<前    1  |  2  

安全のボルボ、世界初の「歩きスマホ対策用エアバッグ」を開発!?

テーマ:ブログ
ボルボ・カー・ジャパンは4月1日、世界初の「歩きスマホ対策用エアバッグ」の開発に成功し、その試験映像を公開したと発表した。映像はエイプリルフールである本日限定で公開される。

昨今、スマートフォンを操作しながら歩行する “歩きスマホ”が社会問題となっている。歩きスマホは本人だけでなく、周囲の歩行者にも怪我や重大な事故を引き起こす可能性のある危険な行為で、歩行者の安全を考えるボルボにとって、決して無視できない問題だ。

ボルボは歩きスマホによる衝突被害を軽減するため、また、この問題に多くの人の目を向けていただくため、新しいエアバッグの開発に着手した。

今回完成した「歩きスマホ対策用エアバッグ」は、ボルボ全車に標準装備される先進安全&運転支援機能「インテリセーフ・テン」同様、ミリ波レーダー、赤外線レーザー、デジタルカメラからなる3つのセンサーで、歩行者同士の衝突の危険を検知。衝突が避けられないと判断した場合、エアバッグを作動させ衝突被害を軽減する。

ボルボ・カー・ジャパンは、このエアバッグの実用に向けた本格的な開発を、スウェーデン本社に提案すべきかどうか検討している。

車両に加え、歩行者やサイクリストも検知する自動ブレーキ・システムや、世界初の歩行者エアバッグをはじめ、ボルボはクルマに乗る人の安全はもちろん、歩行者の安全も考えたクルマづくりを続けていく、としている。

引用:http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20150401-10221314-carview/

こんな夜更けにドライブかよ
庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

ヒートアイランド現象、電気自動車で緩和可能か

テーマ:ブログ
1 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/03/22(日) 01:04:48.82 ID:???
掲載日:2015年3月20日
http://www.afpbb.com/articles/-/3043099

 電気自動車は、汗だくなるほど暑い都市部の夏に対抗するための有用な手段になり得るとの研究論文が、19日の
英科学誌ネイチャー(Nature)系オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に掲載された。

 中国と米国の国際研究チームが発表した論文によると、化石燃料で走る自動車から電気自動車に切り替えることにより、
「ヒートアイランド」と呼ばれる都市部での高温化現象を緩和することができるという。

 ヒートアイランド現象は、自動車や空調から出る排気熱や、日中に道路やビルに蓄えられて夜間に放射される太陽熱
などにより、都市部の気温が周囲より高くなることで発生する。場合によっては、この熱の蓄積が夏の猛暑と相まって、
うだるような暑さによる不快感と熱ストレスがもたらされることもある。

 ヒートアイランド現象では、ある悪循環が生じる──気温が上がるほど、エアコンの設定温度を下げる人が増え、
市街に放出される熱量が増加する。そして、これが繰り返される。

 今回の研究では、北京(Beijing)市で、ガソリンおよびディーゼルエンジン搭載の乗用車と小型トラックを電気自動車に
切り替えた場合に生じる変化についてのシミュレーションが行われた。

 シミュレーションでは、北京市での2012年夏の天候が参照された。この時の同市の気温は、周辺地域より3度ほど
高かった。研究チームが採用したモデルによると、電気自動車への切り替えで、気温の上昇を0.94度減少させることが
できる計算になるという。

 またこの切り替えでは、1日あたり1440万キロワット時の電力節約にもつながる。これは、二酸化炭素(CO2)排出量では、
1万686トン/日の削減に相当する。

 このシミュレーションでは、電気自動車を充電するために同地域の発電所から出る、追加の化石燃料からの熱も
考慮されている。電気自動車から放出される熱は、従来型自動車の約5分の1ほどだ。

 研究論文は「電気自動車への切り替えで、都市高温化の度合いを軽減でき、これによって空調で消費される毎日の
電力量を削減できる。これは局地的および世界的気候に有益な影響をもたらす」としている。

 一方で研究チームは、ヒートアイランド現象にはさまざまな要因が影響しており、要因の一部はまだ詳細が明らかに
なっていないと指摘し、注意を促している。粒子状物質による汚染、都市のレイアウト、ビルの設計、エネルギー効率、
公園なども、同現象の悪化や緩和の要因と考えられている。

 今回のシミュレーションでは、気温の変化とエネルギーの節約のみに焦点が絞られており、電気自動車と充電インフラの
導入コストを考慮する設計にはなっていない。また大気汚染削減による健康上の利益なども評価の対象外としている。(c)AFP

<画像>
中国・北京中心部の道を走る多数の車両(2007年12月4日撮影、資料写真)。(c)AFP/TEH ENG KOON
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/c/1024x/img_9c26c0a68d4ed9c8a7966cd9fc5ce4a9168009.jpg

<参照>
Hidden benefits of electric vehicles revealed | MSUToday | Michigan State University
http://msutoday.msu.edu/news/2015/hidden-benefits-of-electric-vehicles-revealed/

Hidden Benefits of Electric Vehicles for Addressing Climate Change : Scientific Reports : Nature Publishing Group
http://www.nature.com/srep/2015/150319/srep09213/full/srep09213.html

2 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/03/22(日) 01:14:38.53 ID:z7QIpKHU
支那の汚い空気や熱が日本に流れてくる。
ほんと迷惑な話だ。

3 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/03/22(日) 01:28:03.67 ID:8GBiLd60
水素自動車が走り出したらその辺りに水を撒き散らすから涼しくなるだろ。
自動車自体も熱を出さなくなるし。
これは結構速く普及しそう。

4 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/03/22(日) 01:34:05.29 ID:PzEhL3AA
東京都内だけエンジンを動力とするクルマの自動車税を5倍にすれば良いんだよ。

5 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/03/22(日) 01:41:13.73 ID:a4IWzFis
電気自動車といっても色々なタイプがあるし
インフラ設備とか導入にコストかかるし
まだまだ普及には時間がかかりそうだね

6 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/03/22(日) 01:50:45.46 ID:nzqbjSN9
>>3
垂れ流しは無くなりそうだけどな。
貯めて家で処分だ

7 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/03/22(日) 01:51:41.20 ID:Evm0h+fc
貨物とVIP以外は自動車禁止
同時に自転車環境を整備する

8 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/03/22(日) 01:56:15.30 ID:pHsd/LfU
太陽光発電も組み込めばさらに効率的ね
ただし冬がさらに寒くなるけどね

9 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/03/22(日) 01:56:41.16 ID:a195sibD
もう、緩和だけではあかんわ
なんちて

10 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/03/22(日) 02:03:30.33 ID:exm2R+ST
トラックが電気自動車になればなw

11 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/03/22(日) 02:55:05.50 ID:dAyAADrf
北国だと冬季の吹雪の際に生命の危険に陥りそう。

イヤ、マジで、、、

12 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/03/22(日) 07:24:36.92 ID:Sayu7L0t
>汗だくなるほど暑い都市部の夏に

Li-ionが反応し過ぎて炎上するんですね


引用元:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1426953888/l50

塗装の交換歴を見分けるコツ

テーマ:ブログ
■塗装の交換歴を見分けるコツ

ボディに顔を近づけて、斜めからボディに映った景色を見てください。
部分的に塗装をしている場合は、その部分だけ違った見え方をします。
ぱっと見はわかりづらい部分だったりするので、気にしない方は問題ないかと思いますが
人によっては結構重要な部分だと思うのでしっかりとチェックしてください。

また、板を張り合わせているシールに注目してください。
交換歴を調べる場合にはシールで判断するのがポピュラーなのです。
板と板の張り合わせにシールを使うのですが、交換しているものは少し荒かったり、
違和感があったりするので見分けは簡単だと思います。

シールはドアやボンネット以外にも、フェンダー部分でも使われているので
判断の材料に使ってみてください。

ガーデニングをはじめたきっかけ

テーマ:ブログ
初めてガーデニングに興味を持ったのは、小学生の時に花壇を作ったときでした。先生や友達と季節の花や、葉物やハーブなどを植えたのがはじまりです。

時間がたつと綺麗な花が咲き、それがとてもうれしかった。
そこから美化委員に入り、ガーデニング人生がはじまりました。
<前    1  |  2