土の家があったらいいなという夢、正にドリームハウスを持ちたいという希望があります。土の家は、アトリエ・天工人の山下保博さんが手がけて有名になりましたが、私なりに土の家|ドリームハウスを考えてみたいと思います。
1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

山下保博氏の考えるドリームハウスとは

テーマ:山下保博|ドリームハウス
アトリエ・天工人[http://www.tekuto.com/]の代表として活躍する山下保博氏。

山下保博さんは、世界的な建築の賞を受賞されていることは有名なことである。
その中で、彼が考えるドリームハウスとは何かを考えてみたい。

山下さんは、はじめは絵描きになりたかったとインタビューで答えている。高校生の時に、非常にうまい抽象画を描く人が表れて、その力の差に愕然としたとのこと。最終的に大学3年生の時に建築家になると決心したというから、遅いといえば遅かったのかもしれない。奄美大島でうまれた自然に親しみ建築に取り込む感性は、幼少時につちかっているともいえるのだろう。

山下氏は31歳で独立して、建築事務所をつくることになるが、35歳の時にチームの力を知ったとかたっている。つまり人で作る建築よりも、100人くらいで作る建築がよりすごい発想やドリームハウスにつながると述べている。

1995年に阪神・淡路大震災が起こって6000人以上が亡くなりましたが、原因の9割近くは家屋の倒壊によるものだったと述べており、その時に建築家がまずかんがえないとならないのは安全性であると痛感したという。

たしかに、新しい発想や斬新なアイデアがあるのだが、それを裏付ける安全性ということも決して割れていないのが、山下さんの人に対する愛情の表れであり、信頼感なのだといえる。

美と健康の街を作りたいという山下さんは、これがドリームハウスなのだといえるだろう。



1960年 鹿児島県奄美市生まれ
1986年 芝浦工業大学大学院工学研究科建設工学修士課程修了
1986-1991年 齋藤裕建築研究所,株式会社PANOM,近藤春司建築事務所に勤務
1991年 山下海建築研究所設立
1995年 一級建築士事務所アトリエ・天工人に改称
1999年 芝浦工業大学非常勤講師(-2007年),Project1000設立
2004年 有限会社N・C・S設立(2008年NPO法人化)
2007年- 東京大学大学院非常勤講師
2008年- 東京理科大学非常勤講師
2009年- arcprospect(USA)評議員
庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

ドリームハウスと土の家

テーマ:ドリームハウス 土の家

ドリームハウス



日本人であれば、だれもが憧れる、マイホーム。日本自体の国土が狭いのと、建築基準の影響からか、一世帯の家の広さに限界があり、なかなか、家をもつことが一般庶民には大きな選択の一つだ。

だから、一生に一回といえるこの買い物は、多くの関心があり、テーマがあった。また、その話題性であるがゆえに、自分自身の主張をきいてもらいたいがために利用し、ネットでネタにされてしまうことが多い。
しかし、私たちが冷静に考えるときに、ドリームハウスは何か?と聞かれたときに、そのなかで夢がかたられないとならない。それは、一般の家とは違う、メッセージが中にかくされていなければならない。

小さいことにこだわらない、テーマ、本質を、とことんまで突き詰める、そういう大局的な建築家が必要なのだ。

建築家山下保博氏の評判



建築家、山下保博氏は、日本のなかで、数少ない将来が見えている建築家だといえる。特に若手の育成にも力をいれており、本の出版にも時間をさいている。また、海外のメディアやインタビューにも積極的に対応しており、海外での評価、評判が高いことで知られる。

山下保博氏が提案するテーマに、多くの方が共感を覚え、日本全国にそのプロジェクトが展開されていることがしられている。山下氏の評価は、海外であがり、日本はその先駆性をまなぼうとしているようにも思う。

土の家(アースブリックスプロジェクト)



ドリームハウス土の家というテレビ番組で展開されたのを一度みたことがある。なによりも、土で家を作るという、現代人に対して、より地に返るという意味で意味がある建築物であった。その反響は大きく、日本中がその鮮新世に驚き、また学ぼうとしたことは有名な話だ。

私たちは、ドリームハウスをたてたい。その時は、夢をもつ建築家にたのむべきであるというのを、当たり前のように納得した。夢のない建築家は、当たり前だが、夢のある家をたてることができない。非常に参考になるプロジェクトであった。

テレビ東京の番組「完成!ドリームハウス 土の家」について

テーマ:ドリームハウス 土の家

ドリームハウス 土の家の解説


テレビ東京で放送されている番組の「完成!ドリームハウス」は、一戸建て住宅の設計を建築家に依頼し、注文住宅が完成するまでの様子を長期間密着取材するドキュメンタリー番組です。

番組では様々な特徴の住宅を取り上げており、庶民的な住宅から豪華な住宅、デザインにこだわった住宅などが完成していく様子を見る事が出来、建築家との話し合いや基礎工事など、建築現場の様子などが映されています。

土地の選択や予算の決定などは施主が全て行い、通常の住宅建築と同じ流れで建築が進むのが特徴で、番組側は建築に関する事に一切関与せず、傍観者に徹する事で、住宅が完成するまでのリアルな現場を視聴者は見る事が出来ます。

これから家を建てようと思っている方は、予算や施工方法について参考にする事も出来、今までに無い番組として話題となっています。番組では、密着取材をさせてくれる施主を募集しており、希望する方は番組のホームページなどから連絡を取る事が出来ます。

テレビ東京のドリームハウスとは

テーマ:ドリームハウス 土の家

ドリームハウスとは


ドリームハウスはテレビ東京系列で放送されている、住宅建築に密着したドキュメンタリー番組です。一戸建ての住宅建築を建築家に依頼し、完成までを密着取材します。

なお、番組側は建築に関しては一切関与はしていないことが特徴です。住宅が完成するまでを取材するため、数ヶ月から年単位での長期取材を行っています。

建築家との打ち合わせ


番組側は建築に関わっていないため、施主と建築家や工務店の打ち合わせの様子などを、リアルに見ることが出来ます。番組側はあくまでも傍観者としての立場のため、最終的な建築費用が予算を上回ってしまうこともあることが、他の番組との大きな違いです。

優雅な住宅


また、庶民的な狭小住宅だけではなく、景勝地に建設する優雅な住宅を取材することも他の番組にはない大きな魅力です。建築に興味がある方であれば、間違いなく面白く見られる番組です。狭小住宅や悪条件下での住宅設計を見ることが出来るため、非常に現実的な住宅建築の流れを知ることが出来ます。

住宅建築の様子を追う

テーマ:ドリームハウス 土の家

ドリームハウスとは何か



テレビ東京系列で放送されている番組の1つに「完成!ドリームハウス」という番組がありました。

これは、2003年4月から翌2004年3月まで放送されていた番組で、レギュラー放送終了後も不定期に特別番組として放送されています。この番組は、オーダーメイドの一戸建て住宅の切開を建築家に依頼し、その住宅が新築される様子を追いかけるという構成の番組です。 

番組の構成



住宅が完成するまでの数ヶ月以上の長期間に渡って密着取材をするドキュメンタリー番組です。番組が募集した建築予定地と建築家を既に確保している施主が、建築家や工務店と交渉している様子や現場で実際に働いている大工や職人なども登場します。番組の特徴の1つに、スタジオ収録や立会人以外の出演は原則として無いという事があります。住宅完成後は、改めて内部が紹介されます。そして、施主の入居が開始された頃に、住宅の感想などを聞いていきます。 

最後には、最終的に掛かった費用が発表されます。
1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

HTMLページへのリンク

プロフィール

smartniwashi

造園、エクステリアCAD 施工並びに管理に興味があります。

このブログの読者

お気に入りブログ

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧