超小型モビリティ i-ROAD の“乗り捨て型”シェアリング始まる...タイムズ

テーマ:ブログ
会員制カーシェアリングの「タイムズカープラス」は、トヨタの超小型モビリティ『i-ROAD』を使ったカーシェアリング「Times Car PLUS TOYOTA i-ROAD Drive」の社会実験を期間限定で10日から始める。

超小型モビリティを使ったカーシェアリングやレンタルのサービスは、国土交通省の超小型モビリティ導入促進事業の申請者だけでも約40団体あるが、東京都心でのサービスははじめてだ。また、i-ROADを使ったカーシェアリングは、国内では愛知県豊田市の都市交通システム「Ha:mo(ハーモ)」に続くものとなる。

「Times Car PLUS TOYOTA i-ROAD Drive」は、タイムズカープラスの法人会員及びTCPプログラムのステージ2以上の個人会員が利用できる。TCPプログラムとは利用状況によって獲得できるポイント制度のこと。

このサービスの出発場所は、千代田区の有楽町イトシアにあるi-ROADタイムズ有楽町イトシアステーション。カーシェアリングは通常、貸し出し場所に返却するが、このi-ROADサービスに限っては、東京タワー(港区)、東京ドームシティ(文京区)、お台場パレットタウン(江東区)、浅草(墨田区)にある各i-ROADステーションのいずれかに返却する”乗り捨て”も無料で可能だ。

8時~20時までに出発し、22時までに返却することが条件で、利用料金は15分単位で412円。

i-ROADはフロント2輪、リア1輪の3輪構造で1人乗り。最高速度60km/h。1回の充電で約30kmという航続距離のEVだ。全長2345mm、全幅870mm、全高1455mmと自動二輪車とほぼ同じ大きさで、車体を傾けながら曲がるなどの特性がある。また、軽自動車ナンバーだが高速道路の走行はできないなどの制限があるため、初回利用時に必ず講習会を受ける必要がある。

このサービスは9月末日まで。常時5台を用意する。

引用:http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20150410-10221833-carview/
庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

安全のボルボ、世界初の「歩きスマホ対策用エアバッグ」を開発!?

テーマ:ブログ
ボルボ・カー・ジャパンは4月1日、世界初の「歩きスマホ対策用エアバッグ」の開発に成功し、その試験映像を公開したと発表した。映像はエイプリルフールである本日限定で公開される。

昨今、スマートフォンを操作しながら歩行する “歩きスマホ”が社会問題となっている。歩きスマホは本人だけでなく、周囲の歩行者にも怪我や重大な事故を引き起こす可能性のある危険な行為で、歩行者の安全を考えるボルボにとって、決して無視できない問題だ。

ボルボは歩きスマホによる衝突被害を軽減するため、また、この問題に多くの人の目を向けていただくため、新しいエアバッグの開発に着手した。

今回完成した「歩きスマホ対策用エアバッグ」は、ボルボ全車に標準装備される先進安全&運転支援機能「インテリセーフ・テン」同様、ミリ波レーダー、赤外線レーザー、デジタルカメラからなる3つのセンサーで、歩行者同士の衝突の危険を検知。衝突が避けられないと判断した場合、エアバッグを作動させ衝突被害を軽減する。

ボルボ・カー・ジャパンは、このエアバッグの実用に向けた本格的な開発を、スウェーデン本社に提案すべきかどうか検討している。

車両に加え、歩行者やサイクリストも検知する自動ブレーキ・システムや、世界初の歩行者エアバッグをはじめ、ボルボはクルマに乗る人の安全はもちろん、歩行者の安全も考えたクルマづくりを続けていく、としている。

引用:http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20150401-10221314-carview/

こんな夜更けにドライブかよ