地下室内部建設 その3

テーマ:地下室の作り方

 本日の作業は、地下室内部での作業性・居住性(住むわけでは無いけど)向上のため、木工事を実施しました。

 地下室内部で木工事するにあたり、昨日に、雨水が進入しないようにするため、煉瓦で周囲より一段高くなるように配置しました。

tikasitu-naibu03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、床部分にスノコ状の床を作るための基礎を作るために、宅用基礎パッキンを半分に切った物に、モルタルで固定していました。

 その固まった基礎に、防腐塗料(透明)を塗った2×4木材を並べます。これを根太にします。

tikasitu-naibu04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次にワンバイ材を敷いていきます。tikasitu-naibu05

 ネジ位置が直線的になるように、2×4の根太の両サイドに水糸を張って、その下にネジ穴を空ければ直線になります。また、ワンバイ材の幅が名刺と殆ど同じ幅であるから、要らない名詞に釘穴の位置を記入しておけば、簡単にネジ穴位置がでます。

 板と板の間隔は、写真中央の紫色の3mmアクリル板(工作の残り)を挟んで等間隔になるようにしました。

 

 

tikasitu-naibu06 全てのワンバイ材の固定が終われば地下室の床の完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 次はサツマイモ等の保管棚の作成に入ります。tikasitu-naibu07

 こちらもワンバイ材と2×4木材でスノコ状の棚を作りました。

 こちらの大きさは、横幅2.12m、奥行き45cmで、棚の間隔37cmの3段です。芋の収納には、ダイソー(100円ショップ?)で売っている315円の買い物用のカゴで収納しますので、中途半端な37cmになりました。収納可能なカゴの数は最大15個+棚下の床置きで5個の計20個です。芋の重さにすると300kg~400kg位収納する計算です。(棚の強度は大丈夫か?)各棚には私が乗って確かめましたが全体では未知数です。

 棚の柱は棚の荷重を支えるため、2×4の柱に合わせれ4×4の柱と同じ大きさにして、棚の荷重を支えています。

 柱は天井ギリギリまで伸ばしています。理由は、地震が発生した際に棚が転倒しないようにです。

 

 棚に付いている時計みたいなものは、温湿度計です。初めて湿度を測定しましたが、外気温が24度の状態で、気温20度・湿度90%以上でした。

 気温は階段室と貯蔵庫の分離する壁がまだ未設置なため正確には不明ですが、湿度に関しては理想的な状態です。

 生活する居室として使用する場合は、最悪ですが、芋の貯蔵にはバッチリの状態です。あとは、年間を通して10度~20度位を維持できれば最高ですね。

 

 本日は是にて作業終了。次回は階段室との分離壁の作成と階段の設置です。

庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

地下室内部建設 その2

テーマ:地下室の作り方

 今度は、地下室内部を明るくするため、ペンキ塗りをしました。

 まず、地下室内部に塗る防水塗料(アサヒペン)の密着強化のため、専用の油性シーラーを塗る必要がありました。ただ、油性シーラーにはシンナーが含まれているため、地下と言う密閉空間では、シンナーガスが滞留するため、サーキュレーターで排出を試み、作業を開始しましたが、やっぱり駄目でした。目が痛くなり、呼吸もきつくなったため、一旦作業を中断しました。呼吸器(消防職員が担いでいるもの)でもあれば問題は解決できるのですが、今回はそうはいかないため、水中ゴーグルを着装し、呼吸は水道の散水ホースを口で咥えて、吸気はホース内の空気を吸い、排気は鼻から出して、即席のエアライン拵えました。ちょっと無茶がありますが、この方法で今回のシーラー塗りは何とか切り抜け、乾燥するまで風呂に入って休憩していましたが、嫁さんいわく、数時間は匂いが取れてなかったみたいです。シンナーは脂溶性があるため、皮膚内の油分にでも溶け込んでたのかもしれませんね。

 3時間後に確認すると、サーキュレーターのお陰、乾燥し、匂いもほとんど無くなっていたため、上塗りに入りました。上塗りの塗料は水性であるため、気兼ねなく作業ができ、夜に更に2回目の上塗りまでしました。

 空間が白くなると、少しだけ広くなった感じがします。

 

tikasitu-naibu02

地下室内部建設

テーマ:地下室の作り方

 本日は、久々のDIY作業をしました。
 サツマイモ・里芋の収穫、ジャガイモの植え付け作業、玉ねぎの苗を作るための種まき等していたため、DIYはお久しぶりの状態です。
 仕事内容は、地下室の内部に収穫したサツマイモや里芋を収納するための棚などを製作するために、下準備を開始しました。
 本日は、地下室内部を清掃し、地下室を階段スペースと収納庫スペースに分ける壁用の基礎を10cmのコンクリートブロックを並べました。このブロックを基礎に分離壁・扉を2×4木材と断熱材等で製作します。

 本日は、掃除、ブロック並べで終わりました。(写真は、ペンキ塗りの前に撮影しました。)
tikasitu-naibu01