1  |  2    次>    

中国について

テーマ:中国旅行
中国旅行だけでなく、最近では日本旅行をする中国人の方々もよく見るようになってきました。
多くの日本人と同じように買い物好きなことでも有名だとされ、そのためにも、日本によく旅行をするとも聞きます。

中国は社会主義国で1949年、中国共産党によって建国され、面積は世界第4位の規模であり、人口の多さは世界1位です。

最近では食品安全に問題があったことが記憶に新しい中国のですが、やはり国全体の食品安全に対する意識は高くないようです。

最近、日本では悪い点がよく注目されてしまいますが、歴史や世界遺産などは壮大さが特徴で、素晴らしい点があるの事実です。
また、多くのものが、良い点に注目してみると見つかるとおもいます。
庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

中国旅行のビザについて

テーマ:中国旅行
旅行の必需品といえば、パスポートのほかに、ビザがあります。
ところで、ビザって何なのでしょうか?

ビザは渡航先の国に入国時に必要なライセンスです。
たとえば、香港の滞在で、90日以内の場合ビザは必要ありません。

ビザは観光ビザ、訪問ビザ、学生ビザ、オーバー境界​​ビザがあります。
観光ビザの有効期間は入国日から30日以内の短期旅行、親族訪問で中国を訪問している場合に発行されます。

ビザの有効期間は、パスポートのビザ欄に記載されています。
個人のビザ所得は、領事館に直接いかないといけないようです。
申請書、写真、住民登録謄本、往復航空券が必要ですが、領事館によって異なるようです。

また、個人申請以外は、旅行代理店などを通じても申請が可能です。

ビザもパスポート取得などと同様に、事前に下調べしておくと取得がスムーズにいくものと思われます。

中国旅行備えておくべき注意点

テーマ:中国旅行
事前準備といっても様々だが、注目したいのは、この情報を収集します。
時間に余裕がある場合は異なるかもしれませんが時間が限られている場合には、情報収集が重要されてくる場合も多いと思います。

まず、旅行ガイドや旅行雑誌が便利で、「地球の歩き方」、などがメジャーですが、雑誌では 「AB・ROAD」、「格安航空券」などのツアー情報などを参考にすることができます。

また、移動手段の予備調査も重要になっています。
広い中国に移動手段を考えずに行予定がずれる場合も多く出てくるだろうと思います。
現在のホームページ等で最新の運行時間を確認できます。

旅行に行く時のもち物

テーマ:中国旅行
中国旅行時の持ち物の注意について。

まず、第一の現金が必要になりますが、中国の通過の単位は元です。

そして現金の次にトラベラーズチェックです。
中国は日本円か米ドルがいいとされます。

そしてクレジットカード、使える場所は限定されますが、ショッピングの清算やホテルで使えます。
パスポートは身分証明書なので重要です。

また、中国では、トイレには、基本的に紙がないため、トイレットペーパーもあると助かりますね。
そしてウェットティッシュ、耳栓、アイマスク、空気枕、サングラス、帽子、日焼け止め、便座シート、ビニールシート、ビニール袋、紙袋も便利です。

持ち物も非常に基本的なもの以外には個人差があると思いますが、あまりにも丁寧に準備しても現地で容易に入手できますものもたくさんあって、現地調達するなどということもありうるので、最小限のものを中心に準備して行けば楽しさも残ってもいいかもしれません。

体調管理に注意しよう

テーマ:中国旅行
中国はとても広いので地域によって気候が大きく、気候変動による体調の変化はもちろん、疲労からくる頭痛、下痢、発熱などの症状にも配慮したほうがよい思います。
旅行中には水分が不足しがちなので、頻繁に水分をすることなども重要になっています。
万が一の時に、前もって日本で海外旅行傷害保険に加入しておくことも重要になっています。

中国人に比べ、外国人の医療費が10倍位かかるので、海外旅行傷害保険加入は必須となっています。
病院も保険会社の提携先であった場合、治療費の後払いにできる場合もあるそうです。

体調を崩しても病院に行くということは、日本でさえも不安であったりするものだと思われるので、可能であれば、中国旅行などの旅先では、避けたいのだと思います。

事前に保険に加入することはもちろんのこと、体調管理をしっかり行い、楽しく旅を楽しむことが一番だと思います。

水道・電圧・電話の注意点

テーマ:中国旅行
中国では水道水は直接飲めないそうです。
日本より水の硬度が高く、ミネラルの含有量が多いため、下痢を引き起こす可能性があります。
煮沸によって硬度が低下し、衛生上は問題はなくなります。
また、ミネラルウォーターもスーパーやコンビニなどで購入できます。

中国のコンセントは、2つの穴3つの穴のタイプが多いそうで、コンセントの形状はホテルにより異なりますので、トラベルアダプタがあれば便利です。

また、ICカード方式の「公衆電話」のカードは、街の新聞スタンドやカード専用売店などで購入することができます。

まだ日本と中国は、日常的な事の違いはたくさんありますが、事前に調べて、知っておくことが中国旅行もスムーズになると思います。

中国の人気ホテル

テーマ:中国旅行
中国旅行をするときは、その広い中国でどのようにホテルを選択すればいいのでしょうか。

人気ホテルは上海も多いですが、北京の人気ホテルば、京倫飯店、北京飯店、王府飯店などがあります。ホテル自体はたくさんあるので、他にもいいホテルもたくさんあると思います。

最近では、電話予約に加えて、インターネット予約が可能な場合も多いものなので、これらのサービスをうまく利用すればとても便利だと思います。

中国旅行時のホテルの数が多いほど良いホテルも、あまり良くないホテルも存在するのでホテル選びも事前に調べておくことをお勧めします。

中国観光スポットランキング

テーマ:中国旅行
中国旅行のお約束、人気の観光名所といえばどのような場所があるのでしょうか?

人気のある場所には、観光客も多く、中国であっても日本語がよく聞かれる場面もありますが、それでも観光を楽しんで壮大な歴史を分かりやすくするには、有名な観光地に行くことがお決まりのたようにも思われます。

観光地でも日本のように整備されていないところも多いので、それはそれで、風情のある観光をすることができるかもしれないですね。

世界遺産「万里の長城」

テーマ:中国旅行
万里の長城は、中国の河北省山海関から甘粛省まで、352kmも連なる建物です。

長城を作ったのは、秦の始皇帝と言われていますが、現在のような「万里の長城」ができたのは明代だそうです。

戦国時代から北方の異民族の進入に対し、長城を建設し始めたようです。
開始頃の長城は土製であり、馬と人が越えられないほどの高さの城壁だったようです。

現在、中国政府が重要な文化財として万里の長城を保護していますが、近隣住民が家の建築資材にしたり、観光客に販売するために、長城のレンガを持っていったり、壁がダム工事のため、一部沈没しているそうです。
長城周辺の省は貧しい地域も多く、政府は対策に苦慮しているそうです。

中国旅行時などの歴史遺跡など、すべて見ようとすると、相当な期間がかかるため、大まかでもいいので計画をよく立てていく必要があるでしょう。

さすがは中国茶!

テーマ:中国旅行
中国車の歴史は古く、薬としても愛飲いていたといいます。 古い資料にも茶に関する技術が登場するようです。

中国の茶の製造過程や発酵の度合いによる差で大きく6つ分類することができます。
中国では「茶」という名前でも正式に「茶」でない場合もあるそうです。

緑茶は、中国茶の70%を占め、身体の調子を整える作用があります。

白茶は、甘い味で、にきびと便秘解消に効果があります。

黄茶は緑茶と同じような効能のほかに、冷え性の人にも効果的です。

青茶は、脂肪を分解して、気分をすっきりさせる作用があります。

紅茶は身体を温めて胃腸の弱い人に効果があるので、熱がある時などには避けた方が良いです。

最後に、紅茶は、血圧とコレステロールの低下、体を温めて胃腸の働きを助ける作用があります。
1  |  2    次>