yamasoブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。
外構・エクステリア工事、ガーデンリフォーム工事のことでしたら
なんでも承っておりますので、お気軽にご相談ください。

●●●情報の質が違う!!中身のあるyamasoのホームページはコチラ●●●


~これから外構工事をお考えのお客様へ~
工事を終えたお客様からのアドバイスを含む、【お客様の声動画】 好評掲載中です♪

傾斜地を広げる その1

テーマ:外構について
会社へのお問い合わせに、傾斜地を広げるとHPに書いてあるんですけど・・・。

というのがよくあります。

ここ横浜では坂道の起伏が激しく、平らなところが少ないです。

間知石などで壁が造成された場合は、1mの高低差で30センチ以上広げられることになります。

広げ方としまして、

① コンクリート擁壁
② 鉄骨柱組  床コンクリート
③ アルミ柱組  床デッキ

の大まかに③パターンあります。

2m以上のコンクリート擁壁となりますと、役所への届出が必要となります。

2m以下であれば既存壁にアンカーを打ち込み上部で受けるなどとベースを最小限に

既存壁を部分的に壊し・補強することにて作成はできます。

2mを超える場合は既存の擁壁を解体して、ベース(床底板コンクリート)を作成する必要があり

横浜市標準にて、高さ2mでベース幅1.8m。高さ3mで3.1m。高さ4mで3.5m必要となり、

それに伴い、掘削した土が置けるのか、全て搬出するのかにより工事金額がかなり変動します。

また、山留めも必要となりますので、2mの高さで10mの擁壁を作る場合でも、

現場状況により100万~200万と大きく変動します。

作成する場合は

① 高低差 ② 長さ ③ 擁壁から建物までの距離 ④ 4t車が通行可能か?
⑤ 既存の解体は必要か? ⑥ 隣地・道路境界は確定しているか?

などの事項を確認していただけるとわかりやすいと思います。

簡単な説明ですので詳しくはお問い合わせください。


次回は ”高低差4mでも鉄骨で作れば届出不用?”  です。お楽しみに。
庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.niwablo.jp/exterior-planner/trackback/3137

フリースペース

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2022/08      >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

ブログランキング

総合ランキング
93位 / 2471人中 up
ジャンルランキング
54位 / 667人中 up
日記・ブログ

HTMLページへのリンク

プロフィール

レインボーローズセット

横浜でエクステリアのyamaso

エンドユーザー様からのご依頼が全体の90%以上を占めております。
昭和41年創業。45年目の会社です。
エクステリア専門店よりも総合外構工事業の弊社はいかがですか?
エクステリアのリフォーム。新築外構はもちろんのこと、擁壁や道路。ガーデンルームムなど、家の外回りのことで、どこに頼めばよいのかわからない方。一度お問い合わせください。
設計事務所登録もしていますので、擁壁の申請~施工までも行います。
プランニングも洋風、和風。植栽もお任せください。自由な発想と、手堅い施工。専門用語をわかりやすく説明することでお客様に信頼を得ております。
山創建設株式会社
横浜市港南区芹が谷1-26-10
TEL 045-820-5185
E.MAIL:info@yamaso.net
http://www.yamaso.net/
代表取締役  山口 隆
業務内容
3D CADを使用した外構設計~外構工事
一般住宅リフォーム・新築工事
擁壁工事
エクステリアに関するコンサルティング業務

http://www.yamaso.net/

yamasoのホームページ

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧