日出国(ひいずるくに)の憂鬱

テーマ:お勉強
こんばんは^^

今の今まで図面と見積もりを作っていました(汗
何とか目途が付いたので一息を兼ねて、これを書いています。

久しぶりに一週間も放置プレイしていたので、
腐りかけのブログが腐っているんじゃないかと、少々不安になってました…

さて、いきなり話がぶっ飛びますが、
最近、金プラチナ相場がまた上がり調子になってきた感じです。

概ねこの相場は1ヶ月半から2ヶ月周期くらいで、
上がり下がりを繰り返してるんですが、先週あたりで下げ止まった感じになって、
今週明け辺りからまた上がり始めました。

ただ、上がり始めたと言っても、10月初め頃のような爆上がりにはならないと
僕は感じています。いわゆる年末相場なんじゃないかなと。

株価や円相場もそれとなく毎日気にしてますが、金相場も目を通してます。
10代からやってる日々の日課みたいなもんですね。
最初は本当に興味本位でしたが、今となっては仕事にバッチリ活かされています。

何事もチャレンジしておくべきだと、今更ながら肌身に感じてます。


ところで、せっかく経済っぽい話を書いたので、ちょいと僕っぽい経済の話を。。。

僕の好きなアニメに、【 涼宮ハルヒの憂鬱 】 というのがあります。
皆さんも一度は耳にした事があるんじゃないでしょうか?
作品を見た事はないでしょうけど・・・

このアニメ、元はラノベでして、もう何年も前にアニメ化されたんですが、
未だに根強い人気を誇っています。(僕も時々見ています。)

で、このアニメ、実は日本だけでなく海外でも有名なんです!
ヒットした要因の一つとして、主題歌のダンスがあります。
アニメのエンディングで流れたのが切欠で、やたらと流行りました。

要は、オタクと呼ばれる方々が、それをこぞって真似し始めたって訳です。
もちろん、発端は日本です。日本国内だけでも、それはそれは凄くって
この現象は、当時オタクではない人達も真似していたくらいです。

ブームみたいなものなので、今はもうどこ吹く風ですけどね。

そして、この現象は当然の様に海外にも飛び火しました。
ブームがどのくらいの広がりを見せたかと言うと・・・
まぁ、せっかくなので実際に見てましょう!百聞は一見にしかずです(^_-)-☆

☆☆☆ここをクリックすると動画が見れます【音量注意!!】☆☆☆


ご覧頂きましたか?素人さんのダンスを流してるだけなので、
ちょっぴりこっ恥ずかしい感じになったかと思います・・・

ただ、ここで注目して欲しいのは、ダンスをしている国の数と範囲です。


Algeria(アルジェリア)
Angola(アンゴラ)
Benin(ベニン)
Botswana(ボツワナ)
Burkina Faso(ブルキナ・ファソ)
Burundi(ブルンジ)
Cameroon(カメルーン)
Cape Verde(カボベルデ)
Central African Republic(中央アフリカ共和国)
Chad(チャド)
Comoros(コモロ)
Congo(コンゴ共和国)
Côte d'Ivoire(コートジボワール)
Democratic Republic of Congo(コンゴ民主共和国)
Djibouti (ジブチ)
Egypt(エジプト)
Equatorial Guinea(赤道ギニア)
Eritrea(エリトリア)
Ethiopia(エチオピア)
Gabon(ガボン)
Gambia(ガンビア)
Ghana(ガーナ)
Guinea(ギニア)
Guinea-Bissau(ギニア・ビサウ)
Kenya(ケニヤ)
Lesotho(レソト)
Liberia(リベリア)
Libya(社会主義人民リビア・アラブ国)
Madagascar(マダガスカル)
Malawi(マラウィ)
Mali(マリ)
Mauritania(モーリタニア)
Mauritius(モーリシャス)
Morocco(モロッコ)
Mozambique(モザンビーク)
Namibia(ナミビア)
Niger(ニジェール)
Nigeria(ナイジェリア)
Rwanda(ルワンダ)
Sao Tome and Principe(サントーメ・プリンシペ)
Senegal(セネガル)
Seychelles(セーシェル)
Sierra Leone(シエラレオネ)
Somalia(ソマリア)
South Africa(南アフリカ)
Sudan(スーダン)
Swaziland(スワジランド)
Tanzania, United Republic of(タンザニア)
Togo(トーゴ)
Tunisia(チュニジア)
Uganda(ウガンダ)
Zambia(ザンビア)
Zimbabwe(ジンバブエ)

Afghanistan(アフガニスタン)
Armenia(アルメニア)
Azerbaijan(アゼルバイジャン)
Bahrain(バーレーン)
Bangladesh(バングラディシュ)
Bhutan(ブータン)
Brunei Darussalam(ブルネイ・ダルサラーム)
Cambodia(カンボジア)
China(中華人民共和国)
Cyprus(キプロス)
Georgia(グルジア)
India(インド)
Indonesia(インドネシア)
Iran(イラン)
Iraq(イラク)
Israel(イスラエル)
Japan(日本)
Jordan(ヨルダン)
Kazakhstan(カザフスタン)
Korea, Democratic People's Republic of(朝鮮民主主義人民共和国)
Korea, Republic of (大韓民国)
Kuwait(クウェート)
Kyrgyzstan(キルギスタン)
Lao People's Democratic Republic(ラオス)
Lebanon(レバノン)
Malaysia(マレーシア)
Maldives(モルジブ)
Mongolia(モンゴル)
Myanmar(ミャンマー)
Nepal(ネパール)
Oman(オマーン)
Pakistan(パキスタン)
Philippines(フィリピン)
Qatar(カタール)
Saudi Arabia(サウジアラビア)
Singapore(シンガポール)
Sri Lanka (スリランカ)
Syria(シリア)
Tajikistan(タジキスタン)
Thailand(タイ)
Timor Leste(東ティモール)
Turkey(トルコ)
Turkmenistan(トルクメニスタン)
United Arab Emirates(アラブ首長国連邦)
Uzbekistan(ウズベキスタン)
Viet Nam(ベトナム)
Yemen(イエメン)

Australia(オーストラリア)
Fiji(フィジー)
Kiribati(キリバス)
Marshall Islands(マーシャル諸島)
Micronesia, Federated States of(ミクロネシア連邦)
Nauru(ナウル)
New Zealand(ニュージーランド)
Palau(パラオ)
Papua New Guinea(パプア・ニューギニア)
Samoa(サモア)
Solomon Islands(ソロモン諸島)
Tonga(トンガ)
Tuvalu(ツバル)
Vanuatu(バヌアツ)

ゼェゼェ(>Д<;;)
とまぁ、こんだけの国と地域に飛び火しています。
*注意:動画は2008年当時の状況なので、今はもっと増えてます。

たった一つのアニメが、これだけの影響を及ぼしているんです。
これって物凄い事ですよ!
もう1年以上前に、今回と似たような事を確か書きましたが、
そん時は国名とかを書かないでサラッと話しただけでした。

ぶっちゃけ初めてこの事を知った時、僕は感動しました。嬉しくなっちゃいましたよ☆
日本のアニメが大人気で、おまけに日本語で、尚且つブームになったんですからね。
自分が踊れるのと同じダンスが世界中の人と共有出来るなんて、ただただ感動ですよ^^

そして、ここで注意して欲しいんですが、これは企業とかが後押しして
世界に広まったブームじゃない!って事なんです。

純粋に、好きな奴らが勝手に始めて勝手に広まっていった現象なんですよ!

そして、当然ですがDVDを初めとした関連グッツもバカ売れしました。
とんでもない経済効果を産んだんです。

でもって、こういったアニメ関連の海外での売上ってどのくらいかというと、
年間2000億とか3000億とかってレベルの市場規模なんです!

こんなのが毎年続いてるんですよ!
普通なら、政府の後押しとか後ろ盾とかがあるものなんですが、
そういった類のバックアップが全く無い状況で、この経済効果…

これって立派な輸出ですよね。
しかも、文化の輸出だから、アニメが切欠で日本に観光へ訪れたり、留学に来たり、
波及市場も含めたら、ぶっ飛びな影響力なんです。

民間レベルでこの状況なのに、国はガン無視していたんです。今もですけどね。
ちょっと、後押ししてやれば、もっと凄い事になっただろうにさ・・・

けど、それをただ一人実行しようとした政治家がいました。
誰かと言うと、麻生太郎さんです。

内閣総理大臣になる前から、政治家連中に訴えていて総理就任後に、
110億円超をかけてアニメ美術館を作ろうとしました。
もちろんですが、目的は観光客の誘致とそれに伴う経済効果です。

はかなくも、その計画は頓挫しました。ルーピー曰く国営漫画喫茶。

当時、日本のサブカルチャーが及ぼす市場効果がどれほどのものかというのを
ちゃんと理解していた人はどれだけいたでしょうか?

ほとんどいなかったんじゃないかと僕は思っています。
マスコミも批判ばかりで全く報道してなかったからね。
僕は実現するのが楽しみだったので、物凄く残念だったのを今も覚えてます。

110億円の投資でで数千億の売り上げを得られるチャンスだったのに…

あの当時に比べたら、今は何かと目覚めた人が増えたので、
全く同じ状況だとは思っていませんが、今もって目くそ鼻くそな事を言ってる人が
多いのはとても残念です。

普段とは違った視点で書き綴ってみましたが、こうやって考えると、
日本の利益=僕らの利益を邪魔してきたのが誰なのかが、
何となく分かってきたりしますよね。。。

ともあれ、日本の製品は電気製品でも車でもアニメでも何でもそうですが、
世界に誇るトップブランドなんだから、市場の拡大にもっと力を入れた方が良いと思う。
景気が悪いんだから尚更だよ。

日本人が物や文化を通して、本当の意味で
日本人としての誇りや自信を取り戻す事が出来たら、
ハッキリ言って俺達日本人は本当に無敵なんじゃないか? 
と、最近ではかなり真面目に考える様になりました。


-------------------------ここから下はPRです----------------------------


リフォームガーデンクラブ Havenのページリフォームガーデンクラブ!
Havenさんのページはここをクリック!!






Havenは図面・デザイン・イラストの
知的財産を守るキャンペーン
NEW moral standard に参加しております。







Haven ~ヘイブン~
〒259-1131
神奈川県伊勢原市伊勢原3-32-5-106
℡&fax 0463-72-8256
E-mail haven_komoriya@train.ocn.ne.jp
代表 小森谷雅人
庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

ビジネスライクより人間味

テーマ:お勉強
こんばんは^^

今日は気楽な仕事の話なので、ゆっくりとご覧下さい。



僕とお客様の会話を聞いて驚く人が結構います。

なぜか?

お客様と僕の間には、いわゆる垣根がほぼ無いから。
言いたい事を自由に言い合います。

なお、会話は95%のタメ口と5%の敬語で成り立っています。

これがどうやら新鮮みたいね。
中には、一緒に聞いていてビクビクする人もいます。
(僕があまりにぶっちゃけすぎてるからなんだけども・・・)


純粋に、『どうしてそういう会話が出来るの?』 と、聞かれた事もあります。

細かく言うと難しいので、その時の僕は簡単に答えました。


『お客様には最大の敬意を抱きつつ、その表現を最小限にするだけ。』


全く分からないと言われましたので、説明を終えました。
隠す必要はないけれど、真髄を教える義務はまるでないですからね。

とは言え、それではつまらないので、ここで書くことにしました。
但し、本質を理解する為の解説ではありませんので、予めご了承下さい。


誠意や敬意は、抱いている人間が相手に対して表現しなければ分からない。
けれども、必ずしも自分の思いに比例した表現をすれば良いかと言えば違う。
なぜなら、これらの過剰な表現は嫌味になり、場合によっては敵意となるから。

誠意や敬意は、自分がしっかりと心の中で嘘偽りなく抱いていれば、
意識せずとも言葉や仕草で必ず伝わる。
であるならば、意識的に会話へ反映させる必要はない。
黙っていても自然と表れてしまうのだから、むしろ抑えなくてはいけない。

また、その表現の割合は、段階によって変えていく。
例えば、初回が50%であれば、次は40%。
といった具合に、表現のみを減少させる。馴れ馴れしくなるという意味ではない。


そして、忘れてはいけないのは、どんな形であれお客様は
自分に対して、【信じたい気持ち】 を抱いてお声を掛けて下さっているのだから、
こちらはお客様に対して最初から、【邪念なく信じる気持ち】 を維持する事。

人間対人間なのだから、どんなに繕ってもその間に 【 壁 】 があるのは否めない。
けれども、その 【 壁 】 を無くすのではなく、透明性を持たせる事が大切。
自分がお客様を信じない内は、いつまで経っても壁は透明にならない。

上記以外の要点:

1:こちらから、【信じて下さい】をアピールしない。
2:聞こえの良い言葉を使いたくても使わない。
3:否定と拒否は悪ではない。100%の肯定が悪である。
4:お客様は神様ではなくお客様であり、大切なのはパートナーシップ。


以上の事を実践しているので、95%のタメ口と5%の敬語の会話になっています。

綺麗事に聞こえるかも知れませんが、僕は常にお客様を信じています。
なので、曇りのないクリアな形で、喜怒哀楽を表現する事が出来ています。

この意味は僕が今もお付き合いさせて頂いているお客様が
一番よく理解して下さっているでしょう。  たぶん。。。


ちなみにですが、
歩合制でガンガン稼ぎたい人や、ノルマ制で一定の利益を求められている人は、
絶対に真似してはいけません。

身を滅ぼしますよ。

長い目で見て、お客様と人間味のある関係を構築したい人や、
色んな意味でのクオリティを重視する人には、向いてるかも知れません。

けど、決して安易に真に受けない様に。


なぜなら、
仕事上での喜怒哀楽ってのは、こちらが表現するにしても、
お客様の表現を受け止めるにしても、半端な覚悟じゃ出来ないからです。

これは僕の性格で、僕という 馬鹿 だから成り立っているだけなので。



-------------------------ここから下はPRです----------------------------


リフォームガーデンクラブ Havenのページリフォームガーデンクラブ!
Havenさんのページはここをクリック!!






Havenは図面・デザイン・イラストの
知的財産を守るキャンペーン
NEW moral standard に参加しております。







Haven ~ヘイブン~
〒259-1131
神奈川県伊勢原市伊勢原3-32-5-106
℡&fax 0463-72-8256
E-mail haven_komoriya@train.ocn.ne.jp
代表 小森谷雅人

クソ面白くも無い話ですが何か?

テーマ:お勉強
こんにちわん(^_-)-☆

今日は良い天気です^^ 秋日和って感じがします。
心地良き空気。と言ったところですかね☆

最近、だんだんと頭が鳥の巣みたいな様相になりつつあったので、
さっきですが、床屋さんに行ってきました。
今回も杉苔カットです(ーー゛) いやぁ、超スッキリしたよ(≧▽≦)//

さて( ..)φ
ここんとこ、先月とかに比べると時間がちょいと出来易くなったので、
合間合間で本を読んだり、講演会を聞いたりしています。

ちなみに、仕事関係ではありません。
自分の時間なので、自分の趣向に費やしまくっています(-。-)y-゜゜゜

っても、趣味関係の事ではなくて、専ら政治経済の事ですけどね。

普段から僕のブログを読んで頂けている方々からしたら、
まるでピンと来ないでしょうけど、
政治経済って、実は僕の大好きな(得意とする)分野なんです。

以外でしょ?ってか、めちゃ嘘くさいでしょ?(-_-;)

けど、残念なことに事実なんですよ~(´д`;)

経済に興味が湧いたのは、中学生の時だったかな。
父親が某信用調査会社に勤めていたんで、休みの日とかには
企業経済とかの話を色々と聞いたりしていた訳ですよ。

それに、自分でも近代政治には興味があったし、
家が厚木基地のそばって事もあって、ミリタリーオタでもありましたから、
多角的な側面から、政治や経済に触れることが出来る少年時代を過ごした訳です。

この時点で、如何に僕が根暗な少年だったかが伺えますね(^_-)-☆

義務教育や高校じゃ、ほとんど教えてくれない分野なだけに
僕の持ってる知識なんざ、ほぼ全てが独学なんですが、
だからこそ今でも勉強しているし、ガチで現在進行形の分野でもありますから、
終わりが無いんですよね! 
なので、楽しいって側面もあります。


てゆーかさ(ーー゛)
どうしてこうも堅い内容の記事を書いてるの? って感じでしょ?

実は理由があって、昨日だかいつだか政府が増税を決めたでしょ?
それに反応してるんです。

なんで反応してるかって言うと、今の状況で増税するって事が
僕の理論からすると、納税者つまり国民を舐めきってることだと思うからなんです。

今の日本経済は、稀に見るデフレ経済下にあります。
あまり細かい事を書くと、本当につまらない記事になっちゃうので、
内容を端折りますが、デフレ状態ってのは簡単に言えば、
お金の流通が滞っている経済状態を意味します。

つまり、何が良いたいかってゆーと、この状況下で一番大切なのは、
みんながお金を使う環境を整える事が大切なんですよ!

言い換えれば、増税ではなくて緩和措置が必要なんです。

前に国会を見たりしていたら、復興財源の為に的な事を先生方が言ってましたが、
僕から言わせりゃ、『こいつら素人かよ・・・』 って感じです。

復興に必要な財源は、国債をすれば手に入れる事が出来るんですから。

国の借金が増えるから、税金で対応したい様な事を言ってましたが、
財務省の公開データを見る限り、黒字なんですよ。

こんな状況で増税しちゃったら、みんな萎縮してしまって
お金の流通が良くなる訳がない。僕だったら使いませんもの。

それは企業にしてみても同じことで、本当は設備投資が大切な時なのに、
増税が念頭に決まっていたら、その対応が第一になる訳で、
やっぱり消費は滞ってしまう。

銀行だってそうですよ。
『増税が始まりますから、今まで以上にお金を貸しますよ^^』
なんて言わないでしょ?

銀行さんがガンガン融資してくれるのは、景気が良い時や良くなりそうな時だけです。
これは世界のルールなので当たり前の話。

つまり、正直言ってマジで笑えないことが始まりつつあるから、
せめて自分の理論だけは書き残しておこうと思って、
今回はこんなに堅い内容を書いてみたんです。

これ以外にも今の政治や政府には、僕の目線から言うと

馬鹿じゃないの?(゜д゜゛)ナメテンノカッ!!

って事が多々ありますが、それを今ここで書き綴っても、
それはそれでいつも以上にKYな感じなのも確かなので、
ひとまず止めておきます(-_-;)

いずれにしても、国民の一人ひとりが何らかしらの格好で、
国に対して声をあげていかなきゃならない状態に、
突入してしまったんだと、僕は感じでいます。往々にしてね。


-------------------------ここから下はPRです----------------------------


Havenは図面・デザイン・イラストの
知的財産を守るキャンペーン
NEW moral standard に参加しております。







Haven ~ヘイブン~
〒259-1131
神奈川県伊勢原市伊勢原3-32-5-106
℡&fax 0463-72-8256
E-mail haven_komoriya@train.ocn.ne.jp
代表 小森谷雅人

読んだよ!そして感想でぃ^^

テーマ:お勉強
中学生の頃から文庫本とかを読み始めました。
一番最初に買ったのは、西村京太郎の十津川警部シリーズ。
その後は暫くミステリー系の小説を読み続け、
いつからか映画のノベルズにスイッチビックリマーク
(映画本編を観る前にノベルズを読んで、映像と文字どちらが良いかを
勝手に批評するという、青少年らしからぬ趣味を実行してました。)

ハイスクールの頃には幼少時より時代劇が好きだったので、
時代小説の読み漁りを開始。池波正太郎の剣客商売は全巻所持。
(ヘヴィメタを聞いた後で秋山小兵衛の活躍に浸るという暴挙を展開。)

それから先は、色んな本を読みました。

そして、今回はこちらです。

Havenさんの読みたい本が届きました^^
ハイ!前回書きましたこちら、
身の丈コストで
デザイン住宅を建てる
』です。

早速ですが、率直な感想を…

面白かったですよ!

出来れば、一般ユーザーの方、それも
家を建てようかなぁ~
って考えている方に読んで頂きたいですね^^

著者さんのデザイン住宅や建築に対する
考え方を中心に、上手な建築会社選び的な事を
結構ストレートに書いてありました。



読んでて僕はかなり共感出来ましたね(^_-)-☆

著者さんの経験や建築・設計に対する思い等を中心に捉えながら、
お客様の声を載せたり、間取りや完成写真が載ったりしていました。

強いて言えば、要所要所で著者さんの会社名が出てくるのが
ちょっとばかし気になりましたが、
まぁそれは、著者さん特権ですからね(-。-)y-゜゜゜

いずれにしても、仕事に対する考え方や独立の決意、
建築に対する思い、業界に対する苦言などなど、
Havenさん的には、共感箇所が多くて嬉しかったです(*^_^*)

おかげさんで、いい感じに自己啓発出来たし(^^)v

前述しましたが、建築業界の事を上手くすっぱ抜いているし、
説明もしとやかに噛み砕いて記載してあるので、

建築会社どこにしよう(ーー゛)?ウ~ン

という方には、とっても参考になると思いますよ^^
オススメ出来る1冊です(*^_^*)


てゆーか(´д`;)

ネタバレさせない様に内容を細かく書かかないで、
要旨だけを説明するのって、かなり難しいですね(-_-;)

上手く伝えられたかどうかは、分かりませんが
興味をもたれた方は読んでみて下さいましm(__)m

1890円です。幻冬舎が出版しています。
本屋さんにはたぶん無いです。ネットの方が早いですよ!

-------------------------ここから下はPRです----------------------------





Havenは図面・デザイン・イラストの
知的財産を守るキャンペーン
NEW moral standard に参加しております。







Haven ~ヘイブン~
〒259-1131
神奈川県伊勢原市伊勢原3-32-5-106
℡ 080-3419-5931
fax 0463-72-8256
E-mail haven_komoriya@train.ocn.ne.jp
代表 小森谷雅人

買ったよ!そして届いたよ^^

テーマ:お勉強
スーツを着て仕事していたら、お客様からも取引業者からも
今日は何か大事なお仕事があるんですか(^^)?
と、聞かれてしまっているHavenです(^^;)マイッタナァ

だもんで、その都度、こんな風に説明させて頂いています。

私服はね
 Havenさんの
  クールビズ(-_-;)…

                      Haven嘆きの一句(ToT)/~~~


はてさて、先日の事ですが、遂に読みたい本が見つかりましてね。
それが今日届きました(*^_^*)v


Havenさんの読みたい本が届きました^^ハイ!こちらです^^
タイトル、ドンッ(゜д゜メ)!!

身の丈コストで
デザイン住宅を建てる


良いタイトルですよねぇ。。。
お施主様の事を考えられている
っぽい臭いがプンプンします(>_<)

どんな内容の本なのかって?

さぁ…どんな内容なんですかね(-_-;)
聞かれても、まだ読んでいないので
全然分からねぇっス(≧▽≦)//

いやぁ、このファンキーな題名に惹かれてねぇ。。。
ネットで衝動買いみたいな感じだしぃ(^_-)-☆

もち、読んだら記事にしますよ^^
僕なりの感想を添付しつつね(´д`;)

にしても!

何かをしでかしてくれそうな、如何にもなこのタイトル・・・

良いセンスだ(ーー゛)ウン


あの~、Havenさん?
まさか、購入理由はそれだけ?(-_-;)?


そうぞぇ。悪いかぇ(ーーメ゛)?!

さてさて、今宵は長夜になりそうぞぇ<`~´>

-------------------------ここから下はPRです----------------------------





Havenは図面・デザイン・イラストの
知的財産を守るキャンペーン
NEW moral standard に参加しております。







Haven ~ヘイブン~
〒259-1131
神奈川県伊勢原市伊勢原3-32-5-106
℡ 080-3419-5931
fax 0463-72-8256
E-mail haven_komoriya@train.ocn.ne.jp
代表 小森谷雅人

愛読書があるっす!

テーマ:お勉強
プライベートライアンは字幕版よりも
TV吹替え版(山寺宏一版)が好きなHavenです(-。-)y-゜゜゜
久しぶりに見たら良かったですね。大人目線で見れたし、色んな面で考えられました。
僕はこの映画じゃ感動はしません(駄作という意味ではなく、そういう映画じゃないって意味です)。


さてさて、いつぞやの回だったか、
本を読んでいない(ーー゛)
と書いたので、今回は本の事を少々…

Havenさんには、愛読書があります。

Havenさんの愛読書!楽しみながらお勉強してます^^こちらです!
吉田桂二先生著、
間取りと架構の教科書

タイトルがタイトルなんで、純粋に建築の知識を
頭に叩き込む本なんですが、超面白いんですこの本!

紙上木造建築学校』とサブタイにあるように、
一つのお題目に対して、生徒が出した回答(製図)を
吉田桂二先生が添削しながら、『こうすれば良い』とか、
『こうするべき!』みたいに、解説をしながら、
設計の仕方や考え方を教えてくれるんですね。

この本の何が面白いのかというと、読んでると
意欲が湧いてくるんです。簡単に言えば
書きたくなるのよ!図面を( ..)φカキカキ


あくまで経験者用・業界人用の本なので、
専門用語の解説とかが無いから、一般の方が見ると
ちょっと疲れちゃうかも知れないけど、
自然とウズウズ感が出てくると思います^^

それと、『間取りと架構』って書いてある通り、
家の設計図を平面じゃなくて立面で考えれる様になります。

家ってのは立体ですからね。平面ばかし考えていたらダメなんすよ。
この原理はエクステリアも一緒ですよね^^

この本に出会ったのは、建築士の先生が僕の勉強用にと
2年前に教えてくれたのが切欠です。
今でもですが、建築がとても好きなもんで私(*^_^*)


本当はね、『何か新しい本でも読んで、感想文を書こう!!
って思っていたんですが、本屋さんに行ってもピンとくる本が無くて…

そう言えば、全然関係ないんだけど、本屋さんに行くと
今週のベストセラー】とか言って、売れてる新書が並んでいたりするでしょ?

行くと必ず立ち読みするんだけど、何故か買う気にはならないんですよ…
これって僕だけかね?へそ曲がりなだけ?
ま、いいか。そんなこたぁ。。。

とまぁ、そんなこんなで、
今回はこの本のご紹介になったという訳ですわ(-。-)y-゜゜゜

この本読んでて、もっと深い部分まで考えた事とかを書こうかな
とも思いましたが、止めます。
何か書くだけで無意味に疲れそうだから(ーー゛)ウゲッ

-------------------------ここから下はPRです----------------------------





Havenは図面・デザイン・イラストの
知的財産を守るキャンペーン
NEW moral standard に参加しております。







Haven ~ヘイブン~
〒259-1131
神奈川県伊勢原市伊勢原3-32-5-106
℡ 080-3419-5931
fax 0463-72-8256
E-mail haven_komoriya@train.ocn.ne.jp
代表 小森谷雅人

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2018/12      >>
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

ブログランキング

総合ランキング
54位 / 2476人中 up
ジャンルランキング
2位 / 13人中 keep
ビジネス

フリースペース

プロフィール

Haven

神奈川県伊勢原市を拠点に
エクステリア・ガーデンの
デザイン・施工を行っております
Haven(ヘイブン)代表の
小森谷です。

Havenでは、

『使い勝手の良さ&カッコ良さ』

をメインコンセプトに、

『品質(クオリティ)』

を最重要視した周りとは一味違う
エクステリア・ガーデンの
デザイン・施工をご提案
致しております。

ご相談・お問い合わせは
お電話・メール・FAXにて随時
受け付けておりますので
お気軽にご連絡下さいませ。

下記のリンクよりHavenの
ホームページを
ご覧頂くことが出来ます。

ホームページの、

『よくあるご質問』

は、お客様必見です。
是非一度、お立寄り下さい!

(´・ω・) 「僕をクリックするとホームページが開くよ!」

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧