<<最初    <前    2  |  3  |  4  |  5  |  6    次>    最後>>

山紫陽花と紫陽花

テーマ:草花・花木 Flowering plant・Flowering trees
美方八重と楊貴妃




八重咲きのが美方八重です。
どちらも枝が細く、葉も小さくて艶がなく、あまり大きくならず、西洋紫陽花とかなり違います。




これ、確か伊予絞り、って名前です。
何年も経つのに全然大きくなりません。高さ20センチ位。






これは大きくなります。けど枝が細いので困るような感じにはなりません。
青覆輪清澄沢といいます。清澄沢の変種?
千葉の清澄山で発見されたそうです。
普通の白地に先が赤い清澄沢を買ったつもりだったんですけど…
「綺麗だからいいか」という感じ(^_^;)




黒姫
山紫陽花では、かなりメジャーな存在。
鎌倉の長谷寺でも沢山咲いていました。
これも、あまり大きくならず、何年経っても1メートル程度。





深山八重紫
黒姫と一緒に5年位前に購入。
山紫陽花って、冬にちょっと枯れこむみたい。
しかもどこまで枯れてるか、判断しにくいので、春に芽が出てくるまで放置。





渦紫陽花(うずあじさい)
「おたふく」とも言うみたい。結構何十年も前からある品種。
お店ではピンクも見かけます。
放っておくと、2メートル位成長してしまいます。しかもすぐに。
花後しっかり切り戻します。






てまりてまり
去年、クイズで当たっていただいたものです(何と当選者1名)。
7種類くらいの紫陽花の中から、
「一番人気があると思う種類の名前を書いて投票してください。1位に選ばれた紫陽花を選んだ人の中から抽選で1名様にプレゼント」というもの。
もちろん当たると思っていなかったので、すぐに忘れてしまい、宅配便で紫陽花が届いたときは、何のことか分からず、といった状態(^_^;)

露地植えしたせいか、去年より色がずっと濃く咲きました。


西洋紫陽花は大きくて困ることになりやすいですが、山紫陽花は狭いスペースでも収まってくれるので、管理が楽です。
庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

雨に濡れたバラ

テーマ:薔薇 Roses
画像だけ送信していて、載せていなかった写真があることにたった今気づいた私。

画像管理も部屋の片付けと同じですね〜
こまめにやった方がいいのは分かるけど、疲れてるし、ほっとくと余計面倒になるんですよね〜


ずいぶん前に咲いたバラなんですけど、ご覧くださいませ。




これ、杏里(あんり)です。駒場ばら園にて購入。ほとんど出回ってないかも?10年位育ててます。今は駒場ばら園、どうなっちゃってるんですかね?知るのが怖いような…


そしてここからは、雨の中のバラです。





ベビー・ロマンチカ
庭で育ててます。
何だか全然成長しないので、鉢に戻そうかと考え中。
以前バラが植えてあった所に植えたせいかもしれません。





ザンガーハウザーユビリウムスローゼ
ドイツの公園の名前らしいです。
花色が固定していないので、秋はオレンジが濃くなったり、春も色が均一にでたり、写真のように中心が濃くなったりします。
ほとんど病気にならないのでオススメ。





ラベンダー・ピノキオ
とにかく色が気に入ってます。
決して丈夫でも生育が旺盛でもないですが、この手の色にハマってます。




エブ・タイド
アメリカで改良されたバラです。
これも色が好きで購入。カーディナル・ド・リシュリューが好きなのですが、一季咲きなので、四季咲きのエブ・タイドを選びました。

次回は山紫陽花をご紹介する予定です(^_^)

向ヶ丘・生田ばら園−その1−

テーマ:薔薇 Roses
ひさびさのブログです♪
もっと写真の編集に時間がかからなければ、頻繁に更新できるんですけどね…

生田ばら園に行ったのは5月31日です。

行きは向ヶ丘遊園駅からタクシー。

バス待ちしていたのですが、おばあさんに声をかけられ、相乗りすることに。

タクシーで行って大正解でした。
ばら園は山の上で、登る登る。
タクシーは一番上までつけてくれたのですが、帰りはバスにしたので、バス乗り場まで山を降りました。
バス乗り場まで距離があり、急な階段があり、はっきり言って二度と行きたくないかも…(^_^;)

しかも、この日は結構暑かったので、帽子を被ったにもかかわらず、だんだん頭が痛くなって、結局頭痛薬を昼と夜に飲む羽目に。

ハイキングや山登りが好きな丈夫な人向きです。いっぱい来てました。
ボランティアによって管理されてるそうです。山の上なので、大変そう。



こんなバラ、出来てたんですね?
ブルームーンの進化系?
見た目、全然変わらない感じでした。




ね、見た目同じでしょ?

雨続きでほとんどのイングリッシュローズが汚くなってしまっている中で、花びらが全く痛んでいない優秀な種類を発見。




アラン・ティッチマーシュって書いてあるんでしょうか?姿が全体的に綺麗でした。名前が冴えないけど。
スウィート・ジュリエットなんて名前で得してますよね?





アプリコット・ネクター
こうゆうマスで見せる空間の場合、沢山咲いてる方が圧倒的に綺麗でした。これなんか特にそうでした。
ジュリアみたいな主張のないものは一輪一輪を見て楽しむタイプかもしれません。




これ、アイスバーグとか丈夫でよく咲く白バラが群植してありました。
一輪一輪はよく見るとそんな繊細な美しさはないのですが、丈夫で沢山咲いてくれるのって、育てる上では何より有り難いと思います。





バス停にて。藤子・F・不二雄ミュージアムが建設中でした。
ドラえもんの誕生日の9月にオープン予定だそうで、タクシーの運転手さんがすごく嬉しそうに話していました。飴をくれたりして親切な運転手さんでした(*^o^*)

マダム・アルディ ザンガーハウザーユビリウムスローゼ カフェ

テーマ:薔薇 Roses
うちに2本しかないオールドローズのうちの1本です。




マダム・アルディ
マルメゾン宮殿の庭師の奥さんの名前だったと思います。
春しか咲きません。
アメリカのバーモント州にいらしたターシャさんの庭にもあります。
成長が遅く、黒点病にかかりやすいです。でも丈夫で、モダンローズとは成長の仕方が全く違い、シュートが出てきても古い幹と更新する必要がないみたいです。
葉っぱが可愛いです。
中輪ですが、独特の美しさがあり、お勧めです。
多くの人が「オールドローズで一番美しい」と言っているそうです。





ザンガーハウザーユビリウムスローゼ
ドイツのバラです。
クイーン・エリザベスが「これほど丈夫なバラはない」と言われていますが、これは同レベルです。
とにかくよく成長し、たくさん花が咲き、花持ちもいいです。病気にも強いので手間要らず。




左がザンガーハウザーユビリウムスローゼ、右がイヴ・ピアッツェです。
もうちょっと離して植えないといけないんですけど。





カフェ
これもドイツのコルデス作でした確か。グレッチャーもそうです。
梶みゆきさんの本で知りました。
難しいという話もありますが、庭植えにして数年経ちますが、ごく普通の性質です。特に弱いという事は全くないです。
私は大好きなのですが、茶系が好きな人って少数派みたいです。
ちょっと茶の入っている、ジュリア、ラベンダー・ピノキオ、グレー・パールなんか落ち着いた感じというか、洒落てると思うんですけどね。

満開のバラ

テーマ:薔薇 Roses
今が満開です。




イングリッシュローズのゴールデン・セレブレーション
つるにもできるそうです。トゲは少なめで幹がスベスベしています。





イヴ・ピアッツェ
時計メーカーのピアジェから名前が来ています。
幹がしっかりしていて、葉も艶があり、厚みがあります。
性質は完全にハイブリッド・ティのそれです。




イングリッシュローズのエヴリン
香料メーカーのクラブツリー&エヴリンのイメージローズ
これは梶みゆきさんの本で知って購入。
始めのは枯れてしまい(多分、日光不足)2本目です。
うちの中に切って入れるとわかるのですが、香りがいいです。爽やかなフローラル系。むせかえるような香りではないので、お勧め。
<<最初    <前    2  |  3  |  4  |  5  |  6    次>    最後>>

プロフィール

テツヒロ

横浜在住の週末ガーデナー。ナチュラルな感じの庭作りを目指してます。

このブログの読者

最近のコメント

参加コミュニティ一覧