8月のお庭

テーマ:お庭ネタ。
もう8月は終わりですょ。
夏らしぃ夏もなく、9月になっちゃいますね。


そこで、またもや予定を変更し、8月の花壇のお手入れについて☆
って、ちょっと遅いかもしれませんがww


そんな予定変更魔の私ゎ、徳島市川内町でエクステリア・ガーデンの設計・施工を営む

株式会社 創建のホームページ管理者もどきですぅ。



暑い夏も盛りを過ぎましたね。
無事に夏を越えた植物たちのお手入れ方法が気になる季節です。


茎が長く徒長してしまった株は、8月中に切り戻すとわき芽が伸びて、
秋にまた花が楽しめます。

切り戻す時は、枝の1/3くらいを残して、節やわき芽が見える上部で切ります。

切り戻した時は、暖効性のマグァンプ
マグァンプ01

マグァンプ02
などの固形肥料を根元に撒いて、夏の株の疲れを回復しておくと
秋遅くまで勢いよく育ちます!

アメリカンブルー
アメリカンブルー

バーベナ
バーベナ

など、切った枝を挿し木すれば割合簡単に根がついて、
小さな株の花も楽しめます♪

我が家(実家)ではアメリカンブルーの切った枝を小さなガラスの器にまとめて入れて
お水を入れているだけで、根が出て来てお花が咲いてます♪


少し遅くなってしまいましたが…常緑樹の剪定も可能な時期です!
落葉樹は、落葉後に剪定を行いますので、この時期は伸び過ぎた枝を
切り取るだけにして下さい。


-バラの剪定-
バラ

四季咲きのバラは、花後なるべく早く花がらを切り除きます。
新しく伸びたシュート(枝)は夏の終わりに枝先を摘む程度にします。
バラの夏の剪定はバラ栽培にとって大切な作業ですので、
欠かさず行いましょう!!


-水遣り-

秋も植物の成長はとても旺盛な時期です。
しっかりと水やりをして、株を丈夫に育てましょう☆
夏花壇の花を長持ちさせて、冬の花の植え付け時期を
11月以降の遅めに出来れば、次の冬の花壇がしっかりしたものになります!

※早く冬の植物を植えつけると、伸び過ぎたり・病気が出たりする事があるので、
  11月以降の植替えがお勧めです!!


以上、8月の最後となってしまってからの8月のお手入れについてでしたが、
是非、是非お試し下さい♪
では、また!!
庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

コメント

  1. 2009/09/05 05:34
    待ってましたぁ~
    淡ちゃんコラム♪ ←勝手に命名w

    そろそろ秋を感じる気温になったらしいねぇ
    羨ましい限りです

    アメリカンブルー本当によく育つよね☆
    あのキッチン育ち達を土に植えてやると
    室内なら冬でも観賞できるのかしら?
    このまま水栽培でも大丈夫だったりする?

    試して冬場に写真をUPできるかも??

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.niwablo.jp/soken/trackback/25291

プロフィール

hibiki

娘であり、ホームページの新米管理者やっております☆
創建は四国の徳島でエクステリア業を行ってますが、私は東京で管理者として、また、10年以上CADに携わって来た経験を生かして、図面作成サービスのお仕事を頑張ってます♪
どうぞ、宜しくお願いします!!

図面サービスのご依頼は…

Design Lab
+ デザインラボ + (東京)
design.lab12@gmail.com
までお問い合わせ下さい☆

株式会社 創建(徳島県)
http://www.soken-ex.com
↓↓↓↓↓↓↓

株式会社 創建HP

カレンダー

<<      2019/06      >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

最近の記事一覧

ブログランキング

総合ランキング
135位 / 2476人中 up
ジャンルランキング
82位 / 667人中 up
日記・ブログ