太陽光発電のシミュレーション

テーマ:太陽光発電システム
太陽光発電システムを評価するにあたって、日射量の情報は欠かせません。しかしながら、日射量の地上観測地点は限られており、気象庁による観測は日本全国でも限られています。

そのため、実際に太陽光発電システムを構築したい場所に日射観測データがない場合には、最寄りの観測地点のデータで代用するか、新たに日射計を用意して、測定を行う必要がありました。
前者は気象条件の違う場所での日射データを使うことによって、その信頼性が保証されませんし、後者は日射測定のコストが問題となり、また評価に時間がかかってしまいます。

気象衛星ひまわりでは、地球表面や大気、雲で反射されたエネルギーを観測できるので、どの地点でも均一な精度で日射量を推定することができます。

この気象衛星ひまわりから推定した日射量をデータベース化し、推定された日射データを用いることにより、より正確な太陽光発電のシミュレーションが可能となります。
天気に左右される太陽光発電では、正確な日射量データをもとにシミュレーションすることで、信頼と安心を提供し、他との差別化も可能です。
庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

コメント

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.niwablo.jp/sunlight/trackback/192149

プロフィール

太陽の園芸士

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

お気に入りブログ

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧