バラの寒肥

テーマ:ブログ
バラの雪囲いが終わり、あいやまガーデンは冬らしい雰囲気になっています。

ガーデンの冬支度はまだまだ続きます。

バラの雪囲いの後



次なる作業は、バラの寒肥です。

寒肥を施すことで来年の花付きと花もちが良くなります。



牛ふんとミドリトップ

株間に穴を掘り、牛糞堆肥と魚粉肥料を入れて埋め戻します。

バラ1本につき1ヶ所穴を掘りたいところですが、

当園ではバラが群植されているため、2~3本に1ヶ所の

穴を掘って寒肥を入れています。



魚粉のミドリトップ

こちらは魚粉肥料のミドリトップ。

動物の骨粉なども入っています。

かつてイワシなどが大漁だったときは畑にまいていたほどで

これは富山らしい肥料と言えます。

ミネラルと微量要素がたっぷりで花の発色が良くなります。



牛糞堆肥の山

そして、文字通りの牛糞堆肥の山。

軽くて作業性がよく、様々なガーデンの植物に

安心して使える有機肥料の定番です。



今秋は悪天候によりバラの花付きが良くなかったので

来春はしっかりと咲いてくれるように祈りながらの作業でした。

庭ブロ+(プラス)はこちら

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.niwablo.jp/himiaiyama/trackback/213519

プロフィール

あいやまのバラ

あいやまガーデン

バラや宿根草を使って氷見に似合うガーデン作りをします。

ホームページ

最近の記事一覧

記事テーマ一覧

カレンダー

<<      2024/02      >>
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 1 2

ブログランキング

総合ランキング
593位 / 2464人中 down
ジャンルランキング
121位 / 187人中 down
ガーデニング

フリースペース

参加コミュニティ一覧