1  |  2  |  3    次>    

ヨーロッパのお庭管理

テーマ:ブログ

先日、オランダの前庭をアップした際にシルフガーデンさんからいただいたコメントが、とても奥の深いものでしたので、改めて今回書かせて頂きます。

盆栽の発祥は中国とかいわれてますけれども(実際はきちんと調べていないので私は確信を持って何もいえないので)、庭の木のスタイルをあそこまで素晴らしく保ってくださる技術とか、そういうものを持っていらっしゃる職人は日本ならではと思います。

ここでせっかく日本らしい庭園を設計しても、それに見合う樹木を探す事が、ヨーロッパでは信じられないくらい至難の技。第一のハードルはデザインでなく、木を探す事っていうくらい。。

せっかく素晴らしい木を探しても、そこに私が立ち会わなければ、木を植える方向とか角度、、そういう事を考慮するプロのガーデナーはいません。。(今のところ私は出会っていない)

じゃあ、オランダのガーデナー(庭師)さんは何やっているんだろうということになると。。

オランダ人、ヨーロッパ人はお家にお金かけますから、引っ越ししたり、リフォームとなるとお庭にお金をかける方がとても多いです。そんな人から、全く新しくガーデンをリフォームしたり、日々の管理である、芝刈り、雑草を抜く、季節の花に花壇を入れ替える。。今の時期は枯れ葉掃除。といった程度。(時給がだいたい5千円$袋

でも彼らのほとんどが、庭園職業訓練学校(高校の一つ)を卒業していて、花の名前や木の性質、土質の見分け方、池の作り方、とても詳しいんです。。

でもね、日本の修行っていうか奉公っていうか、、、そういう形で学んでいない違いが出るんですよね。。

例えば、、掃除一つ。。石の組かた。。あのニュアンスがかけてるっていうか、、、こういうの決定的/エーン(女の子)

 ああああああ、親方が存在しないカルチャーなんだああ、、ファミリーのスタイルが受け継がれていないっていうか。。と思うっていうか、絶望的っていうか。、、受け入れざるを得ないというか

 そういうことしばしば。。汗

そんな中で、日本庭園を紹介するって結構大変なのですよ。。。本当に。

私はこれまで、夫のお陰で多くの国で暮らす機会を持てていますが、日本はとても素晴らしい国だと実感してます。海外の大使や大臣の人に、「日本人とは思えないねえ」なんて良く言われちゃうくらい外国っぽいそうな。。私ですが、100%日本人であることを心から誇りに思って生活してます。

外国の文化に惹かれる若い人も多いけれど、日本って本当に素晴らしい国です!いろいろあるけれど、いろいろ無い国なんて、、ほぼ存在しませんよね。

日本人に産まれて本当に幸せ。お寿司もラーメンも大好きですし。。

 今日、オランダは今年の冬初めての雪が降りました。スノーマン1

 

美沙希 

 

 

 

 

 

庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

ヨーロッパの鉢や小物

テーマ:ブログ

東京に持っている会社がお取り引きしているメーカーの一つに陶器の会社があります。

 素敵でしょ?

そろそろ商品を動かしたいところですが、私が扱っているのは、食器のみ。

でもこの会社のメインは鉢なんです。

 室内用の鉢、とても良く売れているようです。

 お庭のアクセントになる小物達

フランスやイギリスでもとても売れている素敵な鉢達で、私はこの鉢を輸入してご紹介できない事をとても残念に思っています。 いくつか、あったったのですが、東京ではガーデニング楽しむ人少ないからなあと、皆さん、とても良いとおっしゃってくださるのですが、未だに輸入に踏み切れていません。オランダは花が国の主要産業なので、植物の鉢の会社存在しているのはとても自然なことなんですよ。

ファミリーで経営していらして、とても感じのいいセールスの人ですし、なんとか日本で紹介したいのですが、どなたかご興味ないでしょうか?

商品数がとても多いのです、モダンなものから、カントリー調、お城のお庭にあるような鉢まで全て扱ってます。ご興味ある方はカタログサイトを送りますので、おっしゃってくださいね。

陶器なので、輸入するとなると、船便のみなので、まとまった数の出荷が必要になるのですが。。。 

 

今日は1日コーラスのコンペ

テーマ:オランダ事情

朝9時に私が住む町をコーラスのメンバーと貸し切りバスで出発し、1日が歌のコンペでした。

会場となったのはアーネムと言う街。若い方には判らないかもしれないのだけれど昔「遅すぎた橋」という映画があって、そのモデルとなった街です。何が遅かったかというと、第二次大戦でナチスドイツ軍に襲われてしまい、橋へ着くまでの援護が遅かったので街にナチスが入って来てしまい、街が崩壊されちゃうという暗いお話です。

そんな歴史を乗り越え今も存在するmusic sacrum という建物で行われました。アールデコスタイルの素晴らしいコンサートホールです。

 

これは入り口脇のバルコニー席への階段

 控え室へ向かうところ、ライトが素敵でしょ。

決勝の結果発表の場面

ミュージカルを専門にやっている11人組の混声グループがグランプリに。とても素敵でした。ヨーロッパって開けているっていうか、私が優勝したコーラスのメンバーに「とっても素敵だったわ!おめでとう!』と声をかけたら、「ありがとう!!』とキッス。 

9つのカテゴリで一番になったコーラスが競い合う1日でしたが、皆さんプロ。私のコーラスは混声の大人数のコーラスというカテゴリーでしたので、出来が違う。。

とはいえ、夫に子供二人を預け、1日コーラスを堪能できた楽しい1日でした。

ところで、日本のコーラスと欧米のおおきな違いは衣装です。日本のコーラスって必ず、衣装を用意してお金かけてますよね。あれって欧米じゃあ、あり得ない。衣装のコードを決めて、後は個人の選択。例えば、今日2等をとった女性コーラスの場合は黒い衣装に何かピンク一色。決まりはそれだけ。

それから日本は指揮者がとても威張っている感じ、これもあり得ない。コーラスのメンバーも指揮者にどんどん意見を言います。皆で作っている音楽なんですよね。

 疲れたけれど、主婦にとっては貴重なエキサイトな1日でした!

大きなコンクールでしたが、アジア人は私だけでした。日本人も、もちろん私だけ。ふと目にすると、舞台にはヤマハのグランドピアノが置かれていて、made in Japan。これを目にした時、思わず「私もよ♡」ととても親近感覚え、リラックスして歌う事ができました。 

美沙希 

 

 

 

 

 

 

オランダの典型的な前庭

テーマ:お庭情報

ブログを始めた時は、オランダのお庭をたくさん載せたいなと思ったのですが、いざお写真取ろうと思うと、タイミングを失ったりして、アップできずにいました。

盗み撮りっぽいので何だか。。もっと割り切ってお写真取るようにせねば。

オランダに限らず、ヨーロッパでは隣の家と壁がくっついた、所謂日本の長屋スタイルが最もポピュラーと思われます。 

 そんなお家の前は、基本的にオープン、壁で仕切るということはまずありません。壁があっても高さ50〜60cmくらいかな。

お写真みて寒そうな感じが伝わりましたか?

 

このお庭は施工されたばかりの初々しさが溢れていてなんだか好感が持てました。隣にさりげなくバギーを押す主人の後ろ姿が。。

 

 

 プーさんの看板には子供が産まれました!とのお知らせ、産まれたお子さんの名前が書かれています。その隣は窓に「売り出し中」の表示

次回からはもっと見やすいお写真撮るように心がけますね。

美沙希 

ちょっと宣伝兼ねて、、

実は東京に拠点を置く、雑貨を輸入する会社を経営してます。

主婦らしい発想で1年前友人と二人で立ち上げました。

儲けを確立するのは大変なのですが、それでも、プラザや東急ハンズ、今月からはバーニーズといったお店にぬいぐるみやパーティーグッズを卸しています。

今回は2点ご紹介させてくださいね。(うわ、庭ブロでセールスなんて。。ごめんなさい。) 

海外のセレブにはとても人気のドンキーバッグ。持ち歩ける縫いぐるみです。日本ではプラザスタイル社(昔のソニプラ)にオンラインとお店で扱ってもらっていますけれど、それほど売れていないのはどうしてなのかなあ。本当にかわいいんですけれど。

バイヤーの方が一目惚れで仕入れてくれたんだけれど。。消費者のテイストって難しい。

これはおおきなお写真ですが、実際はマスコットです。売る時に、プロフィールをつけてくださいと言われ、(3種類の女の子のデザイン展開なので)、若い学生さんにご意見聞いたら、「パフュームっぽい』。。

パフュームって何?海外生活が長い私は、芸能関係にとても弱い。調べたら3人組のかわいい女の子の歌手。

さておき、我が社のセールス担当が、このマスコット売り込んでいたら、そこに!なんと!パフュームの事務所の人がいらして、彼女達の手に渡ったという報告をうけました。これって凄いことらしいですね。私にはそのすごさが判らないのですが。。

私の会社が販売権を取っているのはいくつかあるのですが、今日ご紹介した商品はハッピーホース社のものです。

何処かで見かけたら、応援してくださいね。

 

 

 

 

1  |  2  |  3    次>    

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2010/11      >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4

ブログランキング

総合ランキング
86位 / 2471人中 up
ジャンルランキング
52位 / 667人中 up
日記・ブログ

フリースペース

HTMLページへのリンク