1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    

2012年スタートにあたって~HANA sakaso プロジェクト 12.11

テーマ:HANAsakasoプロジェクト
 新年のご挨拶がおそくなりました。
 今年は年賀状に新年を迎える祝いと慶びの言葉を添えることはできませんでしたが、お届けした皆さんには昨年の報告と今年に向けた決意をお伝えしました。

 12月11日に昨年最後のHANA sakaso プロジェクトの活動に参加させてもらい、その報告ができないまま年を越すことになってしまったのは、ひとえにわたしのペース配分のミスだったろうと考えているところです。

 昨年11月始めから着工した素敵な現場があってそれはおそらく2月まで続くのですが、そちらはまだまだ未熟なわたしの設計力と技術力と管理能力のすべてを総動員して、それこそ全霊を傾けなければならないようなお仕事でした。
 ありがたいことにお客様のご一家がみなさんとても温かな方たちで、わたしのこうした活動にも大変理解を示して下さり、それだけでなくわたしの体調や家族にまでお心を砕いてくださり、今回の活動にもゆっくり時間を掛けることを許して頂いたのですが、さすがにいつもいつもそのお心遣いに甘える訳にはいきませんでした。
 当日は夜中に出て夜中に戻る日帰りの強行軍で、案の定すぐにその内容をブログにアップすることは叶わず、それどころか結局今日までブログに手をつけられない状態が続いておりました。(いつものことですが…)

 12月11日のHANA sakaso プロジェクトは、山元町の山下中学校で開催された「やまもと子どもも大人もみんなで遊び隊+やまもと楽校」という復興(復幸、そして新幸)イベントに参加、協力するという内容でした。

復興イベント ワークショップ02


 11月の活動の後、武内さんたちが改めて学校を訪れて学校に植えたモミの木に、地元の皆さんをはじめみんなで作ったオーナメントや願い事を書いたカードをラミネートして飾り付け、

復興イベント モミの木飾り付け


復興イベント モミの木の飾り付け


 ワイズティーネットワークの根本さんによる紅茶教室とティーパーティーのお手伝いをしたり、

復興イベント 紅茶教室


復興イベント ティーパーティー


 その他さまざまなワークショップに参加させてもらいました。

復興イベント ワークショップ02


 そこには全国から集まったボランティアのみなさん、それから地元のボランティアのみなさんが集まって被災者のみなさんをお迎えしたのですが、学校全体に活気があふれてどのブースも満員の人だかり…
 今回わたしは地元中学校のPTA仲間と生徒を連れて参加したのですが、みんなそれぞれに役割を果たせたしそれぞれが楽しむことも出来たし、良い経験ができたととても喜んでくれました。


 一方で冬の被災地は寒々として冷たい風が吹いていました。

坂元駅前 12.11.


 ただ、11月にみんなで播いた菜の花はしっかりと芽吹いていました。
 これには娘もひと安心…自分の播いた種だけが出なかったらと、少し心配していた様子でしたから。

坂元駅前 芽吹き


 武内さんがビオトープだと言っていたわき水のまわりのセリたちは今も健在。周囲でそこだけが濃い緑を残していました。

坂元駅前 残る緑



 仲間たち家族と被災地をめぐりながら、いろいろ思う事がありました。

 確かに遠方に住む者としてはよほどの事がない限り被災地に出向く機会は少ないし、それは物理的な障害や理由付けが難しいだけではなくて、気持の上でもそれはとても重く、後ろめたかったり申し訳なかったりする心情があるのは確かで、そのことはわたし自身も最初はそうだったからとても良く分かります。
 だからわたしは地元中学校の講演会の中で、生徒たちにはっきり伝えたいと思っていました。
 それでも、震災から間もない時にあれだけの義捐金を集めて被災地に届けた君たちには、被災地の現状を知る資格があるし権利があるのだよ、と。
 本当は今回のボランティアへの参加も募りたかったのですが、学校教育の場でさすがにそれを公然と行うことは許されず、父兄への呼びかけに留まってしまったのが残念でした。

 前回の活動の中でも被災地のど真ん中である坂元駅前で土を運んだり種をまいたりしていると、本当に多くの人がそこを訪れていました。われわれを気にすることなくしっかりその景色を胸に刻んでいってもらいたいと思うのですが、多くはすぐにクルマをUターンさせてそそくさと戻っていきます。やはり興味本位で被災地を見学するようで、それを後ろめたく感じてしまうのでしょうか。

 わたしは思いました。
 興味本位でも物見遊山でも野次馬根性でもなんでもかまわない。
 一人でも多くの人が被災地の今を見ておくべきなのです。見れば最初は興味本位でしかなかった気持ちがどんどん変わっていくはずだし、心に刻まれたその景色がこれから長く続いていく復興の中で、次のアクションを生み出す契機になるかもしれません。次の世代に語り継いでいくその言葉の重みが増すはずです。
 このことはわれわれの生きた時代に起こった「歴史的事件」なのであって、われわれにはそれを正しく知り、後に語り継いでいく責任があるのですから。

 それは特に子供たちについて思いました。この先最低でも10年は掛かるであろうという復興事業の担い手はまさしく彼らなのだから、まず彼らが自分のこととしてこの震災を認識しておく必要があると思います。それも出来ることなら直接に見て、触れて、被災した方とも会って、話して、身体全体でこの事件を知って感じておく必要があると思うのです。今はすぐにそれが次のアクションにつながらないにしても、来るべき時にそれは必ず役に立つはずです。

 だから被災地におけるわたしの次の仕事は、一人でも多くの子供たちをそこに連れて行くということだと思うし、この年に中学校のPTA会長を任されたということも、中学校で講演する機会を得たということも、まったくの偶然ではないように思えるのです。

坂元地区 畑


 上の写真は被災地の真中で見つけた風景。
 明らかに震災の後に作られた小さな畑と田んぼです。
 畑には数本の大根を収穫した痕もありました。
 田んぼは本当に小さなもので、その収穫量は取るに足らないものだったと思います。

坂元地区 田んぼ


 でもその風景の中にとても力強い意志を感じました。
 生き残った者で再び町を復活させる…させてみせる。

 子どもたちにはただ悲惨な景色だけでなく、合わせてこの風景も見せてやりたいと思います。


 以下の写真は山下中学校の復興イベントの中で、子どもたちが自分たちで行ったワークショップの様子です。
 山下中学の生徒さんたちの他に、われわれが連れて行った中学生たちや他のボランティアの子供たちも、それぞれにクリスマスツリーの飾りを作ったり小さな子どもに遊びを教えたりしていました。

震災イベント 子どもたちのワークショップ01



 つい先日、プロの音楽家の友人と話しながら思ったこと。

 芸術家というのはその芸術活動を通して収入を得る人たちだと思うのですが、おそらくその収入は単なる労働対価ではなく、そのすぐれた芸術活動に対して高く評価する人々がその活動を応援するための支援金みたいなものなのではないのか、と。だから芸術家が自分の作品を公開して人々を楽しませるのは義務だし、人々はさらに質の高い作品を求め、投資の意味でさらなる資金を提供する…
 だから彼らの創作活動やその公開は、むしろ無収入であって然るべきだしチャリティーの方向に進むのは自然な流れだと思います。そのことはこの2日にCSで再放送されたap bank fes '11の様子を見ながらも強く感じたところです。

震災イベント 子どもたちのワークショップ02


 時々わたしが設計したり製作した庭を「向井康治の作品」と言ってくださる方がいて、それはそれでありがたいのですが、でもわたし自身はそれを芸術作品として見たことはないし、自分を芸術家と称したこともありません。むしろ忌避したいところです。
 が、その仕事のスタンスは上記した芸術家のそれと同等であって良いと思ってます。

 本当にいろいろな方の支援のおかげで多くを学ばせてもらってきました。
 知識、経験、技能、資格…どれ一つとってもほとんど自腹で身につけたものはなく、本当に多くの方が資金や機会を提供してくださって与えて頂いたものです。
 だから…それらはすべからく還元していかなくてはならないと思います。

震災イベント 子どもたちのワークショップ03


 わたしには後継者がいませんので、皆さんから頂戴した知識や経験を自分一人のものにすることが惜しく、自分の死でそれらが無に帰すことがなんとも悔しく、それを次世代に伝えるためにこのブログを始めました。

 今回の被災地の活動もまた同じです。
 わたしがこれまでに学んできたことが被災された方や被災地の復興のために少しでも役立つというのなら、今ここでそれを被災地のために使うのがわたしの義務だろうと思います。それはむしろ当然で、しないとしたらそれ自体が罪だと思うくらいです。

震災イベント 子どもたちのワークショップ04


 そのように恩返しのつもりで始めたことなのにも関わらず、その中で逆にわたしは被災地のみなさんや共に活動した武内さんをはじめとする仲間たちから、またまたたくさんのものを頂いてしまいました。
 それらはこの先どのようにして還元していけば良いのか…

 だから、わたしは今年の目標に「少しでも多くの子供たちを被災地に連れて行く」ということを掲げました。
 そして感謝の気持ちをこめてさらに良い仕事をする。
 その仕事の中でたくさんの方に喜んでもらう。

 そのような2012年にしたいと思うのです。

復興イベント モミの木の飾りつけ



 今年もよろしくお願いいたします。




よろしければ、ホームページもご覧下さい。
 http://www.yui-garden.com/


 

 
 

 




















庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

HANA sakaso プロジェクト with mother Love ~ 被災地に種をまく

テーマ:HANAsakasoプロジェクト
つい先ほど、山元町から7時間弱かけて戻ったところです。

かなりバテバテですが、明日から再開する本業を思うと最後の報告はどうも今のうちにアップロードしておいた方が良さそうですね。今日の夜からまた、設計も再開しなければなりませんから。

11月14日。

われわれは蔵王の宿をチェックアウトすると、今回最後の活動場所である坂元駅に向かいました。
朝からメンバー1人をさらに加えてHANA sakaso プロジェクトのメンバーが5名。
それに地元「山下花ボランティア」のメンバー9名。
総勢14名で坂元駅前に土を入れ、がれきを取り除き、水仙とクロッカスの球根を植え付け、寒咲き菜の花の種をまく! というのがこの日の活動でした。

山元町被災の象徴的な場所であるここに花を咲かせ、復興と復幸の基点としたい、来る3月11日にここに集う人々の目に暖かい希望の光を灯したい…
そんな願いをこめた活動でした。

睡魔に襲われ始めているので以下はフォトギャラリー風に。

坂元駅前 土の積み込み


坂元駅前 土おろし


坂元駅前 土ならし 


坂元駅前 土ならし 


坂元駅前 種まきの開始


坂元駅前 種まき01


坂元駅前 種まき02


坂元駅前 種まき03


坂元駅前 球根植え付け


気が遠くなるほど有った黒土の山もボランティアのみなさんのパワーで一気に片付き、被災したお宅の跡地も見る見る黒い花畑となりました。
メンバーの指導で球根を植え、種をまき…
本当に多くの方たちの思いのこもった今回の活動も、無事に終了しました。

あとは花たちが元気に育ってくれて、山元町の次の春を明るく彩ってくれることを祈るばかりです。

坂元駅前 種まき・球根植え付け完了02


坂元駅前 種まき・球根植え付け完了01


最後に山下中学に戻って資材を撤収し、校長室で次回の活動計画を練ったり、校長先生のねぎらいの言葉を頂いたりしたのですが…

その時の渡辺先生の、
「でも、あそこにはもう行きたくないな」
という言葉が強く心に響きました。

われわれにとってさえとても強烈な印象の坂元駅ですが、地元のみなさんの気持ちにとってそれはさらに複雑な思いのする、残酷で過酷で重々しい場所なのでしょう。
そこで失われた多くの命を思えばそれは当然のこと。
今更のようにそのことを思い知りました。
いつも元気でパワフルな渡辺先生の言葉であれば、それもなおさらです。


武内リーダーによれば12月11日の復幸祈願祭に向けて、次回は大きなモミの木を植えにきて、それに地元の皆さんといっしょに祈りを込めたデコレーションをしたいとのこと。

再会を約束してメンバーや山下中学の皆さんに別れを告げたのでした。





活動はさらに続きます。

みなさまからの支援に加え、温かい応援のメッセージをお待ちしております。
ご協力頂ける方は以下のサイトからご連絡をお願いいたします。

HANA sakaso プロジェクト with mother Love




HANA sakaso プロジェクト with mother Love ~花のお届け、再び

テーマ:HANAsakasoプロジェクト
HANA sakaso プロジェクト with mother Love、11月の活動2日目。
と言いますか、今回わたしが参加できなかった資材搬入や寄せ植え製作を含めれば6日目、11月13日です。

適度に曇って暑くもなく寒くもなく、全力で走れば軽く汗ばむ程度の、この日も前回同様絶好の「花のお届け日和」となりました。

前回9月11日に、寄せ植えの数の関係でどうしてもお届けできなかった4か所の仮設住宅に、およそ400鉢の花を届けることができました。ようやく!

浅生原東田仮設住宅01


今回のメンバーは総勢8名。
初めての参加は、中学3年のわたしの娘を含めて5名です。

浅生原東田仮設住宅02


しかし、そうとは思えないくらいみんな元気に1戸1戸の仮設住宅を回り、明るく声を掛けていました。
いえ、内心は少しドキドキだったかも知れません。2か月前のわれわれがそうだったように…
実際、娘に後で聞くと、「かなりテンパッてた。…ちゃんと話できてたかなぁ」

そんな中、ベテランの武内さんは1軒1軒に時間を掛け、住民のみなさんとの交流をとても大切にしている様子でした。

浅生原東田仮設住宅03


最初のナガワ仙台工場仮設住宅(130戸)では、配り終えた後に集会所に立ち寄らせていただき、住民の方や「仮設住宅カフェ」のボランティアのみなさんとお話ししたり、おいしいリンゴを御馳走になったり…

ナガワ仮設住宅集会所にて


前回とは配る鉢の大きさも数も違っていてかなり楽になったとは言え、相当にまったりとしたゆとりのある活動となりました。

前回の壮絶な、常に全員が走りまわるような状況はリーダーを任されたわたしの緊張と不慣れが原因だったのかもしれませんねぇ。反省です。


同様に浅生原東田仮設住宅では、集会所で手作りストラップの製作指導をされていた山下中学校の渡辺校長先生とお話しする機会を持ちました。

山下中学 渡辺校長を囲んで


退院されて間もないというのに相変わらずバイタリティーに溢れて、次から次へと様々な企画を生み出す渡辺先生。
もともとわれわれのプロジェクトも先生にお声掛け頂いたところから始まったわけですが、今は仮設住宅のみなさんが手作りのストラップを製作し、その売り上げを義援金に充てようという企画を進められています。
もちろん義援金集めも大切ですが、それ以上に大切なのが仮設住宅のみなさんが楽しく働いて何かを作り、わずかながらも収入を得るという、その自立に向けたプロセスなのだというのが先生の常に一貫した姿勢ですね。
HANA sakaso プロジェクト with mother Loveの活動も、だから多くの地元のみなさんと一緒に進めてきました。
これがその手作りストラップ。

手作りストラップ


そして、これが山下中学校の生徒さんたちが支援感謝の気持ちを込めて作った卓上飾りです。

5円の矢


先生からプレゼントしてしていただき、みんなでしばし5円玉に矢を通す方法について悩みました。

一人一人に明るく声を掛けてくださり、冗談を連発し、その間も通りかかる仮設住宅のみなさん一人一人に声を掛け…
ご自身の住宅も半壊状態で震災後入院もされたというのに、今はこうして休日ごとに仮設住宅を訪ねたりお礼行脚の講演旅行に出られたり、精力的に活動されている渡辺先生には、ただただ脱帽です。

浅生原東田仮設住宅集会所にて 渡辺先生と


その先生からさらなる元気を分けていただき、再び花のお届けに戻ったみんなです。

旧坂元中学仮設住宅にて


前回は暗くなり始めた18時くらいにギリギリ終えたお届けでしたが、今回はいろいろ地元の方と交流したり昼食をしっかり取りながらも終了は14時頃!


そうなれば、当然みんなでしたい事があります。

昨日の続き!
坂元駅前の土入れです、。

坂元駅前 土の積み込み


3人が8人に増えただけで、よもやこれだけ違うとは!
たしかに昨日は3人とも始めからヘトヘトではありましたが…
気が遠くなるほど巨大だった土の山が、みるみる減っていきます。

坂元駅前 土ならし


これで14日の活動の目途も付いたと思われる16時過ぎ、この日の活動は終了となり、最終日まで残るわれわれ4人を残して、みんなそれぞれにそれぞれの活動の舞台に帰って行きます。

坂元駅前 土おろし


解散場所の山下中学への帰路、被災地の真ん中を南北に貫くストロベリーラインを通ってその惨状を目に焼き付けてもらいました。
その光景をいつまでも忘れることのないように。

そして今回の活動全体を通して、一人一人の心に素敵な花が咲いたことを祈りながら、しばしの別れを惜しんだのでした。



みなさまからの支援に加え、温かい応援のメッセージをお待ちしております。
ご協力頂ける方は以下のサイトからご連絡をお願いいたします。

HANA sakaso プロジェクト with mother Love





1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2018/12      >>
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

最近のトラックバック

プロフィール

cozy

向井康治

ガーデン工房 結 -YUI-は、埼玉を起点に植物を中心に据えたガーデンデザインと設計・施工を仕事とする会社です。
ただし、面白い仕事であれば時には利益も距離感覚も忘れ去る脳天気ぶり。
だから、この仕事にはいつも様々な出会いがあります。人、植物、もの、本、言葉、音楽…。

結 -YUI- はネットワークです。
それは多彩な技術や知識を持った人々が持てる力を共有し合うこと。
人と自然界の美とが満を持して出会うこと。

わたしが文芸、農業、インド、土木、外構、アウトドアと巡ってきた先の到達点は、おそらくそれらみんなの要素を遺憾なく結集することのできる、小宇宙 「ガーデン」でした。

ガーデンデザイナーとして、ガーデナーとして、これまでの、そしてこれから先の「出会い」を余すことなくお伝え出来ればと思います。

ガーデン工房 結 -YUI- のホームページ

フリースペース


ガーデン工房 結 -YUI- オリジナル・ホームページ

ガーデン工房 結 -YUI- オリジナル・ホームページ


RGCのガーデン工房 結 -YUI-

RGCサイトのガーデン工房 結 -YUI-



収穫の季節

「収穫の季節」~詩と小説とエッセイのページです。