1  |  2  |  3  |  4    次>    

◆東京都庭園美術館(アール・デコの館)37 :エクステリア横浜

テーマ:・東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前



先日、「エクステリア横浜 外構デザイン設計部」で、東京都庭園美術館(アール・デコの館)に行ってまいりました。



東京都庭園美術館は、2011.10.31を入場最終日とし、改修(建築)工事が始まります。

着工予定 :2011.12.01
完了予定 :2013.12.30


目黒
(東京都港区白金台)





ごあいさつ

東京都庭園美術館の建物は、旧皇族朝香宮家の邸宅として昭和8年(1933年)に完成しました。1920年代から30年代にかけて欧米で流行したモダンで優美な装飾様式、アール・デコ・スタイルを取り入れた、わが国でも希少な建築作品です。戦中、戦後と激動の時代を経て、昭和58年(1983年)美術館として一般公開され、平成5年(1993年)には都の有形文化財に指定されました。

当館では、邸宅独自の鑑賞空間のなかで美術展を開催する一方、旧朝香宮邸の建物そのものを鑑賞する機会を建物公開として設けています。朝香宮ご夫婦を中心に、フランス人デザイナー、アンリ・ラパンやルネ・ラリック、宮内省内匠寮の技師たちをはじめ、一流の技術を誇る日仏の職人が創り上げたアール・デコの館を、照明器具からマントルピース、通気口など隅々に至るまで、この機会にご堪能ください。

東京都庭園美術館は本とし10月で美術館開館から28年目、建物竣工から78年目を迎えます。文化財であるこの建物を永く保存し、魅力的な美術館として活用していくために、本館(旧朝香宮邸)の改修と管理棟新築工事を行います。それに伴い東京都庭園美術館は本年11月より平成26年まで全面休館いたします。長期にわたる休館となりますが、ご理解賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。

平成23年10月
東京都庭園美術館








東京都庭園美術館(アール・デコの館)内、日本庭園です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<お庭のデザイン>

・ 花壇エリアの新設
・ 家庭菜園エリアの新設
・ シンボルツリー(樹木)の剪定
・ シンボルツリー(樹木)植え付け
・ 芝張り
・ 垣根の剪定、消毒、追肥   等を含めまして、

ご新築外構工事、リフォーム外構工事は、
「エクステリア横浜」 にお任せください!





神奈川県・東京都の外構(エクステリア) のお問い合わせは・・・

(門扉・ブロック塀・フェンス・駐車場ガレージ&カーポート等の外構全般 および植栽・ガーデンを含めた 「デザイン設計~施工~アフター」 まで)

   ↓ クリック!   (エクステリア横浜 HP)

エクステリア(外構)YOKOHAMA(横浜) :二宮

「皆さまのお問合せ、心よりお待ち申し上げております。 クローバー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「MR PARTNER (ミスターパートナー) 12月号」
イギリスから豊かな暮らしと生き方を考える

豊かな人生の扉をひらこう 衣食住を学ぶ
コッツウォルズ 40代からのホームスティ



発行所 株式会社ミスターパートナー
2011年12月10日発行
(2011年11月10日 発売)

上記月刊誌に協賛させていただきますお話をいただきまして、 「井形慶子の住まいと暮らし 心地よい住まいに心地よい暮らしアリ」 ページに掲載いただいております。 (掲載ページ 132ページ)



「エクステリア横浜」

どこかホッとするような居心地のよさ
   曲線美を追求した極上エクステリア
 

住宅街を歩いているときに、お洒落で素敵な門扉や塀に出会い、思わず見とれてしまった経験はありませんか?

エクステリア(外構)は単に家の敷地の内と外を隔てるだけのものではありません。プライベート(私・内)とオフィシャル(公・外)を、ときには分け、ときにはつなぎ、融合させる美的空間装置でもあるのです。その意味でエクステリアはとてもメンタルな役割を兼ね備えたものといえるでしょう。

「エクステリア横浜」は、やわらかな曲線デザインを採用した新しいタイプの外構ブランドです。写真でご紹介しているエクステリアプラン(外構施工例)は、曲線を生かしたR塀にアクセントとして相性のよいマリンライトとガラスブロックを組み合わせ、上品な印象の鋳物門扉はそこに住むご家族の人柄のよさをも映し出してくれているようです。


一級エクステリアプランナー
ガーデンデザイナー
二宮早苗

http://www.exterior-yokohama.e-arc.jp/index.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前」 は、左上にあります 記事テーマ一覧 「東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前」 をクリックいただきますと、継続的に様子をご覧いただくことができます。 パソコン

庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

◆東京都庭園美術館(アール・デコの館)36 :エクステリア横浜

テーマ:・東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前



先日、「エクステリア横浜 外構デザイン設計部」で、東京都庭園美術館(アール・デコの館)に行ってまいりました。



東京都庭園美術館は、2011.10.31を入場最終日とし、改修(建築)工事が始まります。

着工予定 :2011.12.01
完了予定 :2013.12.30


目黒
(東京都港区白金台)





ごあいさつ

東京都庭園美術館の建物は、旧皇族朝香宮家の邸宅として昭和8年(1933年)に完成しました。1920年代から30年代にかけて欧米で流行したモダンで優美な装飾様式、アール・デコ・スタイルを取り入れた、わが国でも希少な建築作品です。戦中、戦後と激動の時代を経て、昭和58年(1983年)美術館として一般公開され、平成5年(1993年)には都の有形文化財に指定されました。

当館では、邸宅独自の鑑賞空間のなかで美術展を開催する一方、旧朝香宮邸の建物そのものを鑑賞する機会を建物公開として設けています。朝香宮ご夫婦を中心に、フランス人デザイナー、アンリ・ラパンやルネ・ラリック、宮内省内匠寮の技師たちをはじめ、一流の技術を誇る日仏の職人が創り上げたアール・デコの館を、照明器具からマントルピース、通気口など隅々に至るまで、この機会にご堪能ください。

東京都庭園美術館は本とし10月で美術館開館から28年目、建物竣工から78年目を迎えます。文化財であるこの建物を永く保存し、魅力的な美術館として活用していくために、本館(旧朝香宮邸)の改修と管理棟新築工事を行います。それに伴い東京都庭園美術館は本年11月より平成26年まで全面休館いたします。長期にわたる休館となりますが、ご理解賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。

平成23年10月
東京都庭園美術館







東京都庭園美術館(アール・デコの館)内、日本庭園です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<お庭のデザイン>

・ 花壇エリアの新設
・ 家庭菜園エリアの新設
・ シンボルツリー(樹木)の剪定
・ シンボルツリー(樹木)植え付け
・ 芝張り
・ 垣根の剪定、消毒、追肥   等を含めまして、

ご新築外構工事、リフォーム外構工事は、
「エクステリア横浜」 にお任せください!





神奈川県・東京都の外構(エクステリア) のお問い合わせは・・

(門扉・ブロック塀・フェンス・駐車場ガレージ&カーポート等の外構全般 および植栽・ガーデンを含めた 「デザイン設計~施工~アフター」 まで)

   ↓ クリック!   (エクステリア横浜 HP)

エクステリア(外構)YOKOHAMA(横浜) :二宮

「皆さまのお問合せ、心よりお待ち申し上げております。 クローバー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「MR PARTNER (ミスターパートナー) 12月号」
イギリスから豊かな暮らしと生き方を考える

豊かな人生の扉をひらこう 衣食住を学ぶ
コッツウォルズ 40代からのホームスティ



発行所 株式会社ミスターパートナー
2011年12月10日発行
(2011年11月10日 発売)

上記月刊誌に協賛させていただきますお話をいただきまして、 「井形慶子の住まいと暮らし 心地よい住まいに心地よい暮らしアリ」 ページに掲載いただいております。 (掲載ページ 132ページ)



「エクステリア横浜」

どこかホッとするような居心地のよさ
   曲線美を追求した極上エクステリア
 

住宅街を歩いているときに、お洒落で素敵な門扉や塀に出会い、思わず見とれてしまった経験はありませんか?

エクステリア(外構)は単に家の敷地の内と外を隔てるだけのものではありません。プライベート(私・内)とオフィシャル(公・外)を、ときには分け、ときにはつなぎ、融合させる美的空間装置でもあるのです。その意味でエクステリアはとてもメンタルな役割を兼ね備えたものといえるでしょう。

「エクステリア横浜」は、やわらかな曲線デザインを採用した新しいタイプの外構ブランドです。写真でご紹介しているエクステリアプラン(外構施工例)は、曲線を生かしたR塀にアクセントとして相性のよいマリンライトとガラスブロックを組み合わせ、上品な印象の鋳物門扉はそこに住むご家族の人柄のよさをも映し出してくれているようです。


一級エクステリアプランナー
ガーデンデザイナー
二宮早苗

http://www.exterior-yokohama.e-arc.jp/index.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前」 は、左上にあります 記事テーマ一覧 「東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前」 をクリックいただきますと、継続的に様子をご覧いただくことができます。  パソコン

◆東京都庭園美術館(アール・デコの館)35 :エクステリア横浜

テーマ:・東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前



先日、「エクステリア横浜 外構デザイン設計部」で、東京都庭園美術館(アール・デコの館)に行ってまいりました。



東京都庭園美術館は、2011.10.31を入場最終日とし、改修(建築)工事が始まります。

着工予定 :2011.12.01
完了予定 :2013.12.30


目黒
(東京都港区白金台)





ごあいさつ

東京都庭園美術館の建物は、旧皇族朝香宮家の邸宅として昭和8年(1933年)に完成しました。1920年代から30年代にかけて欧米で流行したモダンで優美な装飾様式、アール・デコ・スタイルを取り入れた、わが国でも希少な建築作品です。戦中、戦後と激動の時代を経て、昭和58年(1983年)美術館として一般公開され、平成5年(1993年)には都の有形文化財に指定されました。

当館では、邸宅独自の鑑賞空間のなかで美術展を開催する一方、旧朝香宮邸の建物そのものを鑑賞する機会を建物公開として設けています。朝香宮ご夫婦を中心に、フランス人デザイナー、アンリ・ラパンやルネ・ラリック、宮内省内匠寮の技師たちをはじめ、一流の技術を誇る日仏の職人が創り上げたアール・デコの館を、照明器具からマントルピース、通気口など隅々に至るまで、この機会にご堪能ください。

東京都庭園美術館は本とし10月で美術館開館から28年目、建物竣工から78年目を迎えます。文化財であるこの建物を永く保存し、魅力的な美術館として活用していくために、本館(旧朝香宮邸)の改修と管理棟新築工事を行います。それに伴い東京都庭園美術館は本年11月より平成26年まで全面休館いたします。長期にわたる休館となりますが、ご理解賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。

平成23年10月
東京都庭園美術館








東京都庭園美術館(アール・デコの館)内、日本庭園にあります茶室です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<お庭のデザイン>

・ 花壇エリアの新設
・ 家庭菜園エリアの新設
・ シンボルツリー(樹木)の剪定
・ シンボルツリー(樹木)植え付け
・ 芝張り
・ 垣根の剪定、消毒、追肥   等を含めまして、

ご新築外構工事、リフォーム外構工事は、
「エクステリア横浜」 にお任せください!





神奈川県・東京都の外構(エクステリア) のお問い合わせは・・・

(門扉・ブロック塀・フェンス・駐車場ガレージ&カーポート等の外構全般 および植栽・ガーデンを含めた 「デザイン設計~施工~アフター」 まで)

   ↓ クリック!   (エクステリア横浜 HP)

エクステリア(外構)YOKOHAMA(横浜) :二宮

「皆さまのお問合せ、心よりお待ち申し上げております。 クローバー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「MR PARTNER (ミスターパートナー) 12月号」
イギリスから豊かな暮らしと生き方を考える

豊かな人生の扉をひらこう 衣食住を学ぶ
コッツウォルズ 40代からのホームスティ



発行所 株式会社ミスターパートナー
2011年12月10日発行
(2011年11月10日 発売)

上記月刊誌に協賛させていただきますお話をいただきまして、 「井形慶子の住まいと暮らし 心地よい住まいに心地よい暮らしアリ」 ページに掲載いただいております。 (掲載ページ 132ページ)



「エクステリア横浜」

どこかホッとするような居心地のよさ
   曲線美を追求した極上エクステリア
 

住宅街を歩いているときに、お洒落で素敵な門扉や塀に出会い、思わず見とれてしまった経験はありませんか?

エクステリア(外構)は単に家の敷地の内と外を隔てるだけのものではありません。プライベート(私・内)とオフィシャル(公・外)を、ときには分け、ときにはつなぎ、融合させる美的空間装置でもあるのです。その意味でエクステリアはとてもメンタルな役割を兼ね備えたものといえるでしょう。

「エクステリア横浜」は、やわらかな曲線デザインを採用した新しいタイプの外構ブランドです。写真でご紹介しているエクステリアプラン(外構施工例)は、曲線を生かしたR塀にアクセントとして相性のよいマリンライトとガラスブロックを組み合わせ、上品な印象の鋳物門扉はそこに住むご家族の人柄のよさをも映し出してくれているようです。


一級エクステリアプランナー
ガーデンデザイナー
二宮早苗

http://www.exterior-yokohama.e-arc.jp/index.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前」 は、左上にあります 記事テーマ一覧 「東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前」 をクリックいただきますと、継続的に様子をご覧いただくことができます。 パソコン

◆東京都庭園美術館(アール・デコの館)34 :エクステリア横浜

テーマ:・東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前



先日、「エクステリア横浜 外構デザイン設計部」で、東京都庭園美術館(アール・デコの館)に行ってまいりました。



東京都庭園美術館は、2011.10.31を入場最終日とし、改修(建築)工事が始まります。

着工予定 :2011.12.01
完了予定 :2013.12.30


目黒
(東京都港区白金台)





ごあいさつ

東京都庭園美術館の建物は、旧皇族朝香宮家の邸宅として昭和8年(1933年)に完成しました。1920年代から30年代にかけて欧米で流行したモダンで優美な装飾様式、アール・デコ・スタイルを取り入れた、わが国でも希少な建築作品です。戦中、戦後と激動の時代を経て、昭和58年(1983年)美術館として一般公開され、平成5年(1993年)には都の有形文化財に指定されました。

当館では、邸宅独自の鑑賞空間のなかで美術展を開催する一方、旧朝香宮邸の建物そのものを鑑賞する機会を建物公開として設けています。朝香宮ご夫婦を中心に、フランス人デザイナー、アンリ・ラパンやルネ・ラリック、宮内省内匠寮の技師たちをはじめ、一流の技術を誇る日仏の職人が創り上げたアール・デコの館を、照明器具からマントルピース、通気口など隅々に至るまで、この機会にご堪能ください。

東京都庭園美術館は本とし10月で美術館開館から28年目、建物竣工から78年目を迎えます。文化財であるこの建物を永く保存し、魅力的な美術館として活用していくために、本館(旧朝香宮邸)の改修と管理棟新築工事を行います。それに伴い東京都庭園美術館は本年11月より平成26年まで全面休館いたします。長期にわたる休館となりますが、ご理解賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。

平成23年10月
東京都庭園美術館







東京都庭園美術館(アール・デコの館)内、日本庭園にあります茶室です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<お庭のデザイン>

・ 花壇エリアの新設
・ 家庭菜園エリアの新設
・ シンボルツリー(樹木)の選定
・ シンボルツリー(樹木)植え付け
・ 芝張り
・ 垣根の剪定、消毒、追肥   等を含めまして、

ご新築外構工事、リフォーム外構工事は、
「エクステリア横浜」 にお任せください!





神奈川県・東京都の外構(エクステリア) のお問い合わせは・・

(門扉・ブロック塀・フェンス・駐車場ガレージ&カーポート等の外構全般 および植栽・ガーデンを含めた 「デザイン設計~施工~アフター」 まで)

   ↓ クリック!   (エクステリア横浜 HP)

エクステリア(外構)YOKOHAMA(横浜) :二宮

「皆さまのお問合せ、心よりお待ち申し上げております。 クローバー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「MR PARTNER (ミスターパートナー) 12月号」
イギリスから豊かな暮らしと生き方を考える

豊かな人生の扉をひらこう 衣食住を学ぶ
コッツウォルズ 40代からのホームスティ



発行所 株式会社ミスターパートナー
2011年12月10日発行
(2011年11月10日 発売)

上記月刊誌に協賛させていただきますお話をいただきまして、 「井形慶子の住まいと暮らし 心地よい住まいに心地よい暮らしアリ」 ページに掲載いただいております。 (掲載ページ 132ページ)



「エクステリア横浜」

どこかホッとするような居心地のよさ
   曲線美を追求した極上エクステリア
 

住宅街を歩いているときに、お洒落で素敵な門扉や塀に出会い、思わず見とれてしまった経験はありませんか?

エクステリア(外構)は単に家の敷地の内と外を隔てるだけのものではありません。プライベート(私・内)とオフィシャル(公・外)を、ときには分け、ときにはつなぎ、融合させる美的空間装置でもあるのです。その意味でエクステリアはとてもメンタルな役割を兼ね備えたものといえるでしょう。

「エクステリア横浜」は、やわらかな曲線デザインを採用した新しいタイプの外構ブランドです。写真でご紹介しているエクステリアプラン(外構施工例)は、曲線を生かしたR塀にアクセントとして相性のよいマリンライトとガラスブロックを組み合わせ、上品な印象の鋳物門扉はそこに住むご家族の人柄のよさをも映し出してくれているようです。


一級エクステリアプランナー
ガーデンデザイナー
二宮早苗

http://www.exterior-yokohama.e-arc.jp/index.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前」 は、左上にあります 記事テーマ一覧 「東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前」 をクリックいただきますと、継続的に様子をご覧いただくことができます。 パソコン

◆東京都庭園美術館(アール・デコの館)33 :エクステリア横浜

テーマ:・東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前



先日、「エクステリア横浜 外構デザイン設計部」で、東京都庭園美術館(アール・デコの館)に行ってまいりました。



東京都庭園美術館は、2011.10.31を入場最終日とし、改修(建築)工事が始まります。

着工予定 :2011.12.01
完了予定 :2013.12.30



目黒
(東京都港区白金台)





ごあいさつ

東京都庭園美術館の建物は、旧皇族朝香宮家の邸宅として昭和8年(1933年)に完成しました。1920年代から30年代にかけて欧米で流行したモダンで優美な装飾様式、アール・デコ・スタイルを取り入れた、わが国でも希少な建築作品です。戦中、戦後と激動の時代を経て、昭和58年(1983年)美術館として一般公開され、平成5年(1993年)には都の有形文化財に指定されました。

当館では、邸宅独自の鑑賞空間のなかで美術展を開催する一方、旧朝香宮邸の建物そのものを鑑賞する機会を建物公開として設けています。朝香宮ご夫婦を中心に、フランス人デザイナー、アンリ・ラパンやルネ・ラリック、宮内省内匠寮の技師たちをはじめ、一流の技術を誇る日仏の職人が創り上げたアール・デコの館を、照明器具からマントルピース、通気口など隅々に至るまで、この機会にご堪能ください。

東京都庭園美術館は本とし10月で美術館開館から28年目、建物竣工から78年目を迎えます。文化財であるこの建物を永く保存し、魅力的な美術館として活用していくために、本館(旧朝香宮邸)の改修と管理棟新築工事を行います。それに伴い東京都庭園美術館は本年11月より平成26年まで全面休館いたします。長期にわたる休館となりますが、ご理解賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。

平成23年10月
東京都庭園美術館







東京都庭園美術館(アール・デコの館)内、日本庭園にあります茶室です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<お庭のデザイン>

・ 花壇エリアの新設
・ 家庭菜園エリアの新設
・ シンボルツリー(樹木)の選定
・ シンボルツリー(樹木)植え付け
・ 芝張り
・ 垣根の剪定、消毒、追肥   等を含めまして、

ご新築外構工事、リフォーム外構工事は、
「エクステリア横浜」 にお任せください!





神奈川県・東京都の外構(エクステリア) のお問い合わせは・・・

(門扉・ブロック塀・フェンス・駐車場ガレージ&カーポート等の外構全般 および植栽・ガーデンを含めた 「デザイン設計~施工~アフター」 まで)

   ↓ クリック!   (エクステリア横浜 HP)

エクステリア(外構)YOKOHAMA(横浜) :二宮

「皆さまのお問合せ、心よりお待ち申し上げております。 クローバー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「MR PARTNER (ミスターパートナー) 12月号」
イギリスから豊かな暮らしと生き方を考える

豊かな人生の扉をひらこう 衣食住を学ぶ
コッツウォルズ 40代からのホームスティ



発行所 株式会社ミスターパートナー
2011年12月10日発行
(2011年11月10日 発売)

上記月刊誌に協賛させていただきますお話をいただきまして、 「井形慶子の住まいと暮らし 心地よい住まいに心地よい暮らしアリ」 ページに掲載いただいております。 (掲載ページ 132ページ)



「エクステリア横浜」

どこかホッとするような居心地のよさ
   曲線美を追求した極上エクステリア
 

住宅街を歩いているときに、お洒落で素敵な門扉や塀に出会い、思わず見とれてしまった経験はありませんか?

エクステリア(外構)は単に家の敷地の内と外を隔てるだけのものではありません。プライベート(私・内)とオフィシャル(公・外)を、ときには分け、ときにはつなぎ、融合させる美的空間装置でもあるのです。その意味でエクステリアはとてもメンタルな役割を兼ね備えたものといえるでしょう。

「エクステリア横浜」は、やわらかな曲線デザインを採用した新しいタイプの外構ブランドです。写真でご紹介しているエクステリアプラン(外構施工例)は、曲線を生かしたR塀にアクセントとして相性のよいマリンライトとガラスブロックを組み合わせ、上品な印象の鋳物門扉はそこに住むご家族の人柄のよさをも映し出してくれているようです。


一級エクステリアプランナー
ガーデンデザイナー
二宮早苗

http://www.exterior-yokohama.e-arc.jp/index.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前」 は、左上にあります 記事テーマ一覧 「東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前」 をクリックいただきますと、継続的に様子をご覧いただくことができます。 パソコン

◆東京都庭園美術館(アール・デコの館)32 :エクステリア横浜

テーマ:・東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前



先日、「エクステリア横浜 外構デザイン設計部」で、東京都庭園美術館(アール・デコの館)に行ってまいりました。



東京都庭園美術館は、2011.10.31を入場最終日とし、改修(建築)工事が始まります。

着工予定 :2011.12.01
完了予定 :2013.12.30




目黒
(東京都港区白金台)





ごあいさつ

東京都庭園美術館の建物は、旧皇族朝香宮家の邸宅として昭和8年(1933年)に完成しました。1920年代から30年代にかけて欧米で流行したモダンで優美な装飾様式、アール・デコ・スタイルを取り入れた、わが国でも希少な建築作品です。戦中、戦後と激動の時代を経て、昭和58年(1983年)美術館として一般公開され、平成5年(1993年)には都の有形文化財に指定されました。

当館では、邸宅独自の鑑賞空間のなかで美術展を開催する一方、旧朝香宮邸の建物そのものを鑑賞する機会を建物公開として設けています。朝香宮ご夫婦を中心に、フランス人デザイナー、アンリ・ラパンやルネ・ラリック、宮内省内匠寮の技師たちをはじめ、一流の技術を誇る日仏の職人が創り上げたアール・デコの館を、照明器具からマントルピース、通気口など隅々に至るまで、この機会にご堪能ください。

東京都庭園美術館は本とし10月で美術館開館から28年目、建物竣工から78年目を迎えます。文化財であるこの建物を永く保存し、魅力的な美術館として活用していくために、本館(旧朝香宮邸)の改修と管理棟新築工事を行います。それに伴い東京都庭園美術館は本年11月より平成26年まで全面休館いたします。長期にわたる休館となりますが、ご理解賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。

平成23年10月
東京都庭園美術館




日本庭園
茶室






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<お庭のデザイン>

・ 花壇エリアの新設
・ 家庭菜園エリアの新設
・ シンボルツリー(樹木)の選定
・ シンボルツリー(樹木)植え付け
・ 芝張り
・ 垣根の剪定、消毒、追肥   等を含めまして、

ご新築外構工事、リフォーム外構工事は、
「エクステリア横浜」 にお任せください!





神奈川県・東京都の外構(エクステリア) のお問い合わせは・・・

(門扉・ブロック塀・フェンス・駐車場ガレージ&カーポート等の外構全般 および植栽・ガーデンを含めた 「デザイン設計~施工~アフター」 まで)

   ↓ クリック!   (エクステリア横浜 HP)

エクステリア(外構)YOKOHAMA(横浜) :二宮

「皆さまのお問合せ、心よりお待ち申し上げております。 クローバー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「MR PARTNER (ミスターパートナー) 12月号」
イギリスから豊かな暮らしと生き方を考える

豊かな人生の扉をひらこう 衣食住を学ぶ
コッツウォルズ 40代からのホームスティ



発行所 株式会社ミスターパートナー
2011年12月10日発行
(2011年11月10日 発売)

上記月刊誌に協賛させていただきますお話をいただきまして、 「井形慶子の住まいと暮らし 心地よい住まいに心地よい暮らしアリ」 ページに掲載いただいております。 (掲載ページ 132ページ)



「エクステリア横浜」

どこかホッとするような居心地のよさ
   曲線美を追求した極上エクステリア
 

住宅街を歩いているときに、お洒落で素敵な門扉や塀に出会い、思わず見とれてしまった経験はありませんか?

エクステリア(外構)は単に家の敷地の内と外を隔てるだけのものではありません。プライベート(私・内)とオフィシャル(公・外)を、ときには分け、ときにはつなぎ、融合させる美的空間装置でもあるのです。その意味でエクステリアはとてもメンタルな役割を兼ね備えたものといえるでしょう。

「エクステリア横浜」は、やわらかな曲線デザインを採用した新しいタイプの外構ブランドです。写真でご紹介しているエクステリアプラン(外構施工例)は、曲線を生かしたR塀にアクセントとして相性のよいマリンライトとガラスブロックを組み合わせ、上品な印象の鋳物門扉はそこに住むご家族の人柄のよさをも映し出してくれているようです。


一級エクステリアプランナー
ガーデンデザイナー
二宮早苗

http://www.exterior-yokohama.e-arc.jp/index.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前」 は、左上にあります 記事テーマ一覧 「東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前」 をクリックいただきますと、継続的に様子をご覧いただくことができます。 パソコン

◆東京都庭園美術館(アール・デコの館)31:エクステリア横浜

テーマ:・東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前



先日、「エクステリア横浜 外構デザイン設計部」で、東京都庭園美術館(アール・デコの館)に行ってまいりました。



東京都庭園美術館は、2011.10.31を入場最終日とし、改修(建築)工事が始まります。

着工予定 :2011.12.01
完了予定 :2013.12.30




目黒
(東京都港区白金台)





ごあいさつ

東京都庭園美術館の建物は、旧皇族朝香宮家の邸宅として昭和8年(1933年)に完成しました。1920年代から30年代にかけて欧米で流行したモダンで優美な装飾様式、アール・デコ・スタイルを取り入れた、わが国でも希少な建築作品です。戦中、戦後と激動の時代を経て、昭和58年(1983年)美術館として一般公開され、平成5年(1993年)には都の有形文化財に指定されました。

当館では、邸宅独自の鑑賞空間のなかで美術展を開催する一方、旧朝香宮邸の建物そのものを鑑賞する機会を建物公開として設けています。朝香宮ご夫婦を中心に、フランス人デザイナー、アンリ・ラパンやルネ・ラリック、宮内省内匠寮の技師たちをはじめ、一流の技術を誇る日仏の職人が創り上げたアール・デコの館を、照明器具からマントルピース、通気口など隅々に至るまで、この機会にご堪能ください。

東京都庭園美術館は本とし10月で美術館開館から28年目、建物竣工から78年目を迎えます。文化財であるこの建物を永く保存し、魅力的な美術館として活用していくために、本館(旧朝香宮邸)の改修と管理棟新築工事を行います。それに伴い東京都庭園美術館は本年11月より平成26年まで全面休館いたします。長期にわたる休館となりますが、ご理解賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。

平成23年10月
東京都庭園美術館









東京都庭園美術館庭園の植栽達です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<お庭のデザイン>

・ 花壇エリアの新設
・ 家庭菜園エリアの新設
・ シンボルツリー(樹木)の選定
・ シンボルツリー(樹木)植え付け
・ 芝張り
・ 垣根の剪定、消毒、追肥   等を含めまして、

ご新築外構工事、リフォーム外構工事は、
「エクステリア横浜」 にお任せください!





神奈川県・東京都の外構(エクステリア) のお問い合わせは・・・

(門扉・ブロック塀・フェンス・駐車場ガレージ&カーポート等の外構全般 および植栽・ガーデンを含めた 「デザイン設計~施工~アフター」 まで)

   ↓ クリック!   (エクステリア横浜 HP)

エクステリア(外構)YOKOHAMA(横浜) :二宮

「皆さまのお問合せ、心よりお待ち申し上げております。 クローバー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「MR PARTNER (ミスターパートナー) 12月号」
イギリスから豊かな暮らしと生き方を考える

豊かな人生の扉をひらこう 衣食住を学ぶ
コッツウォルズ 40代からのホームスティ



発行所 株式会社ミスターパートナー
2011年12月10日発行
(2011年11月10日 発売)

上記月刊誌に協賛させていただきますお話をいただきまして、 「井形慶子の住まいと暮らし 心地よい住まいに心地よい暮らしアリ」 ページに掲載いただいております。 (掲載ページ 132ページ)



「エクステリア横浜」

どこかホッとするような居心地のよさ
   曲線美を追求した極上エクステリア
 

住宅街を歩いているときに、お洒落で素敵な門扉や塀に出会い、思わず見とれてしまった経験はありませんか?

エクステリア(外構)は単に家の敷地の内と外を隔てるだけのものではありません。プライベート(私・内)とオフィシャル(公・外)を、ときには分け、ときにはつなぎ、融合させる美的空間装置でもあるのです。その意味でエクステリアはとてもメンタルな役割を兼ね備えたものといえるでしょう。

「エクステリア横浜」は、やわらかな曲線デザインを採用した新しいタイプの外構ブランドです。写真でご紹介しているエクステリアプラン(外構施工例)は、曲線を生かしたR塀にアクセントとして相性のよいマリンライトとガラスブロックを組み合わせ、上品な印象の鋳物門扉はそこに住むご家族の人柄のよさをも映し出してくれているようです。


一級エクステリアプランナー
ガーデンデザイナー
二宮早苗

http://www.exterior-yokohama.e-arc.jp/index.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前」 は、左上にあります 記事テーマ一覧 「東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前」 をクリックいただきますと、継続的に様子をご覧いただくことができます。 パソコン

◆東京都庭園美術館(アール・デコの館)30 :エクステリア横浜

テーマ:・東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前



先日、「エクステリア横浜 外構デザイン設計部」で、東京都庭園美術館(アール・デコの館)に行ってまいりました。



東京都庭園美術館は、2011.10.31を入場最終日とし、改修(建築)工事が始まります。

着工予定 :2011.12.01
完了予定 :2013.12.30


本日より連載で、東京都庭園美術館(アール・デコの館)の改修(建築)前の様子をレポートさせていただきます。


目黒
(東京都港区白金台)





ごあいさつ

東京都庭園美術館の建物は、旧皇族朝香宮家の邸宅として昭和8年(1933年)に完成しました。1920年代から30年代にかけて欧米で流行したモダンで優美な装飾様式、アール・デコ・スタイルを取り入れた、わが国でも希少な建築作品です。戦中、戦後と激動の時代を経て、昭和58年(1983年)美術館として一般公開され、平成5年(1993年)には都の有形文化財に指定されました。

当館では、邸宅独自の鑑賞空間のなかで美術展を開催する一方、旧朝香宮邸の建物そのものを鑑賞する機会を建物公開として設けています。朝香宮ご夫婦を中心に、フランス人デザイナー、アンリ・ラパンやルネ・ラリック、宮内省内匠寮の技師たちをはじめ、一流の技術を誇る日仏の職人が創り上げたアール・デコの館を、照明器具からマントルピース、通気口など隅々に至るまで、この機会にご堪能ください。

東京都庭園美術館は本とし10月で美術館開館から28年目、建物竣工から78年目を迎えます。文化財であるこの建物を永く保存し、魅力的な美術館として活用していくために、本館(旧朝香宮邸)の改修と管理棟新築工事を行います。それに伴い東京都庭園美術館は本年11月より平成26年まで全面休館いたします。長期にわたる休館となりますが、ご理解賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。

平成23年10月
東京都庭園美術館




エドゥアール・M・サンド
座る豹



ここを訪れる人のほとんどの方に頭をなでられているせいか、頭が凛々しくピカピカです。(思わず頭をなでであげたくなってしまう不思議な魅力の持ち主です。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<お庭のデザイン>

・ 花壇エリアの新設
・ 家庭菜園エリアの新設
・ シンボルツリー(樹木)の選定
・ シンボルツリー(樹木)植え付け
・ 芝張り
・ 垣根の剪定、消毒、追肥   等を含めまして、

ご新築外構工事、リフォーム外構工事は、
「エクステリア横浜」 にお任せください!





神奈川県・東京都の外構(エクステリア) のお問い合わせは・・・

(門扉・ブロック塀・フェンス・駐車場ガレージ&カーポート等の外構全般 および植栽・ガーデンを含めた 「デザイン設計~施工~アフター」 まで)

   ↓ クリック!   (エクステリア横浜 HP)

エクステリア(外構)YOKOHAMA(横浜) :二宮

「皆さまのお問合せ、心よりお待ち申し上げております。 クローバー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「MR PARTNER (ミスターパートナー) 12月号」
イギリスから豊かな暮らしと生き方を考える

豊かな人生の扉をひらこう 衣食住を学ぶ
コッツウォルズ 40代からのホームスティ



発行所 株式会社ミスターパートナー
2011年12月10日発行
(2011年11月10日 発売)

上記月刊誌に協賛させていただきますお話をいただきまして、 「井形慶子の住まいと暮らし 心地よい住まいに心地よい暮らしアリ」 ページに掲載いただいております。 (掲載ページ 132ページ)



「エクステリア横浜」

どこかホッとするような居心地のよさ
   曲線美を追求した極上エクステリア
 

住宅街を歩いているときに、お洒落で素敵な門扉や塀に出会い、思わず見とれてしまった経験はありませんか?

エクステリア(外構)は単に家の敷地の内と外を隔てるだけのものではありません。プライベート(私・内)とオフィシャル(公・外)を、ときには分け、ときにはつなぎ、融合させる美的空間装置でもあるのです。その意味でエクステリアはとてもメンタルな役割を兼ね備えたものといえるでしょう。

「エクステリア横浜」は、やわらかな曲線デザインを採用した新しいタイプの外構ブランドです。写真でご紹介しているエクステリアプラン(外構施工例)は、曲線を生かしたR塀にアクセントとして相性のよいマリンライトとガラスブロックを組み合わせ、上品な印象の鋳物門扉はそこに住むご家族の人柄のよさをも映し出してくれているようです。


一級エクステリアプランナー
ガーデンデザイナー
二宮早苗

http://www.exterior-yokohama.e-arc.jp/index.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前」 は、左上にあります 記事テーマ一覧 「東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前」 をクリックいただきますと、継続的に様子をご覧いただくことができます。 パソコン

◆東京都庭園美術館(アール・デコ)の館29 :エクステリア横浜

テーマ:・東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前



先日、「エクステリア横浜 外構デザイン設計部」で、東京都庭園美術館(アール・デコの館)に行ってまいりました。



東京都庭園美術館は、2011.10.31を入場最終日とし、改修(建築)工事が始まります。

着工予定 :2011.12.01
完了予定 :2013.12.30


本日より連載で、東京都庭園美術館(アール・デコの館)の改修(建築)前の様子をレポートさせていただきます。


目黒
(東京都港区白金台)





ごあいさつ

東京都庭園美術館の建物は、旧皇族朝香宮家の邸宅として昭和8年(1933年)に完成しました。1920年代から30年代にかけて欧米で流行したモダンで優美な装飾様式、アール・デコ・スタイルを取り入れた、わが国でも希少な建築作品です。戦中、戦後と激動の時代を経て、昭和58年(1983年)美術館として一般公開され、平成5年(1993年)には都の有形文化財に指定されました。

当館では、邸宅独自の鑑賞空間のなかで美術展を開催する一方、旧朝香宮邸の建物そのものを鑑賞する機会を建物公開として設けています。朝香宮ご夫婦を中心に、フランス人デザイナー、アンリ・ラパンやルネ・ラリック、宮内省内匠寮の技師たちをはじめ、一流の技術を誇る日仏の職人が創り上げたアール・デコの館を、照明器具からマントルピース、通気口など隅々に至るまで、この機会にご堪能ください。

東京都庭園美術館は本とし10月で美術館開館から28年目、建物竣工から78年目を迎えます。文化財であるこの建物を永く保存し、魅力的な美術館として活用していくために、本館(旧朝香宮邸)の改修と管理棟新築工事を行います。それに伴い東京都庭園美術館は本年11月より平成26年まで全面休館いたします。長期にわたる休館となりますが、ご理解賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。

平成23年10月
東京都庭園美術館








東京都庭園美術館庭園の植栽達です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<お庭のデザイン>

・ 花壇エリアの新設
・ 家庭菜園エリアの新設
・ シンボルツリー(樹木)の選定
・ シンボルツリー(樹木)植え付け
・ 芝張り
・ 垣根の剪定、消毒、追肥   等を含めまして、

ご新築外構工事、リフォーム外構工事は、
「エクステリア横浜」 にお任せください!





神奈川県・東京都の外構(エクステリア) のお問い合わせは・・・

(門扉・ブロック塀・フェンス・駐車場ガレージ&カーポート等の外構全般 および植栽・ガーデンを含めた 「デザイン設計~施工~アフター」 まで)

   ↓ クリック!   (エクステリア横浜 HP)

エクステリア(外構)YOKOHAMA(横浜) :二宮

「皆さまのお問合せ、心よりお待ち申し上げております。 クローバー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「MR PARTNER (ミスターパートナー) 12月号」
イギリスから豊かな暮らしと生き方を考える

豊かな人生の扉をひらこう 衣食住を学ぶ
コッツウォルズ 40代からのホームスティ



発行所 株式会社ミスターパートナー
2011年12月10日発行
(2011年11月10日 発売)

上記月刊誌に協賛させていただきますお話をいただきまして、 「井形慶子の住まいと暮らし 心地よい住まいに心地よい暮らしアリ」 ページに掲載いただいております。 (掲載ページ 132ページ)



「エクステリア横浜」

どこかホッとするような居心地のよさ
   曲線美を追求した極上エクステリア
 

住宅街を歩いているときに、お洒落で素敵な門扉や塀に出会い、思わず見とれてしまった経験はありませんか?

エクステリア(外構)は単に家の敷地の内と外を隔てるだけのものではありません。プライベート(私・内)とオフィシャル(公・外)を、ときには分け、ときにはつなぎ、融合させる美的空間装置でもあるのです。その意味でエクステリアはとてもメンタルな役割を兼ね備えたものといえるでしょう。

「エクステリア横浜」は、やわらかな曲線デザインを採用した新しいタイプの外構ブランドです。写真でご紹介しているエクステリアプラン(外構施工例)は、曲線を生かしたR塀にアクセントとして相性のよいマリンライトとガラスブロックを組み合わせ、上品な印象の鋳物門扉はそこに住むご家族の人柄のよさをも映し出してくれているようです。


一級エクステリアプランナー
ガーデンデザイナー
二宮早苗

http://www.exterior-yokohama.e-arc.jp/index.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前」 は、左上にあります 記事テーマ一覧 「東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前」 をクリックいただきますと、継続的に様子をご覧いただくことができます。 パソコン

◆東京都庭園美術館(アール・デコ)の館28 :エクステリア横浜

テーマ:・東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前



先日、「エクステリア横浜 外構デザイン設計部」で、東京都庭園美術館(アール・デコの館)に行ってまいりました。



東京都庭園美術館は、2011.10.31を入場最終日とし、改修(建築)工事が始まります。

着工予定 :2011.12.01
完了予定 :2013.12.30


本日より連載で、東京都庭園美術館(アール・デコの館)の改修(建築)前の様子をレポートさせていただきます。


目黒
(東京都港区白金台)





ごあいさつ

東京都庭園美術館の建物は、旧皇族朝香宮家の邸宅として昭和8年(1933年)に完成しました。1920年代から30年代にかけて欧米で流行したモダンで優美な装飾様式、アール・デコ・スタイルを取り入れた、わが国でも希少な建築作品です。戦中、戦後と激動の時代を経て、昭和58年(1983年)美術館として一般公開され、平成5年(1993年)には都の有形文化財に指定されました。

当館では、邸宅独自の鑑賞空間のなかで美術展を開催する一方、旧朝香宮邸の建物そのものを鑑賞する機会を建物公開として設けています。朝香宮ご夫婦を中心に、フランス人デザイナー、アンリ・ラパンやルネ・ラリック、宮内省内匠寮の技師たちをはじめ、一流の技術を誇る日仏の職人が創り上げたアール・デコの館を、照明器具からマントルピース、通気口など隅々に至るまで、この機会にご堪能ください。

東京都庭園美術館は本とし10月で美術館開館から28年目、建物竣工から78年目を迎えます。文化財であるこの建物を永く保存し、魅力的な美術館として活用していくために、本館(旧朝香宮邸)の改修と管理棟新築工事を行います。それに伴い東京都庭園美術館は本年11月より平成26年まで全面休館いたします。長期にわたる休館となりますが、ご理解賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。

平成23年10月
東京都庭園美術館









東京都庭園美術館庭園の植栽達です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<お庭のデザイン>

・ 花壇エリアの新設
・ 家庭菜園エリアの新設
・ シンボルツリー(樹木)の選定
・ シンボルツリー(樹木)植え付け
・ 芝張り
・ 垣根の剪定、消毒、追肥   等を含めまして、

ご新築外構工事、リフォーム外構工事は、
「エクステリア横浜」 にお任せください!





神奈川県・東京都の外構(エクステリア) のお問い合わせは・・・

(門扉・ブロック塀・フェンス・駐車場ガレージ&カーポート等の外構全般 および植栽・ガーデンを含めた 「デザイン設計~施工~アフター」 まで)

   ↓ クリック!   (エクステリア横浜 HP)

エクステリア(外構)YOKOHAMA(横浜) :二宮

「皆さまのお問合せ、心よりお待ち申し上げております。 クローバー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「MR PARTNER (ミスターパートナー) 12月号」
イギリスから豊かな暮らしと生き方を考える

豊かな人生の扉をひらこう 衣食住を学ぶ
コッツウォルズ 40代からのホームスティ



発行所 株式会社ミスターパートナー
2011年12月10日発行
(2011年11月10日 発売)

上記月刊誌に協賛させていただきますお話をいただきまして、 「井形慶子の住まいと暮らし 心地よい住まいに心地よい暮らしアリ」 ページに掲載いただいております。 (掲載ページ 132ページ)



「エクステリア横浜」

どこかホッとするような居心地のよさ
   曲線美を追求した極上エクステリア
 

住宅街を歩いているときに、お洒落で素敵な門扉や塀に出会い、思わず見とれてしまった経験はありませんか?

エクステリア(外構)は単に家の敷地の内と外を隔てるだけのものではありません。プライベート(私・内)とオフィシャル(公・外)を、ときには分け、ときにはつなぎ、融合させる美的空間装置でもあるのです。その意味でエクステリアはとてもメンタルな役割を兼ね備えたものといえるでしょう。

「エクステリア横浜」は、やわらかな曲線デザインを採用した新しいタイプの外構ブランドです。写真でご紹介しているエクステリアプラン(外構施工例)は、曲線を生かしたR塀にアクセントとして相性のよいマリンライトとガラスブロックを組み合わせ、上品な印象の鋳物門扉はそこに住むご家族の人柄のよさをも映し出してくれているようです。


一級エクステリアプランナー
ガーデンデザイナー
二宮早苗

http://www.exterior-yokohama.e-arc.jp/index.htm

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前」 は、左上にあります 記事テーマ一覧 「東京都庭園美術館(アール・デコの館) :2011改修(建築)前」 をクリックいただきますと、継続的に様子をご覧いただくことができます。 パソコン

1  |  2  |  3  |  4    次>    

記事テーマ一覧

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2021/10      >>
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

ブログランキング

総合ランキング
19位 / 2471人中 keep
ジャンルランキング
12位 / 667人中 keep
日記・ブログ

フリースペース

HTMLページへのリンク

プロフィール

一級エクステリアプランナー(外構デザイン設計~施工)二宮早苗  :エクステリア横浜

一級エクステリアプランナー :二宮早苗(神奈川県横浜市)

神奈川県横浜市でエクステリア(外構)デザイン設計~外構工事~アフターメンテナンス:2年間保障付

<施工エリア>
神奈川県川崎市川崎区 川崎市幸区 川崎市中原区 川崎市高津区 川崎市宮前区 川崎市多摩区 

神奈川県横浜市青葉区 横浜市緑区 横浜市都筑区 横浜市港北区 横浜市鶴見区 横浜市瀬谷区 横浜市旭区 横浜市保土ヶ谷区 横浜市神奈川区 横浜市西区 横浜市泉区 横浜市南区 横浜市中区 横浜市戸塚区 横浜市港南区 横浜市磯子区 横浜市栄区 横浜市金沢区

神奈川県横須賀市 神奈川県相模原市 神奈川県厚木市 神奈川県伊勢原市 神奈川県平塚市 神奈川県鎌倉市 神奈川県逗子市 神奈川県三浦郡 神奈川県大和市 神奈川県綾瀬市 神奈川県座間市 神奈川県海老名市 神奈川県藤沢市 神奈川県高座郡 神奈川県茅ヶ崎市 


東京都大田区 東京都目黒区 東京都品川区 東京都港区 東京都渋谷区 東京都杉並区 東京都中野区 東京都世田谷区 東京都足立区 東京都荒川区 東京都葛飾区 東京都江戸川区 

他 (← ご相談ください。)

ホームページ

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧