1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

回転式カッター ブレードのみ 5枚パック CR-163と合わせる

テーマ:ブログ
商品詳細

■商品名:CR-163B 回転式カッター ブレードのみ 5枚パック CR-163と合わせる

■商品番号:CR-163B

■材料:ステンレス

■サイズ:45mm

■備考:1、本CR-163Bはプラスチック製品で梱包します。

2、本CR-163Bは本店別売のCR-163と合わせて使うのが最適!!

カーフィルム施工道具,カーフィルムツール商品についてもっと詳しい紹介はどうぞ http://www.carigjt.net へ。
庭ブロがリニューアル!
庭ブロ+(プラス)β版 サービス開始

高品質 ソフトガラスクリーニングブラシ ホワイト

テーマ:ブログ
商品詳細

■ツール名称:CR-132 高品質 ソフトガラスクリーニングブラシ ホワイト 110 x 250mm

■サイズ:110 x 250mm 厚さ18mm

■重さ:30g

CR-174と合わせて使えばグラスをきれいにします!

グリーンスムージー

テーマ:ブログ
グリーンスムージーとは、グリーン(生の葉野菜)とフルーツと水をミキサーで混ぜ合わせたジュースのこと。
グリーンは地球上で最も栄養豊富な食品であり、多くの生物がその栄養素に頼ってきました。人間とDNA配列が99%同じとされるチンパンジーは、成人病にもガンにもなりませんが、その食生活はほとんどがグリーンとフルーツ!
現代人には圧倒的に不足している、グリーンを効率的においしく食生活に取り入れるため、アメリカの著名なローフードの実践者であるヴィクトリア・ブーテンコ氏が提唱したのが、緑のジュース、グリーンスムージーです。
体に起きる変化は人それぞれです。デトックス効果による便秘解消や美肌効果、体重の減少、むくみ体質の改善による体型の変化、睡眠の質の向上、疲れにくくなる・・・などの効果が報告されています。また、長年悩まされていた生理痛や花粉症などの症状が治ったというケースもあります。

密林との一体感に酔うロマンティックなテント

テーマ:ブログ
バンコクから飛行機で北上し、チェンラーイへ。空港ではホテルの車が出迎えた。カラフルな町を抜け、田園風景を眺めていると、メコン川の豊かな流れに出合う。ゴールデントライアングルだ。

 かつて、この一帯は世界的な麻薬ビジネスの場だった。事態を憂慮したタイ王室や国際機関は、ケシ農家が茶やコーヒー栽培で自立できるよう、サポートを開始。政府も麻薬撲滅を徹底した結果、エリアは平和を取りもどしたという。

 車は船着き場まで。目指すテントキャンプは、メコンの支流となるルアック川のほとりに立つ。ここからボートで川を渡り、さらに四駆車で山道を走り抜けることに。
ジャングルのなかに現れたキャンプは、ラグジュアリーな大人のリゾートだった。
ルアック川を見下ろす広大な敷地には、高床式のレストランやスパ、ワインセラー、プール、象の飼育場をはじめ、15のゲストテントなどが点在する。

 チェックインは、サロンでもあるレストランのテラスで。キャンプホストが目の前の絶景を指さし「あの山脈はラオス、川の向こうがミャンマーです」とほほえむ。ホストに導かれ、断崖の上の小径や谷に架かる橋をたどり、テントに向かう。竹が生い茂る山はアジアの趣。歩きながら、ゆるゆると気持ちが解き放たれていくようだ。 

 ゴージャスなテントには、フラワーバスとシャンパンが用意されていた。さっそく、夕陽に染まる大地と川を眺めながら、花びらのバスタブに身を沈める。高まる虫の音、風が運ぶ匂い、鮮明な山の気配。心の底から、ジャングルとの一体感が湧き上がってきた。

キリスト教伝道の拠点となった 南ドイツの湖に浮かぶ「幸せな島」

テーマ:ブログ
ライヒェナウ島(ドイツ)

ライヒェナウ島は、ドイツ南部のコンスタンツ湖に浮かぶ小島。ライヒェナウ修道院をはじめとする宗教建築物が点在し、島全体が「僧院の島ライヒェナウ」として世界遺産に登録されている。

 この島に教会や修道院が次々と建てられたのは8世紀のこと。当時、原始的な信仰が残っていたこの地域にキリスト教を広めるべく、25の施設が造られた。その中心的存在である修道院は19世紀初めにナポレオンによって閉鎖されるまで、約1000年にわたって活動を続けていた。

 ご覧の建物は、畑に囲まれた聖ゲオルク聖堂。壁一面に、中世初期に描かれた傑作、『キリストの奇跡』が残っていることでも知られている。

 かつて布教の拠点だったこの島も、現在は野菜の名産地、そして豊かな湿地帯の広がる渡り鳥の休息地となっている。ライヒェナウ島とは、「幸せな島」という意味。本土とたった一本の道で繋がる静かな島は、その名の通り、穏やかで優しい雰囲気を漂わせている。
1  |  2  |  3  |  4  |  5    次>    最後>>

プロフィール

このブログの読者

読者になる
読者数:0人

最近のコメント

最近のトラックバック

参加コミュニティ一覧