マジかよ。もうやだこの犬(T_T)part4

テーマ:ブログ

自分ではどうにも処理しきれない不測の事態が何の前触れもなく到来するとき、どのように人はまずふるまえばよいのか?という問いに、わたしたちはすでにいくつもの答えを用意しているのだ、というような断言めいた発言はなかなかの自信家であってもたいていの場合はできなくて、わたし自身もそのできない人たちに属する人であると思うので、唐突に何かが起きても、もちろんあらかじめこうしなきゃいけないというのが頭の中にはあるんだけど、それに対応することが現にとても難しくてできないことが多々あるのです。頭じゃなくて、とにかく血肉化しなきゃいけない。わたしにとって、わたしが出会ったあの野良犬との甘美な出会いと体験は、あまりにも唐突で予想もできないものでした。さて、わたしに語る言葉はまだあるのでしょうか。もう語ることすらできないんじゃないでしょうか。いやできるのです。わたしはあえていいたいのです。ここでいささか唐突に言い訳めいたセリフをかきつづるとするなら、わたしにとって今日こうやって今日のまとめのような文章というかセリフを書こうだなんて、時間を費やそうだなんて、いわば予定外の行動であって、わたしの当初の目的としては、わたしの頭の中というか心の中なんですが、その心の中にあるなにかに賛意を表明できないのに、そのなにかにはひかれるものがあって口に出してみたいという誘惑にかられてこう書き綴ってしまったというわけです。わたしに、はっとさせてくれるものが、必ずこうやって書き綴るときに文章にひっぱられて、外に現れると思うのです。露見する。かくれていたものがさえぎられていたものが外に出てきて・・・・ということをわたしは期待した。しかしまだ心はなかなかついては来ない。ですから、語る言葉がないと今先ほどポロっと口をついて出てしまったのです。まだまだ先は長いかもしれません。しかし私は以前スズメの涙ほどに思っていた言葉そのものに期待をしているのです。信じているのです。わたしにとってふとした瞬間に自分のうちから出てくる言葉というやつがスズメの涙のように見えてしまうだなんて、あまりにもネガティヴにすぎるので、言葉の言い方を変えてみたいのです。それは雀の涙ではなく、小鳥さんということにしたい。すべては小鳥さんなのです。いや子犬さんでもいいですね。そうですね。これからは子犬さんと呼ぶことにします。けどこれではあまりに電波めいているので、スモールドッグと呼ぶことにします。しかしそれでは英語にしただけなのでどこか納得がいきません。希望・・・でいいでしょうか?いや、できすぎている。ヒューッってのはどうでしょう?
庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.niwablo.jp/tsukuba/trackback/183395

記事テーマ一覧

アーカイブ

最近の記事一覧

カレンダー

<<      2021/12      >>
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

HTMLページへのリンク