バラの雪囲い 富山の冬の風物詩

テーマ:ブログ
今年もこの時期がやってまいりました。

あいやまガーデン年末の大仕事 「バラの雪囲い」


バラの雪囲い

積雪により枝が折れるのを防ぐために

250種3000本のバラを1本ずつ丁寧に雪囲いしていきます。

富山県では湿った重い雪がたくさん降るので

大事な枝が折れたり、太い枝が雪で潰され根元から株が裂けてしまうことがあります。


大事な植物を雪に台無しにされてたまるものか。

ということで、あいやまガーデンも含めて富山県の庭師たちは

雪囲いや雪吊りに大忙しなのです。



バラの雪囲い完成

こちらが完成形です。

あいやま流バラの雪囲いを説明しましょう。


まず、株の上から3分の1ほどの小枝を切り落とします。

小枝が無くなることで株の上に積もる雪の面積が減ります。


次に棒を立てます。

縄で枝を絞った時の縄の位置を想像しながら立てるのですが、

棒の位置が株から近すぎても遠すぎてもやりづらいのです。


最後に縄で絞ります。

小さいもので1ヶ所、背の高いもので2ヶ所絞ります。

なるべく株の頭が小さくなるように、上の方でしっかりと絞ることが大切です。

はじめに縄を棒に結んでから株を巻いていくのがポイントです。



バラの棘により、手袋も合羽も激しく消耗するこの大仕事。

全てを完了したときには、バラ園が冬の風情に包まれます。

もうしばらくしたら、静かな冬景色の園内も紹介したいと思います。
庭ブロ+(プラス)はこちら

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.niwablo.jp/himiaiyama/trackback/213371

プロフィール

あいやまのバラ

あいやまガーデン

バラや宿根草を使って氷見に似合うガーデン作りをします。

ホームページ

最近の記事一覧

記事テーマ一覧

カレンダー

<<      2024/07      >>
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

ブログランキング

総合ランキング
565位 / 2464人中 down
ジャンルランキング
123位 / 187人中 down
ガーデニング

フリースペース

参加コミュニティ一覧