このブログで説明内容は、日曜大工(DIY)で様々な構造物を作る参考になればと思い追加しています。一般的なブログの意味からは悦脱してるでしょうし、一般的な日曜大工で作る小さな家具やその他の物と違い、大きな工事が多いでしょう。

 「池の作り方」は、今年(H22)の2月ごろから製作開始し、5月には完成しました。
 「地下室の作り方」は約3年前(H18)の冬から製作開始し、H21年2月頃に完成しました。
 「DIYの小屋作り」は、H23年5月から工事をしはじめました。
 
 これからDIYで安く、庭に大きな構造物を作ってみようと思う皆様の参考になればと思い、公開していこうと思います。

 質問等は、コメントにアップしていただけたら、私の解釈の範疇ですが、回答したいと思います。

小屋の木工事(4)

テーマ:DIYの小屋作り

 本日の作業は、最後のに残されていた面(山側)の壁用の下地作成をしました。

 作業は、前回・前々回等と同じでしたので、割愛します。

 壁の下地を4面全て作っただけで小屋の揺れは少なくなりましたが、筋交いと、筋交い代わりになる耐力壁が無いため、まだ少しは揺れます。構造用合板を壁に張ったら、揺れなくなるはずです。

 揺れが少なくなったため、屋根の両サイド(一番端)のたる木を配置作業が可能になり、たる木全ての配置が完了しました。

 その後、小屋裏部分をロフト(工具収納スペース)として使用するため、「小屋梁」兼「小屋根太」の配置をしました。この梁にもひねり金物で固定させました。

 ちなみに、ロフトとして作った場合、小屋延べ面積にカウントされませんが、高さが1.4m未満でないとロフトでなく部屋とカウントされ、結果延べ面積が増えてしまいます。今回製作している小屋は一階部分が9平米弱、ロフトが5平米弱ですので、もし1.4m以上になってしまうと、10平米未満の建築申請不要な条件に違反してしまいますので、一番高い所(下地状態)で1.35mの高さになっています。これに合板・床材が入るため、1.3m位になります。

左の写真が本日の状態です。

次回の作業で小屋裏部分の壁枠作成と、屋根の合板を貼る予定です。

 屋根の合板貼りは、嫁さん希望で曲線になっているため、片面貼ったら、手引鋸等で屋根頂上をカットしないといけませんので、悩みの種です。しかも、屋根角度が40度位はあるでしょうから、作業も困難になる事が予想されます。

 

本日購入した商品は、
1×4×12フィート・・・・・630円×6個(屋根作成後使用します。)
2×4×6フィート・・・・・・280円×8本
2×4×10フィート・・・・498円×7本
2×4×14フィート・・・798円×7本(在庫不足で長い商品を購入)

今回購入分は15,092円で、今回までの合計160,370円となりました。

庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.niwablo.jp/ryuusuiike001/trackback/98125