1  |  2    次>    

出発

テーマ:旅行 旅行大好き・温泉大好き
今、成田にいてスタックと一緒に今晩は世界遺産のライトアップを見ます
旅先で、何かを見つけてくれるとうれしいのですが
大変な時代なのでこんなときこそ前を向いて進まないといけませんね
気持ちだけは元気でいたいものです
もどったら、また旅のようすを投稿します。

ホテルの7階の窓から飛行場が見えています、成田の東横は他の東横より部屋がかなり広いです
4人ひと部屋で12.800円でひとり3.000円で夜はカレーライス、朝はおにぎりにパン
それでも十分です、旅先では、つい食べ過ぎてしまいますから。

それでは、行ってきます。
庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

インドネシア最終日

テーマ:旅行 旅行大好き・温泉大好き
旅行最終日の前の日は、バリ島観光をして夕方に楽しみにしていたケチャックダンス

1時間あまりのダンスは大勢の人の声だけで楽器は使用していませんが飽きる事なく見ることができました

ダンスの後はサヌールまで移動してインドネシア風ロプスター料理をバリダンスを見ながらの食事でした


ロブスター料理



籠の器に大きなロブスターが乗り付け合わせがロブスターを囲む、インドネシアに慣れてきた頃です

毎回の食事は食べ過ぎて家に戻って体重計に乗ってみたら2㎏増えていました


アヨディアリゾート



インドネシア旅行の最終日は、16時まで自由行動だったのでマイペースでゆっくり過ごせました

朝、部屋の外にあるバルコニーから南国の陽射しが差し込んでいます、小鳥の声が聞こえるだけの

とても静かな朝でした


アヨディアリゾート



部屋は2236号室、ドアを開けると中庭の池が見えています


アヨディアリゾート



こちらは前日に朝食を食べたレストランです、広い敷地の中には他にも朝食を食べられる場所があり

気分を変えて、最終日は海の見えるレストランで


レストラン


朝食



軽めの朝食、マッシュルームの生サラダが美味しかったです


バリの浜



ホテル前の砂浜を食事の後に散歩してみました

海も穏やか


バリの海



海の散歩後には、ホテルの玄関先まで行き、正面から写しました、手前に大きな池があり

噴水が多少は涼しく感じられました


アヨディアリゾート



嫁さんが行きたいと言うので前日にスパを申し込んでおいたので9時半にお迎えの車が来て

街中のスパへ


シロダーラ


シロダーラ



今回の旅行ではじめて知りましたシロダーラ

ユルベーダの代表的なトリトメントのひとつで、魂の窓と言われる第3の目に温かいオイルを優しくゆっくりと

注ぎ脳神経を休め精神的なストレス不眠症・不安感などの解消に効果があり深いリラックス感へと導かれます

はじめの1時間をバリ式の全身マッサージをして次の1時間をシロダーラで

目を閉じていたのでどんな風にされたのかはわかりません、気持ち良くなってウトウト

オイルだらけの頭をシャンプーしてもらったときには気持ちが良かったのですが

髪の毛が少ないせいか、嫁さんより早く終わってしまいました

ちょうどお昼になったので、スパの中にあるレストランで


ナシゴレン



インドネシアの焼き飯チャーハンはナシゴレンと呼ばれていて、今回の旅行中にも何度も出されました

ツアーの中の食事はそこそこが多いです、本当に美味しいものはツアーでは難しいです

自分で探して食べるのが一番です

スパで食べたナシゴレンが一番美味しかったです


ミーゴレン



やきそばはミーゴレンと呼ぶそうです


海草



ホテルに戻ってから海でひと泳ぎ、日本人は誰も泳いでいません、ほとんどが白人ばかり


アヨディアプール



海でひと泳ぎの後は、今度はプールでひと泳ぎ、プールにも日本人は見かけませんでした


パン



16時になりバスの迎えが来て、ツアーにはありませんがスーパーに行くようにお願いしました

残っているルピアを使う為もありますが、地元の生活の様子が一番わかりやすいです

フランス系のスーパーは地元の人で大変賑わっていて、おみやげ用にチョコを買ったのですが

スーパーのあとに行った免税店と比べて2割ほど安かったです

海外に行くといつも感じるのは、免税店はブランド商品はいいけれど他のものは決して安くないです


アイスクリーム



レジは何台もありますが、日本では考えられないぐらい時間が掛かります

レジに並ぶ人達はあたりまえ様に平然と並んでいましたが、少しイラっとしました

時間が掛かりすぎて、買うのは諦めました、待っている間にアイスのケースの中を覗いていました

ドリアンのアイスに目が釘付け、でも残念時間切れでしタ集合時間をまわってしまった。

旅は想定外のことがあるとこころに残ります。

イントネシアで出逢った人と花

テーマ:旅行 旅行大好き・温泉大好き
インドネシアは南国、日本とは気候が違えば、そこで咲く花も違っている

人の暮らしぶりも違う


インドネシアの花



形が少し違っていますが極楽鳥花に似ているところがあるような色鮮やかな花


インドネシアの花



青紫のこの花もいろんなところで見かけました、青紫の薄い色は素敵な色


インドネシアの花



この花も良く見かけました、バリのホテルのロビーの灰皿幾つもあったけれど

砂を花の模様にして、真ん中にこの花をひとつ置いてありました

翌日には、また新しい花に変わっていて、1日に一回は変えているみたいでした


インドネシアの花



バリの人の月収は日本円で11.000円ぐらいの様です


インドネシアの花


インドネシアの花



池には必ず言えるほど蓮の花が咲いていて今回はピンク色しか見かけませんでしたが

ホワイトもブルーも見たことがありました、同じピンク色でも花の形は違うものもあります


インドネシアの花


インドネシアの花



どちらも飾りバナナの花です


インドネシアの花



何となく蘭の花に似ていますが、葉を見ると丸葉の大きな葉でどうみても蘭の葉ではありません


BATIK



ジョクジャカルタのバティック工場で見学したときに、工程の簡単な説明書をもらって中へ


ジョクジャカルタの人



蝋引きの作業工程を観ているときに作業していた、おばさんが 私の方を観てニコ

手に持っていた説明書を取りいきなり紙を裏返し蝋で花を描いてくれました

このおばさんに描いてもらえたのはラッキー 私だけでした


ライステラスの帽子売り



ライステラスで日焼けしたおじさんが帽子売りをしていた、観光地に行けば

とにかく売り子が凄かったですが籠の中に帽子を入れて売っていたのは、おじさんだけでした


籠を編む少女



バリの女性は朝4時半には起きてお供えをするようです、夕方にもお供えで日に2度

お供えを乗せる籠を編んでいるのは日常の光景のようです


インドネシアの花



レストランのテラスを覆うっている植物は、垂れ下がり白い花をスズナリに付けていて

朝、綺麗に咲いていた花が午後にはしおれ気味でした


インドネシアの花



オレンジ色のブラシを付けたような花は、風が吹くたびに揺れていました

音がすれば風鈴です


インドネシアの花



蘭の花は珍しく感じませんが南国でみるとまた違った感じ、器で料理が違うように思うのと同じだね。

インドネシアで見つけた生き物

テーマ:旅行 旅行大好き・温泉大好き
ボルブドール遺跡のシナモン並木を抜けると、急に視界が開けてきて、南国の花がたくさん咲いていました

その花の周りを蝶が乱舞していて、土の上に降りたときに撮りましたが、羽を広げてはすぐに閉じてしまうので

閉じたままのポース゛でシャッターを押しました、近づくとすぐに飛び立ってしまうので、写すのが大変でした


ボルブドールで見た 蝶



バリで野生の猿の群れを見に行きました、このあたりで300匹ほど生息しているとか

人慣れしていて、どうどうとしていました


バリの猿



あかちゃんはどの動物でも、とても可愛いです、以前来たときに、この近くの森で羽根を広げると

1メートル50cmにもなるオオコウモリが昼間に木に逆さになつて何匹も止まっていたの思い出しました

コウモリは匹で良かったのか、羽ではないですよね?


バリの猿



バリのホテルはアヨディアリゾートでした、とても広い敷地には、池も林もあり

海が眼の前に広がるレストランのテラス前の木にリスが何匹もいて、忍者の様に木から木へと

ジャンプで移動していて木の上からはなかなか降りてきませんでした


レストランからの眺め


バリのリス



サギの仲間だと思います、白い羽が綺麗でした


バリの鳥



こちらもサギの仲間でしょうか、池の中に居る小魚の群れをじっと見つめていました


バリの鳥



池の中には、オオトカゲも居ました、首を出して何を観ているのか

大きなわりには機敏で小魚を上手に捕まえて口にくわえて


トカゲ



大きさは1メートルはありました、顔だけ見ているとニシキヘビではと勘違いしそう


トカゲ



遺跡の石垣に建物の壁に、張り付くようにしているヤモリもたくさんいたりして

雨季のそうか、雨が降り出すと、何処からとなくウシガエルが鳴いているのですが

姿は、なかなか見つかりませんでした。

ライステラス

テーマ:旅行 旅行大好き・温泉大好き
今回の旅でバリには4度目の旅行でした。

そのバリで今まで行って見たかったけれども行けなかった場所がライステラスで、そのライステラスに

今回は行くことが出来ました、インドネシアでは年に3度のお米の収穫があり、時期は、作りたい時に

作るので、田園風景が一番多く見られるタナロット付近では、バスの中から見れる田園の風景が

どんどん変わっていきました、まだ田植えをしたばかりの場所があれば、緑の稲が風に揺れていたり

稲穂が黄金色に輝いていたり、稲刈りの光景も見れました私には不思議に思えました。

ライステラスで行って見たかったのはテガラランでバリの山の中です。


ライステラス テガララン



レストランから眺めたテガラランのライステラスです、たんぼに畑、ヤシの木にバナナの木

日本では見ることの出来ない風景です、信州にも姨捨に有名な棚田がありますが南国の棚田は

とても優しく眼に映りました、雨季なので外はそれほど強くは無い雨降りでした


インドネシア料理



レストランでの最初の料理はトマトと鶏肉の入ったスープでした、宗教的なことで、インドネシア料理には

牛肉は出てきません


インドネシア料理



サフランライスの上にせんべいと卵焼き中央には赤トウガラシとパセリ、鶏肉の揚げ物があり

葉っぱの筒の中にもサフランライスが詰まっていました、とにかくお米がいっぱいある国です


インドネシア料理



デザートはバナナのフライを黒蜜を掛けて食べますが、バナナはそののまま食べた方が美味しいです


アボガドジュース



食事の時にはビールでは無くフルーツジュースです、お店の人にどれがお勧めかと尋ねるとアボガド

アボガドのジュースは飲んだことが無かったので、おそろおそろ頼んで見ましたが これが美味しい

お寿司のアボガドは好きですが、アボガドだけを食べると駄目ですそんなこともあり少し冒険しての

アボガトジュースはとても飲みやすくておかわりしても良さそうでしだが

茶色のラインはグラスにチョコレートを掛けてあります、アボガドとチョコ ベストマッチです。

横のグラスはグワバジュース


メロンハチミツ



アボガドジュースのあとは、メロンスイートでハチミツが入ったメロンジュースも以外とあっさりしていて

飲みやすかったです、とにかく水分はシッカリ補給しないと


ライステラス テガララン



ライステラスの風景にはとても心が癒されました、外の雨降りもぜんぜん気にならずに

1時間あまりの短い時間でしたが、またいつか訪れたい棚田です

食事が終わって、立ち上がろうとしたときに、後ろにあった大きな素焼きの鉢が倒れて

大きな音とともに粉々になってしまい、一瞬ドヨメキが聞こえとかと思い焦りましたが

レスタランスタッフはニコニコ笑顔で手を合掌してお辞儀をしてくれました

気にしなくても良いと言われてひと安心、ライステラスの風景と共に癒されました。

アールグレー


最後はアールグレーのアイスで水分補給です。

ふたつの世界遺産

テーマ:ブログ・日記 日常のことを思うがままに
インドネシアの通貨はルピアです、ジョクジャカルタに到着してすぐに両替

現地で両替した方がかなりお得です 1万円で=100万ルピア以上ですが

はじめはなかなかルピアに慣れずにミネラルウォーターを1本買っても1万ルピアと言われ

一瞬戸惑いました


ルピア



観光地では、売り子が凄くほとんどのものが1000円から始まるのかね1000円の合唱の嵐

一度狙われると、なかなか離れてくれませんね、ボルブドールの長い通路の間に5本で1000円の

サラサの扇子がとうとう最後には15本で1000円と言われましたがコ゜メン 買いませんでした

ガイトさんが親切に1/3には値切れると教えてくれましたが、売り子達を追い払うことはしません

そうすると、この場所にガイドで来れなくなってしまうと言っていました 正直もの

1000円は10万ルピアです

観光前のハイアット・リージェンシーでの朝食はプールの見えるテラスで


朝食



食事のあとは散策、プールの間の床には赤い花が撒かれたように


プールサイド



花をアップで撮ってみると昆虫の様、赤いバッタに見えてきます


南国の花



通路にあった自転車が気になって撮りました、カラーは本物です


自転車



ヤシの木の置くにコ゜ルフ場がある池の前は、いかにも南国らしく


ホテルのテラスから



ピンクのハスの花が綺麗でした、同じピンクですが違う花のハス


ハスの花



ハスの花



昨年の火山の噴火の影響で、遺跡に向かう道はまだ渋滞がつづいていて

道路際の家でも、まだ火山灰なので埋まった状態でした

被害を大きくしたのは、一緒に発生した650度の熱風だったようです


災害



前回に来たのは湾岸戦争のときでした、外国人で遺跡にいたのは、私達だけでした

当時見た磯気の上の回廊から見た風景を今でも鮮明に覚えています

シナモンの木に挟まれた通路の奥にボルブドールが見えます


ボルブドール遺跡



行く前に回廊の3階までしか行けないと聞いていたので、かなり上まで行くことができ

良かったです、360度のジャングルが見えていました


ボルブドール遺跡


ボルブドール遺跡



旅のスタイルで、行った事のない場所に行く 同じ所に行くスタイルがありますが

同じ場所を訪れるのも楽しいです

ボルブドールはジョクジャカルタから西に45kmプランバナンはジョクジャカルタから東に18km

世界最大の仏教遺跡のボルブドールとヒィンズー教のプランバナン寺院群は

どちらも世界遺産です


プランバナン寺院群


プランバナン寺院群



当時は1000あまりの寺院があったように見えていたそうですが、実際には240の寺院
シバを初めとする神々とその神々の乗り物のスワン・牛・ガルーダが祭られています。

インドネシアの旅

テーマ:ブログ・日記 日常のことを思うがままに
今回のインドネシア旅行の飛行機が午前中にセントレアからの出発で、長野出発が前2時半と夜中の出発だったので、私は車で先に行き前泊する事にしました

セントレアホテルはロビーを出れば、すぐに出発ロビーに数分で到着します


セントレアの夕陽



ホテルの部屋からセントレアの奥に沈む夕陽が見えました

同時刻に反対側の空には、まだ明るい空に月が浮いていました


セントレアの月



夕食はターミナルビルの4階にあるyutori no kukan 栗原はるみのお店です

注文したのは、野菜カレー


野菜カレー



レッドのパブリカが際立ってみえます、見た目よりご飯が多かったです

嫁さんは、隠れメニユーを見つけアジフライ定食を注文

普通のメニューには載っていないものが何点か隠れメニユーにあります

空港関係者だけが頼めるものの様です、隣にいた人がメニューに無いものを食べていたので気になりスタッフに聞いてみてわかったものです

値段良し・ボリューム良しです


隠れメニュー



ついでに、甘味が欲しかったので白玉あんみつも一緒に


白玉あんみつ



食事を終わってから、部屋に戻るまえに以前から気になっていたサンドイッチを買って戻りました


矢場とんサンド



矢場とんサンド



矢場とんのかつサンドです

矢場とんの名前だけは知っていましたがまだ食べた事がありません

食事は無理でも、かつサンド 厚い肉なのにとても柔らかくて美味しい 

機会があれば、今度はみそかつを食べて見たいです


ガルーダインドネシア空港



飛行機はバリ島経由でジョクジャカルタヘ 

雲の上の景色は気持ちいい 11000メートル


機内食



機内食は、いつも同じ感じで


ガルーダインドネシア空港



デンバサールで国内線に乗り次いでジョクジャカルタ


ガルーダインドネシア空港



わずかなフライト中に出された おやつ


ガルーダインドネシア空港



滑走路を歩きながら空港内に向かう時に写しました

翼の下を歩く事はあまりできませんから立ち止まって何度も見ました

国内線は1時間以上の遅れで、インドネシアでの最初の食事は深夜近く


インドネシア料理



フラッシュを使用しているので、写っていますが、テーブルの上にはローソクの炎

屋根は付いていましたが、壁の無い野外です

外は雨降り、コウモリが飛んでいてウシガエルの声が良く聞こえてきます 

日本で無い事を実感


インドネシア料理



お店に着く前にスコールに会いました

スコールは10メートル先が見えなくなる激しい雨だとか

ちょうど、雨季なので毎日のようにスコールがあるようです


インドネシア料理



笹の塔の中は、サフランライス


インドネシア料理



南国のジュース



昼と夜の食事は、全員で食べるので宴会の様になります

毎回何本のビンタンビールをあけたのか

ビールを飲めない私は、毎回フルーツジュースです

できればマンゴジュースを頼みたかったのですが、マンゴは時期はずれのようでお店のスタッフに何が美味しいか訪ねて グァバジュース

グァバジュースを何度か飲みましたが、このグァバが一番でした。

凍てつく道

テーマ:ブログ・日記 日常のことを思うがままに
昨日は、昼間良く晴れて除雪された後の国道に残されていた雪が溶け川が流れる様な感じの

場所もあり、夜のことが心配になりました。

予想通りで千曲川に掛かる橋の上はツルツルで車の長い列ができていた

滑る滑る スケートができそうです 昼との温度差が凄いです

良く晴れた冬の日の夜は 寒いです


18



16時30分頃、西の空に陽が沈んでいきました、オレンジ色の空は久しぶり

少しづつ陽が長くなっているのに、寒さはどんどん寒くなる感じ

陽が落ちた反対側の東の空はオレンジ色ではなく薄ピンク色です

とても優しげな色に染まっています


18日の夕方



薄ピンクに染まった空をもっと上に目線をあげると、月が見えています

丸い月、月も久しぶりでした


18日の夕方



まだ明るい空の中に月が見えています、間違いなく寒くなる



今朝の道は、ガチガチです 凍り付いて車の運転には気を付けないと

雪道よりアイスバーンの道の方がずっと怖いです 用心用心



明日から、長野のエクステリアの問屋のアメニクスさんの招待で世界最大の仏教遺跡ボルブドールを

見に行きます、アメニクスさんは毎年、招待旅行を企画していて昨年はスペインでした

私が、一番最初に参加したのが20年以上前で、そのときに行ったのはシンガポールでした

毎年の事なので、何回目なのかは知りませんが、私が参加するのは3回目です

昨年は、スペインだったので行きたかったのですが、会社の研修と重なってしまいました。

これから、車でセントレアに向かいます、明日の夜にはジョクジャカルタ日本の京都のように

学生の多い街です、高速に雪のない事を祈って いざ 出発。

雪上のVサイン

テーマ:ブログ・日記 日常のことを思うがままに
会社に行こうと玄関を出て、車の後ろ側の路面を見ると

新しくうっすら積もった雪の上にVサイン

数日前のゆり子さんのブログにもありましたね 雪上の足跡


雪上のVサイン



どんなふうに歩くと、このVサインができるのか お見事

犯人の姿は見ていませんが、雪降りの後には、いろいろな発見もあります

鳩でもカラスでも無いです、スズメでもなさそうです。

雪かきで疲れている 私への励ましかな?

雪のゾウさん

テーマ:ブログ・日記 日常のことを思うがままに
昨日は、雪かきをしてダウンしました、雪かきをしてダウンしたのは初めてのことです

午後から寝込んで、夜のまで寝てしまいました その間中にも雪が降り続いていました

昨日の雪かきの途中で、一呼吸して足を止めたときに眼に飛び込んできたのが

マクラギを取り付けた笠付きの照明に雪が積もり、深く帽子をかぶっているように見えました


雪の帽子



雪は降り続いていましたが、天を見上げると太陽が薄い雲の奥に見えていました

こんなに薄い雲なのに雪が降り続いていた


雪降りの空



ブロック塀の上に雪のゾウさんを見つけました、雪はいろいろな姿を見せてくれる天才です


雪のゾウさん


ジュゴンも見つけましたが、その頃にはダウン寸前で撮るどころではなく。


1  |  2    次>    

プロフィール

大文字草

toledo

星座:おうし座
好きな食べ物:スイーツ 果物
特技、趣味:旅行 温泉めぐり

会社は
株式会社 トレド
 本社
  長野県長野市屋島662-1
  TEL:026-221-0211
  FAX:026-221-0370
 展示場 ショップ
  長野県長野市屋島2273-1
  TEL:026-266-9522
  FAX:026-266-9408
お気軽にお出掛けください

toledo_www

エクステリアのトレド

カレンダー

<<      2011/01      >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

ブログランキング

総合ランキング
11位 / 2471人中 keep
ジャンルランキング
5位 / 667人中 keep
日記・ブログ

最近の記事一覧

参加コミュニティ一覧

アーカイブ