住宅屋根の「棟包み」改修工事・紹介

テーマ:ブログ
施工紹介
強風で「棟包み/むねつつみ」の一部が飛ばされた屋根の改修工事
「棟包み」は屋根と屋根の合わさる部分で、切妻屋根の一番上の部分です。

・強風で「棟包み」の一部が飛ばされ、木下地材が表わしになっています。



・既存の「棟包み」を解体し、木下地を新しく作ります。


  
・防水の為、アスファルトルーフィングを敷き込み



・金属カラー鉄板
GLガルバリューム0.4mmで包んでいきます。
途中まで包んだ所です



・改修工事 完了







庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

はじめまして。

テーマ:ブログ
はじめまして、㈱三創の常務です。
屋根の事を一般の方にも分かってもらえるよう、ブログを開設致しました、どうぞ宜しくお願いいたします。

カレンダー

<<      2018/11      >>
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

HTMLページへのリンク

プロフィール

常務

宮城県仙台市の屋根やです。
屋根工事(大型建物・個人住宅)・外壁工事・リフォーム工事の施工
現場管理をしています。
ゴルフがちょっと得意です。

&時々事務所スタッフがアップをお手伝いブログです。

ホームページ