花に笑って、夜風に泣いて
なにを夢見る、朝花夜花
<<最初    <前    1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

大雪山トレッキング

テーマ:ブログ
何度か訪れている北海道ですが、今も私にとっては
憧れの大地です。
今回は、雪解けが始まった北海道の屋根、大雪山の
麓をトレッキングすることを思い立ちました。
フェリーや車、空の旅はありましたが、列車の旅は初めて。
そしてレンタカーで繋いでのひとり旅デジカメ
ホテル大雪




長い列車旅の疲れも吹っ飛ぶような、ホテルの夜明け
青空に白い雲をたなびかせて、目の前にこれから登る
北海道の最高峰旭岳が拡がっています。
ロープウエイ




ロープウエイで一気に1600㍍まで運んでくれる。
山の姿を見ながら、第5展望台を最高地点として
周遊出来るコースをゆっくり歩く。
鏡池




この日、仙台は22℃だったのに旭川は28℃の大快晴。
それでも、ところどころに雪を残す山の上はさわやかな風。
旭岳




9月半ばになると、紅葉が始まると言う北国の自然。
地に這うようにして黄花しゃくなげが咲いていた。
黄花しゃくなげ




軽井沢レイクガーデンを日帰りした翌日、2泊3日の北国の旅は
最高の天気の味方があって、心洗われる旅で締め括った。

ええ、選挙・・公示日翌日に済ませました。チョキ

庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

信州の薔薇の花園

テーマ:ブログ
今年も気持ちが引っ張られて、早朝の電車でこの
薔薇の花園に着てしまった。
樹々の緑と高く澄んだ青空が沼に映えて、過ごしている
時間を忘れさせる







暑い日が続いたからか、ばらの花は終わりかけていた。
レイクガーデンメガネ橋





ガーデン内のホテハート2、目覚めた朝、窓の外にこんな風景が
広がっていたら、バラ色の人生を感じるだろうナー。
レイクg。h






沼辺に咲く、アザミの花、遥かに見える浅間山。
浅間山望む






散るのを待っていてくれたように咲いていた
ゴーデン・セレブレーション
ゴールデン・ジェブリー・シェレブレーション


 


明日、早朝の新幹線で海峡をくぐり、
旭川大雪山へ、ひとり旅は続く・・・








優しいホレ婆さん・・フラウ・ホレ

テーマ:ブログ
真っ白な5弁咲の花が、緑の照葉のなかに咲く。
グリム童話の「フラウ・ホレ」に由来するドイツ生まれ
フラウ・ホレは魔法使いの優しいホレ婆さんのことで
シンデレラのはなしに少し似ている。
「フラウ・ホレが羽ぶとんを直してる」と雪が降る
ことをドイツでは言うそう。
夕方になると、大きく開いた花弁を閉じる
フラウ・ホレ





今年のデビュー花ハート2
どちらもソフトパープルのやさしい花姿ハート2
訳名「青い花」と言う小説の作者,『ノヴァーリス』
と言うドイツの詩人の名をそのまま命名
ノヴァーリス



沢山の蕾を付けてくれたのに、なななか花開いて
くれない。そんな控えめな花なのかもしれない。
ラピス・ラズリ
ラピス・ラズリ 



いつまでも楽しみたいと思い、部屋に飾ってみた。
今年のデビュ₋花 







やくらいガーデン・・

テーマ:ブログ
やくらいガーデンまでは、仙台の中心から間違いなく
たどり着けば、1時間10分で着く
そんなに交通量が多くないから、快適ドライヴ車





合わせた訳でもないのに、去年と同じ6月7日になった
やくらガーデン ばらのアーチ




平日と薔薇の咲き始めだからか、人出は多くない
チャペルに向かう、なだらかな散策路の途中に
たわわになった黒く熟した野桑の実を見つけ、その
甘さに遠い昔がよみがえってきた
やくらガーデンチャペルのばら




いつも他の薔薇の開花のころは、散っている
チャペル周りの魅力的なイングリシュローズ
さわやかな風に吹かれながら、じっくり
楽しむことが出来た



記念樹の中に、珍しい苗字を見つけた幸福さん。
きっと〈幸せな〉毎日を送っておられている
ことだろうと想像していた

薔薇の香りにつつまれて・・・

テーマ:ブログ
パレード
一度、とつぜん枯れて二代目の3年め、バーゴラの上はポールズヒマラヤンムスク。




ジュリア 
大事に育ててるのになかなか応えてくれない、ジュリアクローバー





バラ通り
野ばらとピエール・ドウ・ロンサールとヴァイオレットのハーモニー。





グラハム・トーマス
グラハム・トーマス





ガーデン
<<最初    <前    1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

プロフィール

多肉と一緒、人形さん

nippeガーデン日記

ブログは、今も危うい初心者。

ルーツを辿れば、農耕民族。
ガーデニングは身近かな
土いじり。
ばら中心の庭に改造始めて
もう10年。
つるばらと鉢植えと宿根草で
魅力ある庭を目指しています。

華麗なばらを引き立てる
野いばらのような存在を
大切にしています。

目指すは「バラ色の人生」

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧