。

  

 

コンサートのトリに登場したのは地元のユニットのイケメンズ。

 

 

張りのある素敵な声がガーデンを包みました。

 

 

 

 今回の庭では、ボランティアの方々は一度だけではなく継続して来てくださるグループが沢山ありました。何回もかかわっているからこそ地元の思いを肌で感じることができ、愛着も生まれてきます。

そして参加する方々の目線がしっかりしたものとなり、タイムリーに地元の声が反映されたコミュニケーションの取れた活動になっていったのです。

これからも続けられる地域活動になっていくことを皆が願って。

 

 

日本の風土はボランティアやチャリティにまだ慣れていないけれど、それらはあきらかに今 現在進行形で進化していることを体感しました。

そして今回の出来事は「チャリティとは何か」を改めて考える機会となりました。

 

苦しみ模索しながらも 日本のチャリティの流れが作られていく時が いよいよ来たのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィール

Rui

庭で過ごす時間が大好き。
小さな畑も作っています。

最近の記事一覧

ブログランキング

カレンダー

<<      2013/10      >>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

HTMLページへのリンク