銀行との付き合い方

テーマ:マーケティング
ちょっとマーケティングとは関係ないのですが、
会社を経営していく上で、銀行との付き合い方は
とても重要だと思いますので、書いてみます。

実は私、コンサル会社に入る前は、
建設会社で経理をやっていたんです。
経営状況の厳しい会社だったので、
資金繰りばっかやってました。
ま、要するに、お金を借りるのが私の仕事だったわけです。(笑)

暗い話ではありますが、
会社のベクトルは、成長というより延命でした。

必要な手立ては、
振り出し手形と短期負債を長期負債に切り替える作業です。
で、資金繰り改善の3年計画を立てたのです。

当時、銀行との付き合いと言えば、
メインバンクの担当者がたまに会社にやってくる程度でした。
で、社長の武勇伝を聞かされて帰るだけ・・・(笑)
だから、借入は公共工事を受注した時の短期資金か、
手形を振り出すしかなかったのですね。

そこで、ほとんど毎日銀行に行くようにしました。
現金の引き出し・入金、振込などなど、
ATMでもネットバンキングでも済むのですが、
手書きで窓口でやってました。

顔を出すと、担当者と会えるので、
用事があれば話せますし、
資金繰りの状況を暗に伝えることもできるのです。
半年後くらいに、ちょっと足りなくなるかも・・・とか。
あ、ちなみに担当者は外回りなので、
午後1時頃しか店にいません。
この時間を狙って行く必要があります。

店に行って担当者と話していれば、
支店長にも融資担当者にも、
そして、窓口の女性にも覚えられます。
これが、後々、効果を発揮してくるのです。

とりあえずのポイントは、
 ・なるべく銀行に顔を出して担当者以外にも顔を売る。
 ・窓口の女性には極力優しくする。
の2点です。

窓口の女性は、毎日浴びせられるお客さんからのクレームに
疲れています。
一般の預金者は「俺の金を預けてやっている」
という目線の人が多いですから、
ちょっと手間取ったりするだけでブーブー言われてしまうのです。

なので、長時間待たされても、
伝票の書き直しを頼まれても、
笑顔を絶やさず、対応してあげましょう。
これだけで、あなたは他の大多数のお客さんとは違う、
特別な存在になれます。

決して下心ではないですよ。
立派な、資金調達のための戦略です。(笑)

続きはまた次回!
庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

コメント

  1. 下田
    2011/07/27 17:39
    相手の視点になって行動するのが大切なのですね!非常に勉強になります!

トラックバック

この記事のトラックバック URL :
http://blog.niwablo.jp/well-marketing/trackback/12172

プロフィール

hiroblog

造園集客案内人 広川大介

コンサルティング会社を退社して植木屋を開業。最新のマーケティングノウハウを導入し、知識ゼロ・経験ゼロながら集客しまくる。そして、自らも現場で木に登りまくる。
その後、植木屋を譲渡し造園・エクステリア業界専門でホームページ作成を中心としたマーケティングのお手伝いを開始。
という変な経歴を持った現場の分かるマーケティングコンサルタントです。
業界誌「月間エクステリアワーク」に記事連載中です。

site2

造園集客実践会 庭師・植木屋・造園業専門のホームページとチラシ

ブログランキング

総合ランキング
66位 / 2476人中 up
ジャンルランキング
2位 / 13人中 up
ビジネス

フリースペース

◎記事の転載について◎

当ブログに記載されている記事について、ブログや他の著作物等すべての媒体において、転載及び配信することを一切禁止とさせていただきます。

◎ホームページ◎

造園集客実践会
庭師・植木屋・造園業向けのホームページ・チラシと集客支援
http://zoen1.com

外構集客実践会
外構・エクステリア工事店向けのホームページと集客支援
http://gaiko1.com

広川大介のサイト
ウェルマーケティング
http://well-marketing.jp

カレンダー

<<      2017/11      >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

最近の記事一覧