1  |  2    次>    

天に祝福されるしごと、そして折原ファーム

テーマ:しごと
梅雨の走りのようなここ数日の天気ですが、一昨日は久々に気持ちよく晴れて、予定されていた深谷市N様邸のメンテには打って付けの一日でした。

深谷市N様邸


2007年に手がけたこのお庭とも4年のおつき合いになります。
庭の一角に稲荷社を持つこのお庭には何本かの巨大なご神木もあって、それがあまり大きくなりすぎたためにご近所からいろいろと言われることが多く、以前にも高所作業車で大規模な伐採や枝下ろしをしたことがありましたが、今回もそう…。前回同様、緑化推進の時代に逆行すると憤りながらも、出来るだけ痛くないようにするからと樹に手を合わせながら地上10メートルまでよじ登り、チェーンソーを使いました。落とした枝は大型トラック1台くらいになったでしょうか。

雨やくもりの日にはとてもやる気になれないし、やれない仕事でした。


当然の事ながらわれわれの仕事はとても天候の影響を受けます。

でもね、ここに驚くべきジンクスがあります。

昨年の春以来、わたしがそこそこの植栽作業をしたあと、ほとんどの例外なく24時間以内に雨が降るというものです。
数えてはいませんが、それが20回近く続きました。
植物を植えたあとの水やりはとても大事でなかなか大変な作業なのですが、このジンクスがそれをすごく助けてくれました。なかには冬の植栽の後の雪、というのも有りましたが…
それにしても20回というのはスゴイと思いませんか?
もちろん、中には週間予報による雨の予報に合わせて植栽の工程を組んだこともありますが、大半はまったくの偶然で局地的な雨も多くありました。

わが社(わたしとアシスタントの女性のふたりだけですが)ではこのことを称して、「天に祝福されたしごと」と呼んでいます。
そうした事例が続くと、自分の仕事に自信が持てるし、とても強い勇気が生まれるものです。
そのようにして昨年からほぼ一年間、様々な植栽の仕事をしてきました。

狭山市T様邸

でもさすがにいつかそのジンクスも終わるときがきます。
先日までお仕事をさせて頂いていた川越のお宅の場合、宿根草類の植栽を仕上げて竣工という運びとなりましたが、この時は翌日も良い天気になってしまいました。

川越市K様邸

これは突然の手術と入院で仕事が大幅に遅れてしまい、わたしが仕上げを急いでしまった為ですが、しかしこの時も翌々日にはちゃんと雨が降ってくれました。

その後も先週末に2箇所で少々無茶な移植をしたときも翌日には大量の雨。
再び気をよくして昨日、この時期としてはかなり大胆な宿根草の移植を行いましたが、夜にはかなりまとまった雨が降ってくれました。

深谷市M様邸

まあ、そろそろ梅雨の前触れですのでこのあたりは詐欺みたいなものですが…


植栽に関する最近の話題でもう一点。

ダモンネみはらしのコッツウォルズストーン・サークル


これは、先週末にリメイクした「ダモンネみはらし」(以前のブログをご覧下さい)の、コッツウォルズーストーンによるサークル花壇ですが、この時も植え替えてヘナヘナになったカモミールが翌日の雨で復活しました。

この中央に君臨するのは別のお宅で不要となって処分を依頼された柿の木です 。

この仕事をしていますと新築のお宅でも無い限り、お庭の整備の中で不要となった樹木や宿根草の依頼を受ける事が多くなります。
かといって生き物ですし、特に傷んでいないものも多いですからわれわれも処分してしまうのは心苦しく、お客さまの思いもまた同じです。
ダモンネみはらしのYさんはそんな中、快くいろいろな植物を引き受けてくれました。
柿の木の他にも、はがした芝生や大量に増えすぎてかなりの撤去を余儀なくされたカクトラノオなどもこのガーデンで余生を送っています。
とは言うもののもちろんそれには限度もあり、秩父のわが社でもそのように引き上げた樹木のうち、例えばオリーブやシマトネリコなどの冬越しが出来ないという問題が発生しました。

で、この秩父谷から北側に抜けたところに寄居という町があるのですが、そちらに土地を買い求めてそこに植物を避難させると同時に、資材置き場を兼ねたちょっとしたガーデンを作ろうと思い立ったのが、昨年秋でした。

それが、「折原ファーム」です。
年末から年明けの集中的な作業で、ようやく見栄えが良くなってきました。

折原ファーム01

昨年の3月、遅い雪の重さで途中から折れてしまい、引き上げてきたオリーブやトキワサンサク。
弱って交換した際に引き上げたシマトネリコ。
先祖返りしてしまい斑入りで無くなった斑入りクリ。
高圧鉄塔の改修のため、植木畑の木々を整理することになった知り合いの植木屋から安く譲って貰ったブルーアイス、アメリカサイカチ・サンバースト、ウラジログミ、シルバープリペット、シラタマミズキ、サルココッカ。
焼却用の穴から救い出したドウダンツツジ。
そのどさくさで安く分けて貰ったフサアカシア、スモークツリー、ベニバスモモのベイリーズセレクトとファスティギアータ、フェイジョア、銅葉の西洋ハシバミなどなどなど…
なかなか個性的な面々が現在そこには集まっています。

折原ファーム03

折原ファーム02


不思議なものでして、これもやはり天の配剤なのでしょうか?

その造成作業の最中に数年前にお庭を手がけさせて頂いたお宅からお電話がありました。
ご主人の出張で5年間、ご家族揃ってドイツに行かれるとのこと。
これを機会に現在のお住まいを売却することになったが、綺麗にしたばかりのお庭が勿体ないので、それらの樹木を預かってもらうことはできないだろうか? 5年後に改めて新居を建てたときに、出来ればそれらを使いたいので…
とてもありがたいお話でしたが、少し前のわたしなら保管場所に苦慮して途方に暮れた事だったでしょう。

が、今のわたしには折原ファームがあるではありませんか!

管理に万全を期すというわけにはいきませんので、移植の手間だけを頂いて管理費は無料とし、その代わりもし枯らしたらごめんなさい、という条件で引き受けることにいたしました。

こうしてシャラ、ホンコンエンシス、トウネズミモチ、アベリア・ホープレイズ、ヒペリカム、ローズマリー(移植に弱いので駄目もとで、これも引っ越しました)のほか、クリスマスローズ、ヒューケラ、ホスタ、アスチルベ、タイツリソウ、リシマキア・ヌンムラリアといった宿根草たちも、こうして折原ファームの居候となりました。

折原ファーム05

昨年の寒さで遅い秋に植えた宿根草の多くが駄目になった折原ファームですが、お預かりした植物たちはすべて元気に冬を乗り切り、春を迎えました。
その他、衝動買いした宿根草や果樹の苗を仮植えし野菜畑を兼ねたキッチンガーデンも賑やかとなりました。

折原ファーム04


今日もこれから雨の予報…

水道施設がなく、資材置き場の屋根から引いた雨水タンクだけが頼りの折原ファームには時々の雨が恵みとなります。

さて、今から3軒ほど小さな植栽や植栽後のチェックにまわってきます!



よろしければ、ホームページもご覧下さい。
 http://www.yui-garden.com/





















庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

フォレストサンズ長瀞キャンプ場 事のなりゆき2

テーマ:しごと

キャンプ場のその後…

近頃は早朝や夕方の、作業が終わって人が居なくなった頃にしか行けないのですが。

主な植栽が終わって客土整形が終わった後から、慌ただしくトレーラーハウスの位置と芝のラインを出すのが、言ってみればわたしの最後の仕事でした。

芝張り ラインだし

芝張り ラインだし02

そして、芝張りの開始が5月10日でした。
雨が降ってラインが消えると、川越に向かう前の5時半頃に出掛けて行って引き直しをしたのもこのころ。
引き直すたびに微妙にラインが変わるのはご愛敬ということで…

芝張りの開始

あとは造園屋さんのみなさんにお任せして、先日出掛けていった時の様子がこれです。
緑が入ると風景に骨格が出来てなかなか良いものですね。

芝張りの終了01

芝張りの終了02

芝張りの終了03


そして、滝と池の方も完成に近づいています。

前回紹介した鉄筋によるフレーム作りのあと、

ロッキーステージ ラス網張り

並行してラス網の取付が始まりました。これが5月6日。
そうですね。みなさん(もわたしも)ゴールデンウィーク返上です。

ロッキーステージ 下地塗り

下地塗りの開始。10日。
天端のラスをめくっているのは、あとで内部にモルタルを充填するためです。

ロッキーステージ 下地の完成

仕上がった下地の様子。これが14日。

仕上げ塗り開始。16日。

ロッキーステージ 仕上げ塗りの開始

そして現在は最終の吹き付け作業が始まっています。

これは22日。
すでに2度目の吹き付けが始まっていました。

ロッキーステージ 吹きつけの開始

そして昨日の夕方。
雨で中断したようですが、かなり質感が出て来ました。

ロッキーステージ 吹き付け02

この岩の割れや欠けもすべて手仕事の為せる技。
うーん。その工程を見損なったのは残念でした。

ロッキーステージ 吹き付け01

その昨日、開発許可がらみの検査も無事終了。
これだけの緑化です。喜んでもらいこそすれ、文句を言われる事はないと信じておりましたが…

この後キャンプ場はトレーラーハウスの引き込み、ウッドデッキの製作と最後の工程に入っていき、わたしも今週末には最後の小物の植栽に乗り込む予定でいます。



よろしければ、ホームページもご覧下さい。
 http://www.yui-garden.com/





























さてと

テーマ:思い
昨年と同じ状況に陥りつつあると分かり、とりあえずここでいったん今日の仕事は中断。
と言ってもそろそろ眠っておいた方が良さそうな時間ですね。

案の定、4月18日の退院以降、ずっと休みが取れておらず、この先もしばらく休む見通しが立たずにいます。

キャンプ場、川越の現場への復帰、続けて行田の現場の着工…だけなら何と言うことも無かったのですが、溜めてしまった細かなメンテナンスや単発の仕事を合間にこなして、設計・見積もりの仕事を夜間に片付けていくうちに、睡眠時間が徐々に減り、またしてもブログの管理ページを開く時間が持てなくなってしまいました。

ブログの更新が無いと、本当にいろいろな方が心配して下さり、また体調を崩したのではないかとのメールを幾度も頂きました。

昨年のこともあり無理をしたくは無いのですが、毎日のように頂く新しいお仕事の話は、どれもわたしを頼って下さる内容のものばかり…
ブログでわたしの様子を知り、連絡を差し控えて下さるクライアントの方もいて下さり、ありがたいやら情けないやら…
それでも、そうした皆さんに支えられていることが分かれば、ますます何とかしなくてはならないと思う毎日です。

私生活でもこの春から娘の中学でPTA会長を仰せつかることになり、ここしばらく週に数日の夜はそれに費やされておりますが、それとてこのようなわたしを期待して下さる方たちが居てのこと。いい加減な気持ちでは務められません。
まして、被災地では学校教育の場に大きな打撃を受けており、PTA活動の中で子供たちに直接届く形での継続的で息の長い支援が求められています。この一年のPTA活動ではそうした活動も模索していかなければならず、ただ慣習的な業務を片付けてやり過ごせばよいという気にはなれません。近々近隣のPTAとも連携をとって最初の義援金のまた次の支援活動を検討しなくてはならないと思っているところです。

ゴールデンウィーク以前にご依頼を受けた設計すらまだ手つかずで居るのに、何を生意気なことを…とは、まず最初に自分自身が問いかけなければならないところですが、しかし、それでも今回は、強く心に期すところがあります。

ブログも続ける、仕事も受け続ける、そして誠心誠意素敵な庭を作り続ける、PTA活動や地域活動も前向きに取り組む、しかし決して身体を壊さない…もう二度とみなさんにご心配はかけない。

もとより設計と施工とマネージメントを一人ですべてこなすことに無理があるのだと、そう助言して下さる方もいらっしゃいます。しごく当然でまともなお言葉です。
が、これだけわがままでやりたい放題の仕事に家族以外の誰かを巻き込むのは犯罪的ですし、そもそもそれに見合うお給料を払う自信がありません。そうした経費の負担を、お客さまに振り向けるわけにはいかないという思いから、この仕事をスタートしてしまったものですから…
うん。
しかし、どこかに根本的で致命的でそれでも修復可能な問題があるのかも知れません。
この先、その課題についても仕事の合間に検討していくことにしましょう。

と言うわけで(文脈があまり繋がっていませんが)、いまだ元気で意気盛んです。
そろそろブログ中断が3週に及びそうなことに気付き、取り留めのないことを書いてしまいました。
次はも少し肩の力を抜きますので、よろしくお願いします!




1  |  2    次>    

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2011/05      >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

最近のトラックバック

プロフィール

cozy

向井康治

ガーデン工房 結 -YUI-は、埼玉を起点に植物を中心に据えたガーデンデザインと設計・施工を仕事とする会社です。
ただし、面白い仕事であれば時には利益も距離感覚も忘れ去る脳天気ぶり。
だから、この仕事にはいつも様々な出会いがあります。人、植物、もの、本、言葉、音楽…。

結 -YUI- はネットワークです。
それは多彩な技術や知識を持った人々が持てる力を共有し合うこと。
人と自然界の美とが満を持して出会うこと。

わたしが文芸、農業、インド、土木、外構、アウトドアと巡ってきた先の到達点は、おそらくそれらみんなの要素を遺憾なく結集することのできる、小宇宙 「ガーデン」でした。

ガーデンデザイナーとして、ガーデナーとして、これまでの、そしてこれから先の「出会い」を余すことなくお伝え出来ればと思います。

ガーデン工房 結 -YUI- のホームページ

フリースペース


ガーデン工房 結 -YUI- オリジナル・ホームページ

ガーデン工房 結 -YUI- オリジナル・ホームページ


RGCのガーデン工房 結 -YUI-

RGCサイトのガーデン工房 結 -YUI-



収穫の季節

「収穫の季節」~詩と小説とエッセイのページです。