信州信濃の里から、クリスマスローズ、クレマチス、バラを中心に山野草まで植物の、楽しみ発信。
自分流の手作り感覚のブログです。
各地の花情報も、お寄せくださ~いv^^v

原種シクラメンの魅力

テーマ:原種シクラメン
10月から年末年始にかけて、大量販売されている『シクラメン』。いろいろな花の色を楽しませてくれています。最近では・・・いい香りのあるシクラメンも・・・^^花は良いですねv(^^)v

しかし・・・次の年咲かせるとなると、なかなか大変です。あのシクラメンを毎年咲かせられる方は、栽培の上級者と思っても良いかもしれませんね。
なぜ咲かないんだろー・・・調べてみると、シクラメンの中にはいろんな種類があって、その中の『コウム』という種類だそうです。このシクラメンを年末年始に向けて、たくさんの花を咲かせるように・・・いわゆるメタボリック状態にしているそうです。豪華でないと、売れないんですね。体力を使い果たしたシクラメンは、翌年なかなか花をつけないようです。

長~くなりましたが・・・こちらは、おすすめ、ちっちゃい原種シクラメンの
プルプラセンス

『プルプラセンス』です。原種の中で香りが有るシクラメンは、この種類です。

そして・・・こちらは・・・
ヘデリフォリウム

『ヘデリフォリウム』です。繁殖力がすごく大株になります。
ヘデリフォリウム2

花が終わると種を付け、種を守るように種の先端から根元へ向けて、コイル状に巻いて株下で種繁殖します。生きているっていう感じがします。おもしろいですね~

シクラメンには、大きな『シクラメン』や、『ガーデンシクラメン』の他に・・・・『原種シクラメン』が有ります。庭の片隅に・・・かわいいという存在感が有ると思いますv(^^)v


庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

コメント

  1. 2010/01/17 15:01
    庭に原種のシクラメンがあり、毎年花を咲かせます
    大きな球根のわりに小さな花
    シクラメンの種は見たことがありません
    球根だとばかり思っていました。
  2. 2010/01/17 17:00
    謎が解けました~、シクラメン。なんで毎年咲かないんだろ?と自信を失っていましたが、メタボが原因だったとは…。地植えのガーデンシクラメンは毎年咲いてくれるので、水遣りが下手なんだと思ってました。ところで原種のシクラメンって、少々お値段が張りますよね…。山野草的な扱いなんでしょうか??
  3. 2010/01/17 18:06
    toledoさま:こんばんは~^^
    原種シクラメンと間違われるタイプがガーデンシクラメンです。私も家の原種シクラメン見に来てよ・・・と言われ、行ってみたらガーデンシクラメンでした。ガーデンシクラメンは、種がコイル状に株下まで巻かれないので、判別出来ると思います。
    シクラメンは・・・種が球根になります。チュウリップも種が球根になりますよね。今年、チュウリップの種をはじめて蒔きました。ど~なるやら^^

  4. 2010/01/17 18:23
    tomboさん:こんばんは~^^
    tomboさんが悪いんじゃないんです。毎年シクラメンを買ってもらいたい・・・そんな生産者の考えもあると思います。原種シクラメンは、そう高価ではないと思います。
    クリスマスローズの生産者で、若いんですが・・・第一人者と言われる、横山ナーセリーさん(趣味の園芸でもおなじみ)も取り組んでいますよ^^
    原種シクラメン・・・かわいい花として、庭植えで気楽に楽しめますよv(^^v

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.niwablo.jp/hanamakedo/trackback/39180

プロフィール

さとちゃん

信州信濃の里で、クリスマスローズに夢中ですが、いろいろな花に囲まれて、その花たちの生かされている意味を感じたい青年。いや!中年かも・・・です。(笑)
そして・・・DIYも頑張ってます。

このブログの読者