1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

チラシとポスターのタッグ

テーマ:マーケティング
ローカル線マーケティングの続きです。

まず、駅に置くチラシの作り方のポイントは、
字を多くする
ということです。
なぜなら、ローカル線は待ち時間が長いので、
読みでのある方が好まれるからです。

実際、1枚のチラシと3枚綴りのチラシを試しましたが、
3枚綴りの方が減る枚数が多く、成約率も高かったです。

複数枚のチラシは、冊子にする必要はありません。
3枚の左上を止めておけばOKです。

ただし、ホチキスはやめた方がいいかもしれません。
ケガの可能性もありますからね。
文具屋さんにいくと、ハリを使わないホチキスが売ってます。
紙に切れ目を入れて織り込んでくれるスグレモノです。

こういう細かい配慮が、大切だと思ってます。
いまだに、請求書の封筒をホチキス止めして郵送してくる
材料屋さんや業者さんがいますが、
危ないし、すごく開封しにくいし、配慮の「は」の字もないわけで、
こういう会社は、お客さんから見放されるんだろうなぁと思ってしまいます。

おっと話がそれました。。。

次にポスターです。

ポスターの内容としては、
チラシの表紙を簡潔にまとめた感じでOKです。

ポイントは、文字をできるだけ大きくすることです。
キャッチとなる「お庭」とかの文字は、
これでもかというくらい大きくしましょう。
文字の高さが10cmは欲しいです。
その他の文字は2~3cmです。

そして、ポスターの一番下に、
「詳しくはあちらのチラシをお読み下さい!」
と書き、チラシが置いてある方向に矢印を入れます。

私がやったときは、
掲示板の下にチラシボックスがあったので

 !!詳しくはこちら!!
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

こんな感じでした。

元々チラシボックスの上には他社のポスターがあったのですが、
広告会社の人に無理矢理頼んで、
そいつを別の場所に移動してもらいました。(笑)

このように、チラシとポスターを組み合わせると
良い結果が出ると思います。
チラシだけだと目立たないし、
ポスターだけだと、わざわざ連絡先メモっていく人は
ほとんどいませんからね~。

というわけで、条件が合う人だけができる
マニアックなマーケティングテクニックでした。
庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始
1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

プロフィール

hiroblog

造園集客案内人 広川大介

コンサルティング会社を退社して植木屋を開業。最新のマーケティングノウハウを導入し、知識ゼロ・経験ゼロながら集客しまくる。そして、自らも現場で木に登りまくる。
その後、植木屋を譲渡し造園・エクステリア業界専門でホームページ作成を中心としたマーケティングのお手伝いを開始。
という変な経歴を持った現場の分かるマーケティングコンサルタントです。
業界誌「月間エクステリアワーク」に記事連載中です。

site2

造園集客実践会 庭師・植木屋・造園業専門のホームページとチラシ

ブログランキング

総合ランキング
66位 / 2476人中 up
ジャンルランキング
2位 / 13人中 up
ビジネス

フリースペース

◎記事の転載について◎

当ブログに記載されている記事について、ブログや他の著作物等すべての媒体において、転載及び配信することを一切禁止とさせていただきます。

◎ホームページ◎

造園集客実践会
庭師・植木屋・造園業向けのホームページ・チラシと集客支援
http://zoen1.com

外構集客実践会
外構・エクステリア工事店向けのホームページと集客支援
http://gaiko1.com

広川大介のサイト
ウェルマーケティング
http://well-marketing.jp

カレンダー

<<      2009/04      >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

最近の記事一覧